「nothing or nothing・・・」

  • 2012/04/19(木) 07:31:09

この世に意味のない物は一つもないと とある賢人は言った

なるほど
ならばきっと私の左足の小指の先に
申し訳程度にショボっとはえている情けない毛にも
きっと何か意味はあるのだろう
なんらかの意味はあるのだろう

なるほど
ならばきっとブユブユと醜いほどに太ったお腹の中の
おへその中のホクロにも
きっと何か意味はあるのだろう
なんらかの意味はあるのだろう

僕の存在にも
君の存在にも
間抜けなこの国の政治家の存在にも
極悪非道の殺人者の存在にも

池の上のアメンボの存在にも
裏庭の隅の蜘蛛の存在にも
石の下のダンゴ虫の存在にも
ただただうるさいだけの蚊の存在にも

きっと何か意味はあるのだろう
なんらかの意味はあるのだろう

ならばそれはこの際面倒なので
そういう事でよしとするとして
例えば必ずなんらかの意味がそこに存在したとして

そうした場合に何故にその最も大事な「意味」を
誰も教えてくれないのだろう・・・
教えてくれる人がどこにもいないのだろう・・・
何にも書いてないのだろう・・・

それとも
自分で探せって事なのだろうか

それとも
自分で探す事に意味があるとでも言うのだろうか

はたしてその「意味」という奴は
自分にとって本当に重要で大事な事なのだろうか

はたして見つけたはいいけども
全くクソの役にもたたなかったらどうすればよいのだろうか

誰か責任とってくれるのだろうか

それでもやはり探した方がよいのだろうか

あるのかないのかどっちでもよいその「意味」を・・・

っていうか もしかして・・・

実はソレ
知ってる奴誰もいねんじゃね・・・

ほ・ん・と・う・は・・・

な〜んて思った最近の出来事・・・

この世に意味のない物は一つもないと とある賢人は言った

けども・・・

実はそれ自体が全く実態のない 意味のない発言だった

場合・・・

実はもしかしてこの世の全てが
実は全て意味のない事だった

ならば・・・

それはそれで結構笑えるな〜 って・・・


にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


ボーナス確定画面

からの〜



中段チェリー

相変わらず(意味のない)スゲ〜引きで・・・


「中段チェリー引くの
 
 本当にここっ?」

って結構真剣に思った・・・

もしもこの世に意味のない物が一つもないと仮定した時に
この場面での
ここからのこの中段チェリーの意味をだな
誰かオレに教えてくれ・・・

いや
決して中段チェリーが悪いわけではない

むしろここで中段チェリーを引くオレにこそ
なんらかの問題とか欠陥があるのだと思う

結構真剣にそう思う・・・

「罪と罰・・・」

  • 2012/01/10(火) 07:32:17

当初の目標であった禁煙3ヵ月を
悠々の楽々とクリアしたオレは(←うそ)
当初の計画通り
ぼちぼちのそろそろ
スロ稼働を本格的に始めて
かつスロブログを復活させる頃合なんだけども・・・

なんつ〜んだろ

なんかこう
全然スロット打ちたいとか思えないんだけど・・・

理由はいくつかあって
まぁ 打たないでいた時間が長かったもんだから
なのでまぁ ゆうてもそこまで打ちたい気分が盛り上がらないっつ〜のが一つで
で・・・
もう一つは
今のホールの扱い機種が
これまた全然そそられないっつ〜のが二つ目の理由だと思う

ってか
北斗 
番長
モンキー

ミリゴ
これが今ホール一押しの機種って・・・

ジャグ系Aタイプは全滅って・・・

基本オレA専なんだよね・・・(アナルじゃないよ・・・)

したらさ
もうさ
正直スロットおもろなって感じだよね・・・

ってかさ

今のスロットって誤爆待ちなの?
客もホールも・・・

それともあれかな
引きの強い人だけが楽しめて かつ 勝てる仕様なの?
設定に関係なく・・・

一体全体今のスロットって何なの
何がしたいの

今のスロットとかホールって
どこに向かってるの

今のお客さんって何を求めてるの・・・

少なくともオレのしたい事と
望んでる事と
求めてる物は
今のホールにはないかな・・・ みたいな感じなんだよね・・・

とはいえ・・・

ゆうてもそんなのは所詮
「打ちたくないなら打たなければいい」だけのお話しだし
「別にスロブログに拘る必要ない」と思うし
そもそも
「やりたくなったらまたいつからでも
 なんでもかんでもやればいい」だけのお話しなので
なのでまぁ
それ自体が今回の記事のテーマではないんだけども

