「数値化の提案・・・」

  • 2012/03/10(土) 07:36:09

昨日の記事を書いていて思いついて事があるんだけども
どうだろう
ここは一つみんなして
黙って聞いて(読んで)みちゃ〜もらえまいか

いや
今まで聞いた事ない提案だし
必ずしも全てにおいて全く役にたたないって事もないと思うし
むしろ
いや むしろ
必ずお役にたつと思う提案なのだが
どうだろう

っていうか
何故に今までそこに気が付かなかったのか・・・

いや
もう何処かで誰かが提唱してる事なのかもしれないけども
オレの耳には入ってないのでまぁ
まぁ いいかな・・・ って

一つには
オレの引きはヘタレ とか
ヘッポコ とか
ド腐レ とか
クラッシュ とか いろいろまぁ呼び方はあるんだけども

したらさ
それはさ
ボクはさ
どのくらい「引きがヘッポコなのか」
それを具体的に数値化してみようかな・・・

みたいな取り組みだ

いや
これはつまり逆に言わせてもらえば だ・・・
引きが強い
オレはスゲ〜
最強の右手 などと自負してる人がいたとして
いやいやいやいや
口でならなんとでも言えるわい と
ほいじゃ〜オメ〜
具体的にどんくらいスゲ〜んだい と
そういう事も具体的に数値化出来るっつ〜取り組みだ

ほらほら
少〜〜し聞いてみたくなってきたんじゃね〜の・・・

しかも
この数式を使えばな
やはりオレがよく言う
台との相性
メーカー毎の相性なんかも数値として見る事が出来るっつ〜優れもの

今までのようにだな
いや〜オレ本当この台との相性抜群だから とかね
漠然と語っていた事がだ
極めて論理的 理論的に数値として語る事が出来るという

つまりはまぁ
これからも真剣にスロットに取り組んでいきたい者ならば
知ってて必ず損はしない

これが一般的に理解をしめされるようになったなら 
全国スロット最強選手権とかね
そういうものですら
キチンと数値化した部分で誰がスゲ〜
誰がヘッポコ
まぁ 一目瞭然だっつ〜事

どうかな どうかな
かなり興味わいてきたかな

いや
別に金取ろうとか思ってないし
驚くほど簡単な公式

考え方

ただ今まで誰も提唱してなかった ってだけのお話し
ただそれだけ

って事でまぁ 騙されたと思って読んでみてくれ

いや
もうどっかで誰かが使ってたり
提唱してたりしたらゴメンね・・・


昨今のスロットで最も重要な部分
つまりはラッシュ時における引きに特化した発案なんだけども

っていうか
ラッシュの突入率っていうのは
まぁ もうすでに設定毎に変化がつけられてるし
優遇率も違うし
なので今更もはや ラッシュの突入率なんぞには興味がない

むしろ
設定なんぞに全く関係ない部分=引きのすごさ=ヘッポコ度 っつ〜
まぁ 自力部分の数値化が目的

つまりはまぁ
「上乗せ率」と「上乗り率」
これをだな
具体的に数値化する事で
まぁ 引きのすごさ及びヘッポコ度
機種 メーカー毎の相性などをより具体的に語れるっつ〜