ってか
ここまでが前置きとかさ
なげ〜よ・・・

普通の人なら1本記事が書けてるよ・・・

ほいじゃ〜こっからオメ〜はよ
一体どういう展開見せんだよ・・・ ってか

でさ
やっぱ思ったんだけども

3ヵ月の禁煙に成功したとはいえ
やっぱりそこは ちょいちょいタバコを吸いたくなんだよね・・・

そら〜吸いたくもなりますわね・・・

ってか
行きたくもない
会社の新年会とか忘年会
この席でさ
目の前で吸われた時ね
これ本当我慢するの辛かったわ

ってか
ホールには慣れたけど
飲み屋での我慢とかさ
完全に盲点だったわ・・・

ってかまぁ それ自体も
もはや どうでもいいんだけども・・・

でね
思ったんだけどもさ
人間ってさ

「スゲ〜したい事を我慢する」のと
「スゲ〜したくない事をやらされる」のと
はたしてどっちが苦痛なのかな・・・

って事をね
考えてたわけ
4日半間くらい

スゲ〜スロット好きの人が
スロットを打たないで我慢するのと

スゲ〜ギャンブル嫌いで
スロット大嫌いな人が
無理矢理スロット打たなければならない苦痛

はたしてどっちがストレスで
はたしてどっちがより苦痛加減は大きくて
はたしてどっちが罰としては重いのか・・・

喫煙者がタバコを吸えない苦痛と
タバコを吸わない人が無理矢理吸わされる苦痛・・・

はたしてどっちが罪を犯した時の罰に相応しいか・・・

会いたい人に二度と会えない辛さと
嫌いな人と一生一緒にいないといけない辛さ

空腹でも食べれない罰と
満腹でも食べ続けないといけない罰

死にたいのに生き続けないといけない罪と
死にたくないのに死なないといけない罪

不老不死の苦しさと
老いていく醜さ

学びたいのに学べない国の子と
学べるのに学びを嫌がる国の子

書き続けないといけない者と
ペンを取り上げられた者

飛び続ける者と羽を奪われた者

不公平を嘆く者と
公平である事を嫌う者

特別でありたいと願う者と
普通でありたいと願う者

変化を望む者と不変を願う者

富と貧

はたしてどっちが罪を犯した時の罰に相応しいのか・・・


一生自慰行為しかできない 孤独な若者と
大事な連れ合いはいるけど 射精できない年老いた者

この世に生まれてこない想いと
生まれても叶わない想い

永遠に旅をし続けるしかない疲れし者と
安住の地から決して出られない知識を求める者

はたしてはたして
オレに与えられた罪は何なのか・・・ って事をね
考えていたよ・・・

実は1日半くらいのもんなんだけど・・・

ってか
なんか少し見栄張って
ちょいちょい少し大袈裟に言うところ
今年は少し直そうや・・・

いや
今言う事でもないか・・・

とはいえ だ・・・

よくよく考えてみたらよ

ゆうても そこまでひどい罰を与えられるほどオレ
な〜んかスゲ〜悪さした覚えもね〜な〜って・・・

いやまぁね
そら〜なんらかの罪は犯してるとは思うけども・・・

「グーの気持ち・・・」

  • 2011/10/26(水) 07:34:36

つまりはまぁ
一番早く走った人の勝ちね とか
とりあえず一番遠く跳んだ人の勝ちね とか
相手よりも点数高い方の勝ちにしよ〜ぜ とか
つまりはまぁ そんなスポーツ みたいな
そういういかにもな簡単なルールがあるわけでもなく
当然審判とかいないし
きわどい際のビデオ審査とかないし
物言い とか言って
いきなり割って入ってくる奴いないし
倒れた時カウウント数える人いないし

って事はさ
人生のさ
勝った 負けたっつ〜のはさ
一体何なんだろうね・・・
でさ
人のさ
強い 弱いっつ〜のはさ
一体何を指すんだろうね・・・ ってね
少し考えてたわけ

例えばこれが人生の公式ルールBOOKにでも
「金を稼いだ人の勝ち」とかね
「ブランドたくさん持ってる人の勝ち」とかね
「美味しい物をこれみよがしにたくさん食べた人の勝ち」とかね
「いろんな女と一杯Hした男の勝利」とかさ
書いてあればだよ
まぁまぁ あれだ
あぁ〜 オレって負け組みだ・・・ とかね
認めてやってもいいけどさ
別にそんな公式ルールね〜しよ

したらさ
つまりはさ
今のところだよ
まぁまぁ ゆうてもだよ
そ〜んなにはさ
この世の中にさ
負け組み背負って生きてる人間なんていね〜んじゃね〜かな・・・ ってね
少しだけ思ったわけ

いや
っつっても
ないよりはあった方がいいけどね
お金・・・

食べられないよりは食べれたほうがいいし
美味しい物・・・

まぁ いろんな女と一杯Hもしてみたいけど
本音・・・

とはいえ決してそれが
勝ち負けじゃね〜し
強い弱いでもね〜ぞ っつ〜ね
まぁ そういう事を言いたかったわけなんだけども

も・・・

っつ〜かまぁ
「切れる切れない」が勝敗を決める公式ルールだったと思うわけ
最初は

したらまぁ
「紙」は「ハサミ」にやられちゃうから
まぁ ハサミの勝ちでいいと思う
でも
「ハサミ」は「石」を切れないから
まぁ 石の勝ち 
これも100%わかるわけ
でさ
な〜んかさ
いきなりだよ
「切れる切れない」勝負してたはずなのにさ
いきなりさ
「包む」勝負にルールが変更してるわけなのよ・・・

これってさ
どう思う・・・

むしろいきなりルール変えた「紙」の反則負けじゃね

ってかさ
いきなりの「包む」勝負にさ
よく「石」の分際で挑んだと思うわ
石の分際で・・・

って事はだよ
考えられる事がいくつかあって
つまりはまぁ 騙されたか
脅されたか
数の暴力にあったか だと思うんだけども
まぁ 今となっちゃ〜よ
本当のとこはどうだったかわからないわな
誰もな・・・

ってか
まぁ もう一つ考えられるんだけども・・・

ってかさ
そもそもの常識的な判断からしたらさ
誰がどう考えてみてもだよ
「紙」
「石」に破かれるだろ・・・
普通常識的に考えて
普通「石」の方が強いじゃん
だろ・・・

でさ
なんで石と紙は紙の方が強いかな ってね
小さい時からずっ〜〜〜と不思議なんだよね

ってか
そのルールがまかり通るならよ
もう風呂敷とかさ
最強じゃん
包装紙とかさ
王者じゃん

ってか
包装紙に包んだ商品を風呂敷にくるんで

それ入れてるエコバッグなんかもう世界チャンプじゃん
ヘビー級だよヘビー級
いやまぁ 無差別級でもいいけどさ・・・

でもさ
やっぱどう考えてみても
風呂敷とか包装紙ってさ
よっぽど中身の方が大切じゃん
普通大事じゃん
むしろ包んでる奴なんかどうでもいいわけじゃん
ってか
中の商品の為の引き立て役に過ぎないわけなのよ
普通

したらさ
「石」と「紙」
パーが勝ちってさ
やっぱこれおかしいと思わない

ってか
元からそれ有りならオメ〜
ハサミも包めって話しなのよ

ってか
オレなんか変な事言ってる感じ?

ってか全然正しい事言ってるよね

まぁ どうでもいい よくないで言えば
まぁ 120%どうでもいい話しなんだけども
それでも正しい間違いで言わせてもらえば
まぁ オレ
そ〜〜んなにははずれた事言ってる覚えはないつもり・・・

っつ〜事でね
少しだけさ
グーの気持ちになってみたわけ オレ
したらさ
今まで気がつかなった事が見えてきたわけ

ってか
グーの気持ちとか言ってる時点で
少しだけ人間失格なんだけども・・・

でもね
こういう説はどうだろう
石はわざと紙に負けてやってるっつ〜ね
そういう説

いや
根拠は全くないし
今となっては石の当時の気持ちとかも
誰もわかりはしないけども
でもね
恐らくはオレ
かなりの高確率で
石はわざと紙に負けてやったと思うんだ・・・

つまりはね
運動やスポーツや競技じゃあるまいし
人生がそうであるように
勝つとか負けるとかだけにね
捉われているとね
もっと大事な何かをあなた
見失ってしまいますよっつ〜ね
事をね
グーは知ってたんじゃないかな・・・ って思うわけ
だからあえて勝ちをパーに譲ったっつ〜ね
そういう説
これどう思う?

そもそもね
勝ったの負けたのさ
そういう事ばっかり言ってる人間
いるでしょ
でもさ
君は何処の誰とどんな勝負をしてるんだいって

出世競争に勝ったら人生勝ちなのかいって
贅沢三昧出来る程金稼いだら偉いのかいって
富と名声と権力と
そういうの競うのが人の生まれてきた意味なのかいって
そんな事を思ったわけ

いや
人だけじゃなく
放送業界のマスコミ関係も
出版関係の週刊誌関係も
歌音楽関係のレコード関係も
あんたら売れたらなんでも有りですかいって
売れて 金稼げたら
後はなんでも有りですかいって
そんな事を思ったわけ

人生っつ〜物がだよ
勝敗だけに拘って
汚い事も
おとしいれる事も
卑怯も ウソも
そういうの平気で有りな世の中ならね
だったらさ
オレさ
別に最初から負けでもいいかな・・・ ってね
そんな事を思った今日この頃・・・

っつ〜事でね
恐らくはグーはね
そんな事を思ったんじゃないかな・・・ と思うんだ
オレはね・・・

ってかまぁね 
まぁ グーの気持ち考えた奴もいね〜と思うし
普通グーの気持ちとか言い出す奴もいね〜けどね・・・

「自分が何者か問う話し・・・」

  • 2011/07/17(日) 07:46:34

最初に言っておきます
バカには何言ってるのかわからない話しなので
まぁ 最初から読まないように・・・


「あなたは何者ですか」
私はそう問いました

恐らく3人に1人は
「オレはオレ」そういう答えが返ってくるかと思います
とはいえほいじゃ〜
「オレ」っつ〜のは何者なんだよ
そんな事を思いますが
まぁ 恐らく聞くだけ無駄でしょうね・・・

「人とか人間じゃね」
恐らく3人に1人はそういう答えが返ってくるかと思いますが
別にそんなのは見ればわかるし
そういう生物学的な事聞いたわけじゃないんだけども
まぁ 面倒なのでいいですわ・・・

「学生」とか
「フリーター」とか
「サラリーマン」とか
恐らく3人に1人はそんな
社会的な立場や肩書きを答えるように思いますが
別にオレ
面接してるわけでもね〜し
むしろ君達の立場や肩書きなんぞには一切興味ないんだけども
まぁ そういう答えなら それならそれでいいや・・・
ってか
どうでもいいか
そんな事を思います

ってかなんだろ
少し質問難しかったかな
聞き方悪かったかな
それとも今の世の中
こういう質問には
「その真意がわかってても」真面目に答えないのが主流なのかな
それとも本気で意味わかってないのかな・・・

ほいじゃ〜就職試験とか
昇給試験で聞かれたら
少しは真面目に もう少し面白い答え聞けるのかな
ってかそもそも
答えられるのかな

いやまぁ
世の中の大概の人は
本当に自分が何者なのかわかってない
まぁ多分 そう思った方が賢いよな

などとオレは思ったりします

いや
間違いではない
「オレはオレ」も
「人間」も
「学生」も
間違いではないと思う
とはいえよ
実はこっちが聞きたい質問の本当の意味くらい
本当は理解してるだろ・・・
でも
そうとしか「答えようがない」それが本音だろ

まぁ いっか
まだまだ脳みそと心が未熟な人間に
難しい事聞いたこっちが悪かったわ・・・


「あれは何ですか」
私は天にも届きそうなほど
高い高い塔を見て聞きました
全ての人が答えます
「あれは東京スカイツリーだよ」
そうですか 東京スカイツリーですか・・・

でも本当は違うよね
あれは
「東京スカイツリーになる予定の物」だよね
もしくは
「建設中のスカイツリー」が正解だよね
あれはまだ
東京スカイツリーじゃないよね
違うかな・・・


そもそも人というのは生まれた時から人ではあるけども
ではではその人という物は
何を以ってして「人」と言うのでしょうか
出生届を出したらでしょうか
それだけで「人」と
いや
人ではあるでしょう
人から生まれたら大概は人ですよ
ではでは
人とは何者ですか?

オレと言う人は
何を以ってしてオレと言い切るのでしょうか
自分は自分
んなこたぁ〜わかってる
でも ほいじゃ〜何が
身体が?
思考が?
ってかほいじゃ〜
そんな「自分」っつ〜生き物は何者なんですか?