とはいえまぁ
普通の人ならこれだけでもうピンッときたと思うんだけども・・・

ラッシュのみ

。毅G終了

■毅G終了

50 +10 +5 終了

ぃ毅G終了

ィ毅亜 棕機 棕横亜 棕機 棕隠亜―了

Γ毅G終了

В毅G終了

┌毅亜 棕隠亜 棕械亜―了

とまぁ とある日のラッシュに突入した時のみのデータを使用

全ラッシュ突入回数 8回 400G
上乗せしたラッシュ回数 3回 
上乗せ数 95G

つまりはまぁ
上乗せ率 3÷8=37.5%
上乗リ率 495÷400=123.7%
とまぁ こうなるわけだな

この人は10回のラッシュ中3.75回は上乗せが引けるし
その上乗せ回数は 100回で23.7回は乗ると
つまりはまぁ そういう事である

ってかオイッ
中々スゲ〜引きしてんな・・・

って感じに使うわけである

つまりは逆に
全ラッシュ突入回数 8回 400G
上乗せしたラッシュ回数 1回
でも 
上乗せ数は1695Gとかだった場合

「乗せ率」は10%で低かったけども
「乗り率」が523.7%で勝てたと
まぁ そう言えるわけですな

逆に
全ラッシュ突入回数 8回 400G
上乗せしたラッシュ回数 4回 
上乗せ数 25G とかだった場合

「乗せ率」は50%だけども
「乗り率」が106%じゃ〜 まぁ 勝てまいよ・・・
とまぁ そうなるわけですな

これをだな
用いればな
自分がまぁ どんくらいヘッポコな引きなのか もしくは最強の引きなのか
より具体的な数値で語る事ができ また考える事ができるし

北斗ではオレ 35−268なんだけども
番長ではオレ 15−112なんだよな とかね
まぁ 台ごとの相性なども考察する事が出来ると

しかも
より勝ってる人のデータ
より負けてる人のデータがわかれば一層
自分との比較も容易なものになり
まぁ 奴はスゲ〜 とか
奴ほどはヘッポコじゃね〜 とかを
一目瞭然で語る事ができると

まぁ そういう感じである・・・

どうだい
ゆうてもそんなに変な提案じゃないだろ・・・

でだな
プロ野球の生涯打率みたいに
生涯ラッシュ率とかさ
機種毎のラッシュデータとかさ
月毎のラッシュデータを残してとっておけば

今月のラッシュ率「22−136」これじゃ〜まぁ
この程度の勝ちでしょうがね〜よな とか
これじゃ〜まぁ 負けてもしょうがね〜よな とか
そういう反省も出来るっつ〜お話しだ

同じような立ち回りして 
同じような期待値を稼いでも
先月「32−298」
今月「19−162」
この引きじゃ〜しょうがあんめ〜 みたいな感じ

しかも
番長「26−227」
北斗「22−195」
鉄拳「13−113」お前かっ〜! みたいな感じ
どうだろう
これ中々役にたつような気がしないか

1日単位でも語れるし
月単位 機種単位 メーカー単位でも語れるし
先週よりもヘッポコ度上がってるし・・・ みたいにも語れるし
先週よりも引きが強かったから勝てた と言った場合
今までのように「漠然」とした「強い」じゃなく
この「強かった」に対して
より「明確な数値」を「根拠」として語れるようになると

っていうね
まぁ そんな事を考えてみた

とはいえまぁな
一つスゲ〜大きな問題があってさ
提案したオレがこういう事言うのもなんなんだけども
オレさ
基本さ
ザックリした感じのO型じゃん
だからさ
絶対さ
一々わざわざこんな細かいデータ取らないし残さないなって・・・

なのであくまでも
オレは面倒なのでしないけど 
皆さんよかったらどうですかっていう・・・

まぁ そんな大きなお世話話し・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

ってか
ヘッポコのオレがこんな事数値化したらアンタ・・・

それこそ悲しくてやってられんでしょ・・・

それこそ全国平均「27−173」に対してアンタ
多分オレ半分以下「13−113」くらいだよ・・・

って
真剣に思うから
オレは絶対やらないよね
うん
絶対やらない・・・

って 意味全くないじゃん・・・

いや
引きに自信のない人は絶対やらない方が賢明だと思う・・・

むしろ自信なくすだけだから
オレみたいに・・・

ってか・・・

とはいえ
これが全国的に普及すれば
真面目にラッシュ率コンテストとか
県大会 全国大会とかできるんだけどな・・・

完全に「引きだけ勝負」の

「第三の勝ち方への模索・・・」

  • 2009/10/21(水) 08:02:18

 はい、席ついて
授業始めるよ〜
いつも通り聞く気のない人は
さっさと出席簿に名前だけ書いたら出ていって構わないからね・・・

 さてと
前回
「高設定を確信したら、閉店まで1Gでも多くブン回すべきか?」
っつ〜事に関して考察してみたわけだけども
これって つまるところ
「スロって収束するの?」ってな事が
大きなバックボーンにあるって事に気が付いた・・・

なので本日のテーマ

「収束論と第三の勝ち方への模索」

以前書いた事があるけども
サイコロを60回振った時
1から6の出目は、均等に10回づつは出ないけども
6千回 6万回振った時は
1から6の出目は
ほぼ均等に6分の1で出るだろう
ってな事を書いた記憶があるんだけども
ではではそれは
回数にして何回目くらいから
数値は近似値を超えて
正確な数値と信頼できるようになるんだろ?