肩書きとかさ
「ぼく ドラえもん〜」とレベル変わんね〜っつ〜の
ほいじゃ〜そんな
「学生のあなたは何者ですか?」
「フリーターのあなたは何者ですか?」

自分とはどういう生き物で
どんな生き物で
それは
見た目の事を指すのか
思考を指すのか
内面を指すのか
何を以ってして
確固たる「自分とは何者である」と答えるのか

はたまた見た目でも思考でも内面でもないのか

っつ〜か
「わからないならわからない」って答えればいいものを
ってか
ま〜だそっちの方が潔い良いと思えるものを
どうしてこう見得張って
余計トンチンカンな事言ってケムに巻こうとするかな
そっちの方がよっぽど
「こいつバカ?」って思っちゃうのにな

そんな事を思います


そもそも人間に完成形などはありません
ではでは人とはいつ完成するのか
恐らく生きてうちに完成などはしないでしょう
つまりは一生完成しない

逆に言えば
ですよ

人っつ〜のは
志半ばであろうと
まだまだ遣り残した事
無念を残したまま逝ったとしても
それは「死」をもってして「終わり」=完成した
と言うしかないと思います

話し少し反れますが
「死」とは何か?
むしろ
生きるとはどこに向かっているのか?
ってか
人生のゴールとは何か?

まぁ 考え方の違いもたくさんあると思うんだけども

「人は死に向かって生きているのか?」
つまり
「生」がスタートで「死」がゴール
と考えるかどうかですよ

とはいえこれじゃ〜少し人生切ないでしょ
死ぬ為に生きてる みたいな考え方になっちゃうし
つまりはこれが
「死」=怖い物 恐ろしい事 みたいな思考になっちゃうし
それこそが
世の全ての「恐怖」を生み出しているわけですから
これは違うと
死ぬ事は決して「終わり」を意味する事じゃないし
その「死」に向かって生きているわけじゃないと
まぁ そう思った方が得策なんですな

つまりはこれ
人は生まれた時から「完成」に向けて生きている
人生とはつまり
これ「完成」に向かって歩んでいる
最終的な目標であったり
到達地点 そこにあるべき事柄
それは
「完成でなければならない」っつ〜のが
まぁ これ私の個人的な見解ですな
つまりは
人は「死」ぬ事で「全てが完成」するという考え
なわけですよ

いや
違うっつ〜人は
遠慮なくオレを納得させるだけの持論を展開してくださって結構なんだけども
仮にこの答えが間違ってるとしても だ・・・
まぁ ここまで明確な答えを出してる人自体
世の中にはそうそういないでしょ〜ね・・・

あなたは何者ですか?
当然は私は私だけの 私には正しいと思っている答えを持っています

まぁ それを書く気はありません
ってか
半分以上オレの答えは書いたように思うけど・・・


自分が「どんな生き物」なのか?
見た目とか 肩書きとか 中身とか
そんな事を問うているわけではありません
ってか
別に他人がどんな生き物なのか
そんな事にはオレ
一切 全く 微塵も興味もありません

あなたが何者なのか?
オレはそれを問うているのですよ

まぁ 暇な時にでも
自分が何者で
何の為に生まれ生き
どこに向かって進んでいるのか
そんな事をまぁ 
考えてみるのも案外面白いかもね・・・
でも
以外とつまらないかもね

意味があるかもしれないし
全くないかもしれない

とはいえ
自分が何者なのかも答えられないような人は
あ〜んまりね
まぁ 生きてても意味ないように思うかな・・・

エグイ事言っちゃえば
無駄だよ無駄
あんたの人生無駄 
結構本気でそう思ったりしちゃいます

言葉が過ぎたら失礼・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

そもそも
「目的なき行為に意味はない」とか
「目標のない努力に意味はない」ってね
思っていますので
人生も同じでしょ
「自分は何の為に生まれたのか」
「どこに向かっている生きているのか」
「生きている目標や目的や意味は」
これなくして生きている事には
たいして意味はないのかな・・・ などと思ったりします
いや
違う側面から
また違う価値観を持ってくれば
まぁ
「生きてるだけで丸儲け」などと思ったりもしてますけどね

まぁ わかる人だけわかってくれればいい話しですよ
(少し難しい編ですが・・・)

ちなみに私はまだ何者でもありません
まだまだ何者かになる途中の人に過ぎません

私は多分 死を以ってして完成するのではないですかね・・・
恐らくそれが 私の答えです・・・

とはいえ
ではでは この答えの意味する所は・・・

まぁ 考えてみてください

ちなみに決してこれが正しいわけでもないと思いますけどね・・・

っていいますか
少し難しい話しでしたね

とはいえ昨日と今日の記事は
少しでも考えるタシになればと思い
ある特定の人に向けて書いた記事ですので
あえて難しいテーマを取り上げただけの話しです

なのでわからない人は一生わからなくて結構な話しザンス

まぁ 常人には中々出来ない
高度なアクロバテックなオニナー
セルフ フェラッティオッ をして見せた
ただそれだけのお話しザンス

「物事の本質を問う話し・・・」

  • 2011/07/16(土) 07:35:18

すこ〜し難しい話ししますので
よっぽど暇な人か
よっぽどオレのファンだっつ〜奇特な人意外(奇特?) 
まぁ 読まない方が賢いと思います

バカには読んでもわからない話しなので
バカは最初から読まない方が賢明だと思うかな

読まない人が賢いの?
それとも読まない人はバカなの?
などと
同一方向における矛盾を内包した文章
村上春樹もビックリするくらい
我ながらウットリ・・・

さてと
バカはほっといて・・・

どっかで似たような内容の文章があるかもしれませんが
基本的にはオリジナルのお話しだと思います

自信はありません・・・

「物事の本質を問う話し」

とある彫刻家が木材を使って、石コロを彫りました
ご丁寧に灰色に色まで塗ってあります
なのでオレは聞きました
「これは石ですか?」
すると彫刻家は笑顔で答えました
「ハァハッ〜 騙された騙された それは石に見えるけど 実は木なんだよね〜」
なんかとても嬉しそうに 彫刻家はそう言いました
なんだかな・・・ ジジィ暇なのか
オレはそう思いました・・・