これをスロに置き換えて考えた時
はたして
何ゲームの
どの程度のBIG、REG確率から
その収束は起こるのか??
ってな感じだな・・・

いや
簡単に言っちゃうと
つまりオレの稼動スタイルは
夕方からがメインであって
基本ヨサゲな数値の台を打つよりも
基本 設定以下の数値の台を狙う事が多いわけで
それはつまり
確率が^焚爾梁罎
せめて(造砲靴燭蹐Δい っつ〜
「収束」を狙うスタイルなわけで
とはいえこれは
理屈も理論もなんら確証しているわけではなく
つまりは「オカルト」の域を出ないわけで
正解も間違いもないわけだな
いや
決して正解だから確実に勝てる
な〜んて呼べるスタイルじゃないわけだな・・・

これつまり
語れるだけの根拠がないからなわけだ・・・

 例えばスロで「確実」な勝ちを納められるスタイルっつ〜のは
 々眄瀋蠅鯊任
◆‥薫譱世ぁヾ待値プラスの台を打つ
この2つしかないわけだ
だよね?
でもさ
時代はもう平成だ
2000年問題からもう10年も経過した昨今
時代は第三のビールが主流の発泡酒
最近では第三のBIGなるものも出てきたエウレカ
第三の政党であった民主党が政権を獲った鳩山
そろそろ
第三の勝ちの方程式っつ〜のを
スロッターは模索しても良い時代じゃないのかな・・・
ゴト以外でね・・・

 スロッターの全てが朝から打てるわけじゃなく
いや
夕方から打つ人の方が圧倒的に多いと思われるスロット人口
みんながみんな「高設定」を打てるなんて事は当然なく
ホールへは行きました
でも
高設定に空き台がないから打たないで帰りました とかさ
天井狙いできる台がないから、ホールを変えました とかさ
みんながみんな
そんなこたぁ〜出来ないよ・・・
なのでここで一つの新しい
今までになかった
第三の勝ち方を提案したいわけだ
つまり
「収束論」だ・・・

いやスマン
話しが大きくなりすぎた・・・
別にそんな大層なもんじゃない・・・
でもさ
これが確立されたらさ
リーマンスロッターはだよ
今よりも少しは勝率を上げられると思わないか・・・
必ずしも
「ヨサゲ」な台だけを狙わなくてもよくないか・・・
いや
そんな「ヨサゲ」な台がなくても
天井期待値プラス台がなくても
夢膨らむような台を
楽しく打てるようにならないか・・・

つまり簡単に言っちゃうとだな
「低設定における
 ハマリ後や、確率以下の台の
 確率が収束する反動を狙う」事は可能か?
ってな事だ

でもこれはさ
ある程度はみんな知ってるんだよ
知って実践してる人もいるんだよ
つまり
「ポイント狙い」だったり
「上乗せ狙い」だったり
「そろそろ溜まってるんじゃね」狙いだったり
つまり
『必ずしも高設定じゃなくても
 コインの出るタイミングは狙える』わけだな
狙って勝ち額を上乗せしてる人はいるわけだな
でしょ

とはいえ
これは正確には収束論ではない・・・
どちらかと言えば
タイミングとか
解除とかの方が近いと思う・・・

だけど
っつ〜事はだよ
必ずしも
頭から不可能っ!って
切り飛ばす事はできないと思わない?
どう思う?
今はさすがに「オカルト」にしかすぎないけども
これは勝ち方へのスタイルとして
模索するだけの価値はないかね?

いや
とはいえだ
まずその前にだ
この「収束論」をだ
第三の「確実な」勝ちへの
稼働スタイルとして成立させるだけの
根拠のある数値化をする事は出来るのか?出来ないのか?
それから考察しなければならないだろう・・・


残念だけど
多分
無理・・・

つまり
「収束」をよみ切れって事でしょ・・・
絶対無理・・・

いや
その前にだ
「スロは1日レベルで本当に収束するのか」
ってな事から考察しなければならないし
この時点で
現状正解は出ていないわけで
つまり
これを真面目に実験、検証するとなると
本当に大学レベルの規模での研究が必要なわけで
それはつまり
オレの個人的なレベルでは無理なわけだ・・・

「第三の勝ちへの模索・・・」
誰かやってくれないかな・・・
いや
マジで・・・

「クラゲの生態」 とかさ
「電磁波における今後の可能性」 とかさ
「分子における移動のスシテム」 とかさ
そういう「オレ」には全く興味ない研究してるくらいならさ

「スロットにおける確立の収束を活かした低設定の勝ち方 及び
 高設定のヤメ時」っつ〜テーマで
誰か研究してほしいな・・・

でもさ
真面目にこれを研究してさ
確立させたらさ
真面目に第三の勝ち方にならないかな・・・
どう思う?

稼働スタイルにさ
大きな革命を起こさないかな・・・
どう思う??

いや
相変わらず考察だけで
何の答えも用意してなくてスマン
でも
可能性は
定義してみた・・・
それだけでも充分意義も意味もあるだろ・・・

あると思う人は押してよ・・・
    ↓
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

でもな
オレはこの立ち回り方法で
昨年の年間収支もプラスだし
今年も今のところはプラスだぜ
いや
お小遣いレベルの話しだけどね・・・

第一には
「まだ誰もやってないから 結構有利」って事
第二には
「夕方からの立ち回りしか出来ない
 リーマンスロッターにはとても便利」って事
第三に
「第三の勝ち方への模索は 絶対意義のある事だ」って事
第四に
「夕方にホールに行ってさ
 ヨサゲな台と
 設定以下の確率の台
 どっちが多いかって事」

まぁね
多分後25年くらいしたら
時代がオレに追いつくと思うんだけどね・・・
まぁ、今の段階では無理だよな・・・

生まれるのが少し早すぎたかな・・・

っていうか
スロ雑誌はさ
本当こういう試みをさ
新たな試みをさ
「スロにおける第三の勝ち方の模索術」 とかさ
「スロの全てを数値化する」 とかさ
連載しろっつ〜の
いや
この際スロ雑誌じゃなくてもいいや

「ディアゴスティーニ」でも
「学研」でも「角川」でもいいからさ
「テクノロジー・オブ・ザ・スロット」とか
「スロット・ユニバーシティー」とか
「スロットを広域に研究しその全容を検証する」とかさ
題名はまぁ、なんでもいいんだけど
新しい雑誌でも増刊しろっつ〜の

時間とお金くれるなら
いくらでも研究に協力するっつ〜の
身を粉にして手伝うっつ〜の
生涯をこの研究テーマに捧げるっつ〜の
捧げて
スロット会の野口英世って呼ばれてやるっつ〜の

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
    ↑
オレも協力するっつ〜人は
押しちゃう・・・

「問題・・・」

  • 2009/10/09(金) 08:27:32

 はい、こんにちはっ
久しぶりのスロリンコ大学の講義です
今日の考察は
とても意義のある内容だから
出来れば真面目に授業に参加してほしいけども
とはいえ
まぁ、興味のない人は
とっとと名前だけ書いたら出ていっちゃって構いません
先生やる気のない人に
授業聞いてもらいたいとは思いませんから・・・


 さてと
スロットをたしなむ人にとっては
永遠のテーマとも呼べる難問がいくつか存在するんだけども
単純に一言で言ってしまえば
「立ち回り」っつ〜事なんだけども
つまりは
「ヤメ時」っつ〜のはとても難しいよねっつ〜話し・・・

これにリンクする内容なんだけども

今日のテーマは

「打っている台で高設定を確信したら、1Gでも多くブン回すべきか?」
っつ〜議題について考察してみたいと思う・・・

いや
多分8割くらいの人は
「当然でしょっ!」って答える気がするんだけども
いやいや
それ自体の理屈も理論もわかってはいるんだけども・・・
つまりは
機械割りが100%以上の台は
理論上、回せば回すほどコインが増えるんだから
何をわけのわからん事を言っているんだい
ってなもんなんでしょうけども
はたしてそれって本当なのかな??
いや
オレの価値感を言わせてもらえばだけども

例えば麻雀の問題でこういうのがあるよね?
この手牌で、ドラは何で、これをツモりました
さてあなたなら何を切りますか?っつ〜問題・・・
これについては昔一度書いた事があるんだけども
おいおいと
何を切る以前に
今何局の何順目で、親は誰で、点棒状況はどうで
自分は何番で、今どんな手作りをしないといけない状況で
牌配はどうで、何をつもってこうなって、他の人の捨て牌はどうで
他家の状況はどうで
そういう細かいいろいろな事がわかんないと
単純に何切るもどうもこうもね〜んじゃね・・・
っつ〜のがオレの価値感なんだけども