とある彫刻家が木材を使って、躍動する馬を彫りました
それは見事な完成度で 高貴な芸術作品に見えました
なのでオレは聞きました
「これ〜 馬に見えるけど木ですよね?」
すると彫刻家は不機嫌そうに答えました
「ってか どっからどう見ても馬にしか見えね〜だろ」
なんかとても怒っています
いや この前はジジィ 木って言ったじゃね〜かよ
オレの方こそ不機嫌になってしまいました・・・

とある彫刻家が木材を使って、十字架のペンダントを彫りました
手の平サイズの可愛らしい でもなんとも神々しい十字架です
なのでオレは聞きました
「これは木で出来た十字架ですよね?」
すると彫刻家は お前はな〜んにもわかってね〜な みたいな呆れ顔で答えました
「これは信仰だよ」
ジジィは崇高な目でそう答えました
オレには半分以上 何言ってるのかチンプンカンプンで
半分以上どうでもいいか・・・
そんな事を思いました・・・

とある彫刻家が木材を使って、キリスト様の像を彫りました
十字架に張り付けにされた姿です
なのでオレは聞きました
「これは・・・ 木で出来た十字架に張り付けにされたキリスト様に見えるけど
 でもまぁ あれでしょ 信仰とか神様とか そういう類のものなんですよね?」
すると彫刻家は とても遠い目をして言いました
「いや これは世界の全てだよ」
ジジィは潤んだ瞳でそう答えました
世界って・・・
どこら辺が日本だろ・・・
オレはそんな事をフッっと思ったけども
口に出すのはやめておきました

彫刻家の家に遊び行くと
そこには切り出したばかりの大きな巨木がありました
さすがに学んだオレは
自ら○○ですか?と聞くのは賢明じゃないな・・・ などと思い
なのでこっちから聞いてやる事にしたのです
「これは何ですか?」
しめしめ こういう聞き方ならば
まぁ 100%間違う事はあるまい
でもジジィは
「これは何物でもない むしろ木ですらない」
しれ〜とこう答えました

オレは二度とこのジジィに 何かを聞くのをやめようと思いました

おしまい・・・


さてと
物事の本質というのは何なのでしょうね
どこにあるのでしょうね
どんな形をしているのでしょうね
材質の問題ですかね
姿 形の問題ですかね
思いの問題ですかね
見方や角度の問題ですかね
頭の中で考える 個々にあるべき事ですかね
それとも
そんな物は実は全く何もなく
みんなが後からこじつけてるだけでしょうかね

私は私なりの私にとっては正しいと思っている答えを
それなりに持ってはいるけども
決してそれだけが正しいとは思っていません
また
みんなにも考えてほしいし
個々が 個々に答えを見つけるべきだと思っています
なので
それを書く気はありません
むしろ
3年でも5年でも10年でも考えて
みんなが自らの答えを探すべきだと思います

大事な事は何なのでしょう
物事の本質とは何なのでしょう
目で見える物なのでしょうか
見えない何かでしょうか
それとも実は
大事な物などはないのでしょうか

個人個人が今持っている
「そうだろう」「こうだろう」という全ての思いは
はたして正しいのでしょうか
ただの思い込みや
勘違いや
誤解で
実は間違っているのではないでしょうか
それはわかりません

とはいえまぁ
暇な時にでも少し考えてみてちょ・・・

実は案外難しくないかもよ・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

嬉しい事に
最近すこ〜し私のファンだ 
などという奇特な方が増えまして
なのでまぁ 今までみたいに
難しいけど大衆向けに書いていた記事とは一線を変えて
今回はそんな濃い人に向けて
今までよりすこ〜しね
難易度の高い話しを用意してみました

明日も少し こんな禅問答が続きます
興味がある方「だけ」ぜひ・・・

「minority・・・」

  • 2011/02/17(木) 07:30:56

天国と地獄の事を考えていた

世の中の全ての悲しみが
このまま一生終わる事なく継続したら
それはとても死にたくなると思う
つまりは終わらない苦しみ
昇華されない悲しみ
連続する辛い事
まぁ 地獄の想像は容易にする事ができる・・・

とはいえ
天国のイメージが全く出来ない
羽の生えた天使が音楽を奏で
気温26度くらいの世界で
餓えもなく
争いもなく
不幸も悲しみも苦しみもなく
みんなが永遠に楽しく笑顔で暮らしてる感じ・・・
であろうか・・・

人の欲には際限がなく
突き詰めればそれが世の中の不幸や悲しみの全てを生み出しているという思想があった時
天国とはその全ての欲が叶うのであろうか・・・
そんな事を思ったりしてしまう

美味しい物を毎日たらふく食べて
美味なる酒を朝から飲み
にも関わらず体系は崩れないしメタボにもならない とか・・・
世界中の全ての女性と生でエッチできて
中で出せる
にも関わらずエイズとかないし 子供の心配もない とか・・・
前は海水浴場でマリンスポーツを堪能でき(気温30度 極めて湿度良好 かつヌーディストビーチ)
後ろは雪山でボードやスキーが楽しめて(気温9度 極めて天気良好 かつ毎日パウダースノー)
横にはハイキングに最適な極めて絶景の観光名所が立ち並び
しかも毎日日替わりでその観光名所は変更する事ができ
逆の横にはスカイダイビングの施設を併設してて
その奥 歩いて3分の所には競馬 競輪 ボートにパチンコ
麻雀施設やカジノまで併設し
そして全ての客が必ず勝てる とか・・・

でもさ
そんな暮らしですら
5年もすれば飽きると思うのだが・・・
いや10年くらいは楽しめるかな・・・
つまりはよ
それに飽きたらどうすればいい?