ではではこれを踏まえて
上記
「打っている台で高設定を確信したら、1Gでも多くブン回すべきか?」
っつ〜設問に当てはめた時はどうなるかっつ〜と
おいおいと
それって問題として不備があるだろと
「打っている機種は何で?」
「今何回転してて?」
「今あるコインはどれくらいだい?」と
最低これくらいの事教えてもらわないと
一概に『打つべきだ』も『打たないべきだ』も語れないだろ・・・
ってね・・・

つまり
上記設問に
「当たり前田の当然じゃん」って答えた人に聞きたいわけだ

「設定Δ乃ヽ3笋蝪隠娃后鵑離好撻轡礇襯魯淵魯覆
 4000回転の時点で、約5000枚のコインが出てて、
 その時点の機会割りで約130%以上ありました。さて、あなたは閉店まで
 1Gでも多くブン回しますか?」っつ〜問題だ・・・
当然4000ゲームの時点で5000枚から出ているんだから
当然高設定は確信してるわな

打って当たり前って答えた人は
何て答えるんだろ??

つまり言い換えれば
「設定Δ乃ヽ3笋蠅109%の機種なのに
 4000G地点で、割りが130%以上ありました
 あなたは、4000Gから閉店までの割りは何%になると思いますか?」
注:ただし、閉店まで回せるゲーム数は、残り4000ゲームとする

っつ〜問題だ・・・


「そんな事は有り得ない」っつ〜文句は受け付けない
何故なら
「昨日オレがそういう事はありえるという事を、データと写真で証明してるから」
だ・・・

さてと
当然回すのが当たり前って答えた人は
当然割りは100%以上って答えるべきだよな・・・
残り4000ゲームもコインは増え続けると
そういう答えが出ないとダメだよな
でしょ
当然そうでしょ


もう一回言うけども
オレは本当にそうなのかな?
って思う
むしろ
100%では出ないだろ・・・ って思う
なので昨日はヤメた
止めて正解だった
何故か?
つまり
そこから先のゲーム数では
「より109%に近い数値になるようになる」
と思うからだ
つまり
「コインは飲まれる」と思うからだ

いやスマン
問題出しておいてあれなんだけども
オレも模範解答とか知らないんだけどね・・・
つまりは
問題ってよりは
考察してみようよ・・・ っつ〜話しなんだけども

みんなはどう思う?って聞きたいわけだ

でもね
この理論を展開していくと
つまりは
高設定を確信していても、理論値以上の枚数が出たら
そこから先は
理論値に近づく「収束」が起こるから
やめるべきだ
ってな答えが出る
つまり
「高設定を確信していても、「必ずしも」閉店まで
 1Gでも多くブン回す必要はない」ってな答えになる・・・

はい、上記ここまで読んで
オレの理論に反対の人??

コメントをください
いくらでもください
なんならメールでやりとりしてもいいから
できればわかり易く
それなりのデータを添付して
この考察に不備や間違いがある事を指摘してください・・・

何故なら
この考察を進めて進めて進めていくと
スロにおけるヤメ時っつ〜のが
自然と「数値として」出てくるから

つまり
オレも
この設問における正解がほしいわけだ

つまり
誰もどうなるかわからないわけだ

つまり
例えば
たまたま130%出てたからなのか
じゃ〜
120%だったら打つべきだったのか
115%だったら追っていたのか
まぁ、つまりは
オレもわからないわけだ・・・

とはいえ
ではでは、とりあえずだけども
「打っている台で高設定を確信したら、1Gでも多くブン回すべきか?」
ってな理論を展開している人がいた時は
最低でもお前
「打っている機種は何で?」
「今何回転してて?」
「今あるコインはどれくらいだい?」と
それくらいは語ってから論じてくれよ と
そういう突っ込みを入れてもいいかな・・・

多分割りにおける数値上のブレも
当然多いに存在すると思う
つまり
昨日書いたように
105%でも5000枚出る時は出るし
115%でも不発に終わる時は終わるし
ではでは
このブレっつ〜のは
はたして何%の範囲で起こるのか・・・
これってさ
結構大事じゃね・・・
つまりは
「ヤメ時」っつ〜のが
わかるわけだからな
「あっ、ここ先は飲まれるわっ」 とか
「もう少し追えるな」 とかね