全ての者に不平不満がなく
永遠に幸福で笑顔で暮らせる場所・・・
想像出来ない・・・

人の欲には際限がない
つまりはその際限ない欲求を満たしてこその天国と仮定した場合
全てがスケール違いで青天井だし
その青天井ですら
永遠という期間においては飽きがくる
まぁ 絶対そうだよな・・・

って事はよ
今現在我々が喜びや楽しみ
嬉しいを感じていられるのは
つきつめればそれに反する悲しみや苦しみがあるからこそだ・・・
そういう答えが出る事になる・・・

もっと言ってしまえば
終わらない永遠の幸福が続く天国とは
そこには少なからずイヤな事も存在しなければ
幸福を噛み締める事もできない
そういう事になってしまう

つまりはよ
天国とか楽園なんてどこにも存在しないし
青天井で願いが叶う
しかも永遠に笑顔で幸福に暮らせる
そんな思想は全くマトハズレもはなはだしい
そういう答えが出てしまうし
逆の理屈で当然地獄もない
そういう事になってしまう

いや
逆説的に捉えれば
生きている今現在の生活の中で
各々が天国と感じられる場所を創造し
各々が考える地獄と言う場所にはいかないようにする
あの世に天国も地獄もないのならば
現世で作り出すしかない
そういう理屈が生まれてしまう

つまりはよ
天国と地獄っつ〜思想はよ
つきつめれば
まぁ 今の人生を一生懸命生きろよっつ〜
まぁ 頑張れよっつ〜
まぁ そういう事なんだろうな・・・
ってね
思ったりしたわけだ
違うかね・・・

全ての欲が青天井で叶う天国
永遠に笑顔で暮らせて
イヤな事が何一つない世界
争いも悲しみもなく
そこでは全ての者が静かに日々を楽しく過ごす場所
つまりはよ
そういう場所をだ
この世界に頑張って創り出せっつ〜ね
まぁ そういう思想なんじゃないかな・・・
違うかな・・・

ってか
わかる人だけわかってくれればいい話しなんだけどね・・・

まぁね 本当どうでもいい話しなんだけどね・・・

つまりはまぁ
「どうやって生きるのか?」
オレはそれを全ての民に問いたいわけだよ・・・
いや
オレはそれを探している
まぁ それが言いたいだけの話しだよ・・・

「identity・・・」

  • 2011/02/16(水) 07:32:11

スロットを打つのはとても楽しい
何が? と言われても 一言では語りがたい

でも
スロットは苦しい時もある
これまた何が? と聞かれても
とても一言では語りがたいものがある

でも 
そういう苦しい時も含めて楽しい
そう言えるのではないか
そんな事も思う
いや
そういう苦しい時こそ
これこそがスロットの楽しみの醍醐味の一つである
そう思うようにしている
なので なにも
連荘している時や コインが増え続けている時だけが
スロットの楽しみではないと思う

人生がそうであるように
全てが楽しいだけの時間とは限らない
むしろ苦しい事 辛い事の方が多いように思う
イヤな事 悲しい事の方が圧倒的に多いように思う
とはいえ
それから逃げられないのなら
やはりそれも含めて人生は楽しむべきではないか
そう思うようにしている

楽しい時間が長く続かないように
これまた苦しい時間も長くは続かないと思う
とはいえ
「長い」の価値感は人それぞれだから
その単位は分なのか時間なのか日なのか年なのか
それは人それぞれにあると思う

苦しい時を越えるからこそ
楽しい時を迎えられるのか
楽しい時があるからこそ
苦しい時が来てしまうのか
それはわからない
とはいえ
もらうからこそ使う
使うからこそもらえる
そんな「物」は世の中にはいくらでもあるし
それで回っている世界も
世の中にはいくらでもあると思う

楽しい時間や楽しい事
欲する物全てを
とどめ続ける事
ため続ける事
いき続ける事
それが出来たら幸福なのか・・・

それはまた新たな苦しみを生み
悲しみを存在させ
イヤな辛い物を創造するのではないか
そんな事を考えたりもする

つまりはまぁこれが
基本的には世の中の大半を占めている部分なのではないか
そんな風に思ったりしている

地球だけじゃなく
この世の全ての物は回り続け
そしてめぐり続けている
喜びも悲しみも
楽しみも辛い事も
嬉しいもイヤな事も
全ては回り続けている
オレはそう思っている

ただそれだけのお話しだ

まぁ どうでもいいお話しだけどね・・・

「前へ進むために生まれてきたのだと・・・」

  • 2011/02/07(月) 07:32:10

「努力した者が皆全て成功するわけではない
 でも
 成功した者は必ず皆すべからく努力をしている」

確か鴨川ジム会長のお言葉(「はじめの一歩」より)

 努力と言うと
着実に一歩一歩前へ進んでいるイメージがある
少しでも前へ進む行為
目標に向かって頑張って頑張って前へ進もうとする行為
「努力」にはそんなイメージがある

 対象的に
何もせず ただその場に立ち止まっている行為
つまりは少しも前へ進まないイメージに
「待つ」と言う言葉があるけども
はたして本当に「待つ」と言う行為には
成功へ近づく意味合いは全く含まれていないのであろうか・・・

否っ!
 
待つ事によって得られる事は多大にあると思う

むしろ
後退する行為
逃げる行為
それで成功する事も多大にあると思う

つまりは
何も前進する事だけが「努力」ではないと言う価値感だな

「Aタイプってさ ただ光るの待ってるだけじゃん 飽きるよね・・・」
そんな言葉をよく耳にする

でもオレは違うと思う
コインを入れて
レバーを叩いて
ボタンを押す
このただただ単純な作業の繰り返しは
ただ光るのを待ってるだけじゃなく
この行為は
当たりに近づく前進をしているのである

そこにある当たりに向かって

そこにある成功に向かって

ただただ前進している
それだけにすぎない

 液晶があり 演出がある
それはスロットを飽きさせないだけの話しであって
やっている事は同じである
つまりは
そこにある当たりに向かって前進する
そこにある勝ちに向かって進んでいく
やっている事は同じである

当たりを「待っている」と捉えるか
当たりに向かって「進んでいる」と捉えるか
ただそれだけのお話しにすぎない

むしろ 必要ならば
待つ事で成功へ近づく事が出来るなら
その行為は「努力」となんら変わりはない
オレはそう思うよ
違うかね・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

抽選に並んで開店を「待っている」
でもそれは
待つ事で次のステージへ進む事が出来るわけで
待つ事で狙い台を確保出来るわけで
つまりはそれこそが
勝つ為に必要な行為だろ
成功へ近づく努力だろ
したらさ
「待つ」事をさ
バカにしたらいけないぜ
だろ

むしろ
待つ事でこそ
成功や勝ちへ近づける事もある
いや
待つ努力
待つ事で出来る前進
そんな事も世の中にはいっぱいあるんだよ

なのでそこのアンちゃんは
少し考え方をかえるように
むしろ待つ事が苦痛で
そういう努力が出来ない人には
絶対成功は有り得ない
オレはそう思います・・・

待つ前進
一歩も動かないけど前進してる
むしろ
後退してる前進
後ろに逃げてるけど前進してる
世の中にはそんな行為もあるって事
今後の為に覚えておいてほしい・・・

まぁね
その行為が前進へつながらない待ちなのか
本当ただの後ろへの逃げなのか
まぁね
その見極めが難しいんだけどね・・・

「勝敗の形・・・」

  • 2010/05/27(木) 07:42:31

 昔 フリーの雀荘で知り合った
とある老雀士はこう言っていた
「最近になってね 役満を張っていても降りられるようになったよ」と
「麻雀に大事なのは振らない事 それが出来るようになってからようやく負けなくなったよ」と・・・

 今から20年前
オレがプチ麻雀打ちだった事は過去に書いた記憶があるけども
当時
まだまだ血気盛んな
間抜けが服を着て歩いているようなオレは
その話しを聞いてこう思った
負けなくはなっても それじゃ〜勝てもしないだろ・・・ と
確かに振らない事はとても大事
総じて負けない事はもっと大事
でも
勝負事はさ
「勝ちにいってナンボだろ」と
「麻雀なんざぁ〜あがってナンボだろ」と
当時から愛想だけはよかったオレは
「そうですか」などと満面の笑みを浮かべながらも
このジジィは敵じゃね〜な
所詮は定年して
人生っつ〜舞台から
半ば降りた人の発想だな
などと思ったものである・・・

 「負けない事」と「勝ちに行く事」
はたしてどっちが大事なのかね・・・
最近のオレは
スロットを打ちながら
よくそう考えるようになった
つまりは
人生ってさ
負けない事と勝つ事は
はたしてどっちが大事なのかね・・・
などと思うようになった

 勝てば当然負けない
逆に言えば
負けなければ それ即ち勝ちである
簡単なようでいて
実は案外難しい
いや
何の言葉遊びだ?とも思うし
屁理屈にも聞こえるし

 役満をハっている
つまりは今
とても大きなチャンスを迎えている
あがれればまぁ確実に1位だろう

人生そうそう思い通りにいかないもの
相手からリーチがかかる
長い事打ってりゃ〜 
まぁ、それなりに危険な牌もわかる
しかも
まさしく人生とは面白くもありつまらなくもあり
まさに人生の縮図を見るように
相手のド本命
超危険牌のドラを持ってきてしまった 
流れから行けば
通ればまぁ、9割方あがれるだろう
だが
流れから行けば
まぁ、9割方これが当たり牌だろう
さて君ならどうする・・・
オレならどうする・・・

「確実に」勝ちを優先したいなら
ここは目をつぶって エイヤッ!だ
でも
「確実に」負けない道を選ぶなら
役満ハってても降りの一手だ・・・
君ならどうする?
オレなら・・・

この勝負はただの
フリーで打ってる麻雀ではない
これは
「人生を賭けた」麻雀という姿を借りた勝負だ
君はどうする?
オレは・・・

はたして人生や勝負事において
「確実」とか「絶対」っつ〜事はあるのだろうか
絶対勝つ方法
絶対負けない方法
ちなみ君もオレも
カイジではない
まいしてや天でもアカギでもない
ただの
そこいらにいる庶民にすぎない
ボヤテツでもなければ
当然イカサマも使えない
なので
桜井でもない
君はこの局面どうする?

絶対がない以上 降りる必要はない
ましてやこっちは役満手
降りるバカはいないだろ
そう考えるか
いやいやいやいや
ここは降りるべき
振ったら元も子もない
降りてまだまだ次の局面に勝負を持ち越すべき
そう考えるか

いや
降りたところでツモられるかもしれない
勝負じゃね っつんで
いや
通ったところで確実に自分があがれるわけじゃなし
ここは危険を冒すべきじゃない っつんで
いや
役満ハって降りるとか
いつからそんなヘタレになったわけ?
大事なのは次に活きる一手じゃね 
男には負けるってわかってても
行かなきゃいけない局面があるんじゃね っつんで
いや
この一打で首掻っ切られたら
次の一手もねんじゃね っつんで

ちなみに
まぁ、基本的に一打当たりにかけられる時間は3秒だ
3秒・・・
悩んでいる暇も熟考している暇もない
ましてや
「しばらく考えさせてくれ」とか
「返事は一晩待ってくれ」とかも使えない

生きるか死ぬか

前向きに倒れるか
一旦引いて
次の弓の準備をするか
逃げるべきか

人生において
勝ちとは何で負けとは何か
人生において
負けない事と勝つ事
はたしてどっちが大事なのか
勝ちに行く事と負けない事
どっちが正しいのか

最近は
よくそんな事を考えるようになった・・・

ちなみにこの問題に正解はない
なので当然間違いもない
いや
自分で選んだ選択は全て正しいと言えるかもしれないし
結果から言えば
間違いだったと言える事もあるけども
それは
残念だけども
まだ今の段階で出せる答えではない・・・

鬼武者の6がある
設定は確認済み
普通で考えれば「絶対勝てる」台であるけども
いかんせん確立の抽選の運の世界
残念だけども絶対はない
普段のホールなら当然全ツッパで閉店まで勝負だろう

この勝負をするに当たり
実はコインが1枚2万円の等価だ・・・ 普段のスロの1000倍
勝てばしばらくは遊んで暮らせる
億単位で勝てるかもしれない
でも
負けたらかなりの額の借金を背負う事になる
君は打つ?打たない?
君は実家を担保に入れてでもお金を用意する?
街金と闇金回ってお金を工面する?
人生掛けて勝負に出る?
答えは3秒だ
いや
おまけして30秒待ってもいい
勝負はお金が用意できてからでいい
君はこの人生をかけた
ハイリスクハイリターンの勝負を受ける?受けない?