基本オレのこのブログを読んでくれている人は
とても少ないんだけども
別にそれ自体は全然気にもしてないんだけども
さすがに今日の考察については
一人でも多くの人の意見を聞いてみたいもんですな・・・

っていうか
こういう事について
誰か他で理論を展開している人いないのかな・・・
雑誌でもいいからさ
「スロと科学」とか
「スロット学概論」とか
そういうの連載すればいいのに・・・
「ヤメ時を数値化する」とかさ・・・
ねっ・・・

今日の講義は一旦これで終了にしますけれども
気がむけば同じテーマで
もう一回二回考えてみたいし
気が向かなければ
二度としないし
まぁ、そんな感じである・・・

ちなみに
同じテーマをどっかで考察していたら
誰でもいいからさ
教えておくれよ・・・
お願い・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

いや
もしかしたら
こんな事考えてる人自体
いないのかもしれないな・・・

「スロリンコ大学・・・」

  • 2009/07/29(水) 09:10:44

「こんにちは
 スロリンコ大学
 沖スロ学部 スペハナ学科 オカルト研究室
 准教授のハナブサです・・・」

 えぇ〜我がスロリンコ大学では
ジャグ学部 萌え学部 エヴァ学部 RT学部 他
様々な学部があるんですが
まぁ、我が沖スロ学部の
特にスペハナ学科はですね
まぁ、入学希望者が極端に少ないわけなんですよ・・・
まぁ、マイナーな研究してますので
いいっちゃ〜いいんですけどね・・・

えぇ〜今回の研究テーマはですね
「スペハナの合算に関する考察」です・・・
なので
スペハナなんぞ興味ないわいっつ〜学生さんはですね
出席だけ取ったら
さっさと退出しちゃってかまいませんので・・・
もしくは
昼寝の時間にでも当ててください・・・
はいっ、別に先生怒りませんから・・・

メーカー発表数値
これくらいは、うちの研究生は頭に入ってるよね
これくらいは暗記してないと
さすがに単位はあげられないからね・・・

      BIG    REG    合算   機械割
設定1  1/327   1/546   1/204   95%
設定2  1/312   1/504   1/192   98%
設定3  1/297   1/468   1/182   100%
設定4  1/286   1/436   1/172   103%
設定5  1/276   1/409   1/165   106%
設定6  1/268   1/385   1/158   109%

ではこれを踏まえて

 まずはこれ見てください


今月の21日の
私が打ったサンプルです
BIG 253分の1
REG 318分の1
合算 141分の1
まぁ、BIGもREGも当然合算もΠ幣紊凌値を叩きだしてます。

投資7K350枚 獲得枚数は2994枚

メーカー発表だと1K50枚当りの平均回転数は39回
って事は
REG 27回×120枚=3240枚アウト
BIG 34回×312枚=10608枚アウト

13848枚のアウト÷50×39=10801回転分
10801−8597=2204回転分の勝ち
つまり
2204÷39=56.5Kの勝ち
これに投資分の7Kを引いて
49.5Kの勝ち
まぁ、数値上はこういう計算が出来るわけなんだけども
実際の勝ちは52.5Kなので
約3K分の150枚が理論値とは差が出てるっつ〜事だね

まぁ、難しく計算してみたけども
この日の機械割りを出してみると

「機械割=(総投入枚数+差枚数)÷総投入枚数」
この式はテストに出るぞ〜
(8597×3+2994−750)÷(8597×3)×100=108.700
って事は
まぁ、ほぼ理論値通り
Δ竜ヽ3笋蝪隠娃后鵑剖瓩た値が出ていると
そう言えるわけですね。

 はいっ、じゃ〜次のサンプル


これは前日20日の一番台のデータなんだけども
BIG 195分の1
REG 523分の1
合算 142分の1
BIGはΠ幣紂REGは,鉢△隆屐々膸擦廊Π幣
推定だけどΔ覆里な・・・
 
同じように計算していくよ
REG 16回×120枚=1920枚アウト
BIG 43回×312枚=13416枚アウト

15336枚のアウト÷50×39=11962回転分
11962−8374=3588回転分の勝ち
つまり
3588÷39=92Kの勝ち
4600枚・・・
まぁ、最初の投資がいくらかわからないから
なんとも言えないけども
仮に10K投資してたとしても82Kは勝ってるね
仮に20K投資してたとしても72Kは勝ってる計算だね
少し乱暴だけど
15K投資、4600枚勝ちと仮定して
機械割りを出してみると