人生の勝ち負けっつ〜のが何で
どうすれば勝ちでどうなれば負けで
負けない事
勝ちに行く事
はたしてどっちが大事でどっちが正しいのか・・・
残念だけども模範解答はない・・・
いや
自分の中には存在するけども
はたしてそれが正しいのか間違いなのかを
オレはまだ知らない・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

いやそもそも
「勝てばいいのか」
「何故負けたらダメなのか」
その根本的な勝敗の価値すら
オレは人生の中で見つかっていないような気がする

いや
まぁ、相変わらず小難しい
どうでもいい事書いちゃったね・・・
まぁ、暇ができたら
鬼武者の人生を掛けた大勝負
受けるか受けないか
それはつまり
人生の大勝負をするかしないか
いや
するべきかしないべきか
まぁ、ゆっくりじっくり考えてみてくれ

はたして人生っつ〜のは
何が勝ちで何が負けなのかね・・・
いや
どうなれば勝ちで
どうなれば負けなのかね
その明確な姿形すら
今のオレはわかっていない・・・

「花束・・・」

  • 2010/02/13(土) 08:16:58

 通いなれた毎朝の通勤
いつものありきたりの風景
いつもと何も変わらない道
いつもと違っているのは
そのガードレールの下に
花束が置かれている事・・・

 どこの誰で
年齢も性別も
当然名前もわからない
むしろオレには全く関係ない
この地球上で同じ時に存在していたけども
お互い何一つ接点を持たなかった人

 「死」をイメージしてみる
黒いマントを頭まで被った髑髏が
大きな大きなすごく切れそうな鎌を持ってやってくるのだろうか?
それとも
3頭身くらいの、金髪で背中に小さな羽根をつけた天使が
ネロやパトラッシュの時のように
一緒について来てくれるのだろうか?
いや
今一ピンと来ない・・・

 オレもいつかは間違いなく死ぬだろう
なのに
他人の死を以ってしてしか
オレは死を近くに感じる事はできない
墓参りも年に1,2回行くけども
どうもそれは敬うとか尊うという意味合いが強く
「死」を身近に感じる事はできない・・・

 もしもこの人が
オレと同じような立場にいたら
きっと嫁や両親や子供は
しばらく泣き暮らす事になると思う
それを考えると
他人事ながら
さぞかし無念だろうなと思う・・・

 別段オレ自信は
さほど死ぬ事自体を怖いとは思っていない
いや
むしろ今でもたまに死にたくなるくらいだし
でも
残された家族の悲しみを考えると
それはすごくすごく怖い事となる
いや
恐怖や戦慄すら覚える
なので
さぞかし無念だった事だと思う・・・

 オレは今
死ぬわけにはいかない・・・
自分の為じゃなく
嫁や子供や親の為
まだまだ死ぬわけにはいかない・・・
そう思った瞬間
今こうして生きていられる事が
なんか急に怖くなってしまった・・・
なんか変な理屈だけども
死ぬ事じゃなく
生きている今自体が怖くなってしまった・・・

 とても身近な人
いつもいつも側にいる事が当たり前で
いつもいつも愛していて
今までもこれからも
ずっとずっと一緒にいたい人
その人達を失うのは
すごく怖い
同じくらい
オレが逝ってしまうのは
すごく怖い・・・

 今という時間や
状況や立場や毎日は
すごく当たり前のようでいて
それはとても危うい物にすぎない・・・
明日まで・・・
今週まで・・・
今月いっぱいまで・・・
いつ終わるともしれない今という時間の中で
オレは「死」を意識して
それは同時に
「愛する者」の存在を意識して

 でも
こういう事でもないと
そういう事は普段忘れているわけで
もう少し今と自分と家族と両親を
大事にしないといけないな・・・
そんな事を朝っぱらから考えてしまった・・・

 毎日毎日垂れ流される
どこの誰さんが亡くなったというニュース
たいして心も痛まなければ
悲しくもないし
何も感じはしない
でも
その陰には
きっと何十も何百も
たくさんの悲しみがあるのだろう

 死ぬ事自体オレは 
怖くも悲しくもない
そう思っていたはずなのに
今は自分以上に大事な人が存在する・・・
その人達を残して逝く事は
とてもとても辛い事だな
そんな事を考えてしまった・・・
その人達の存在は
今までの自分を変えるには
とても充分すぎる存在なのだろう・・・
そんな事に今更ながらに気がついた

 いつかはオレもみんなも誰もかれも
いつかは死んでしまう・・・
そんな事はわかっている
わかっている事だけども
今はまだ
それを素直に受け入れるわけにはいかない・・・

 オレが先に逝くのも怖ければ
大事な人に先に逝かれるのも怖い
それはオレが弱くなったのか
大事な人が出来て強くなったのか
それはオレにはわからない・・・

 死が身近にないからこそ
普段普通に、難しい事を考えないで暮らしていられるとも思う
でも
身近にないから
だからこういう誰かが大事という
そんな事も忘れてしまう

今日は久しぶりにお土産でも買って帰ろうかな・・・

 大事な人が喜んでくれる
ただそれだけの事なのに
それはすごく嬉しくもあり
愛しくもあり