(8374×3+4600−750)÷(8374×3)×100=115.325
115%以上だね・・・
スゴイね・・・
でも
絶対15Kも投資してないよね・・・

これはつまり
REGを引かなかったからBIGを引いたのかな?
BIGを引いたからREGを引かなかったのかな?
どうしてこういう事が起こるのかな・・・
でも「合算」だけでみたらΔ世茲
とても不思議な現象だよね
この台を
後8500回転打ったらどうなるんだろうね・・・
相変わらずBIGを引き続けるのかな?
それとも
REGを確立以上に引いて
帳尻合うのかな・・・

 はいっ、じゃ〜次のサンプル


これはスペハナイベ2日目の
22日の一番台のデータなんだけども
これまたすごい事が起きてるね・・・
BIG 322分の1
REG 239分の1
合算 137分の1
BIGは,鉢△隆屐REGはΔ鯊臧に振り切って 合算はΠ幣
いや
上の二つのサンプルよりも
合算はいいね・・・
これもやっぱり推定だけどΔ覆里な・・・
 
同じように計算していくよ
REG 39回×120枚=4680枚アウト
BIG 29回×312枚=9048枚アウト

13728枚のアウト÷50×39=10707回転分
10707−9336=1371回転分の勝ち
つまり
1371÷39=35Kの勝ち
投資がいくらかにもよるけど
1750枚浮いてるね
よかったね

少し乱暴だけど
投資5Kで機会割出してみると
(9336×3+1750−250)÷(9336×3)×100=105.35
設定ナ造粒笋蠅世・・・
っていうか
こんな台打ってたら
頭おかしくなっちゃうね・・・
打ってた人
勝ってるといいね・・・

これはつまり
REGを引いたからBIGが引けなかったのかな?
BIGが引けなかったからREGを引いたのかな?
どうしてこういう事が起こるのかな・・・
でも「合算」だけでみたらΔ世茲
とても不思議な現象だよね
この台を
後9000回転打ったらどうなるんだろうね・・・
相変わらずREGを引き続けるのかな?
それとも
BIGを確立以上に引いて
帳尻合うのかな・・・
試してみたいね・・・

 では
このサンプル2とサンプル3を足すとどうなるだろ・・・
17710回転 BIG72 REG55
BIG 246分の1
REG 322分の1
合算 139分の1
あら・・・
サンプル1にとても近い数値になったね・・・

 スロのBIGやREGの確率が
1日単位のレベルで収束する事はありえない
まぁ、よくそういう話しは聞くし
どちらかと言えば先生もそっち寄りの考え方なんだけども
それでもハッキリ言える事は
何しろ「合算」は大事だって事だね
つまり
BIGに偏ろうと
REGに偏ろうと
「偏り」はある
でも「合算」は重要
そういう事かな・・・

 でもさ
設定1でも327分の1のBIGを
終日322分の1で引くΔ箸ありえるか・・・
設定6でも385分の1のREGを
終日239分の1で引くとかありえるか・・・
はたして「合算」だけを頼りに
スペハナを打つのは正解なのだろうか・・・

 何より
どんな来かたをしていたのかわからないけども
サンプル2は
オレは途中で怖くなって打ち切れていないと思う
やはりどっかにREGがついてこない台は怖い
そういう感覚がある
また
BIGを引きすぎる台は怖い
そういう恐怖心がある
 
 とはいえ
まぁ、このサンプルは
とてもマレだし
めったにお目にかかる事はないけども
それでもたまに見かける
そんなサンプルだな

 みんなも是非
スペハナを打つ時は注意してほしいけども
まぁ、何しろだ
信用しない事が一番・・・
それがこいつと付き合う時の
一番の注意点かな
朝から終日
1台を打ち切れるのは
本当にマレだし
っていうか
Π娚阿脇颪靴い
Δ任盒賚するから
まぁ、1500枚以上出たら
いつでも止めるくらいの覚悟で望んだほうが賢明
まぁ、そういう事だね・・・

はいっ
それじゃ〜次回のテーマは
「スペハナの止め時」について考察します

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

相変わらず長くてスマンね・・・