「10YL・・・」

  • 2013/08/31(土) 07:30:45

特別弱っていた覚えはないんだけども
おそらく少し疲れていたのだろう
なので少し心の隙をつかれた
理由としてはその程度のもんなんだけども

気が付いた時には時すでに遅し
何故だかオレ 少しだけ涙目になっていた
我ながら少し驚いた・・・



父の運転する車には いつも母が助手席に座り
後部座席には兄姉と3人並んで座り いつも出掛けていた
あれから何年経ったんだろう

今では当たり前のように運転席にオレが座り
隣には嫁 後ろのシートにはこれまた当たり前のように3人のチビ達が座っている

あの記憶はたかが17〜18歳までの記憶で
あれからもう30年近くが経ったのに
思い出はとても鮮明にオレの心の中にある

10年以上前
オレの結婚式の時
何十年ぶりかで兄姉と3人だけで並んで撮った写真がある
「多分兄姉3人だけで撮る最後の写真だな」
そんな事を言った記憶があるけども
今のところ
あれ以来3人だけで撮った写真はない

そうだな
お互い嫁がいて 子供がいて 義父がいて 義母がいて
多分もうあの頃のように
当たり前のように家族5人だけで写真を撮る事はないのかもしれない

多分それは悪い事じゃないんだけども
最近少しボケてきた父を見ると
やはり少しだけさみしくなる

父も母もあんなに大きいと思ってたのに
もう何年も前にいろいろな物を抜いていたなんてな

あれからどれくらの時が経ったのかね

そしてこれからオレは
オレの子供達に抜かれていくんだろうね

10年は決して短い時ではないけども
気が付けばもう 
10年以上の時が優に過ぎているよ

きっとこれからも
もっともっとたくさんの時間が過ぎていくのだろうね

気が付けば10年が経ち 20年が経ち 30年が経ち
そして今からの10年を 20年を 30年を 生きていく

懐かしい思い出と共に
未来の夢や希望に思いを馳せて

誰もがそうであるように
ただ私に出来る事は
今まで以上にこれからの時間を一生懸命 大切に生きていく
そしてその時が来たら死ねばいい

突き詰めればただそれだけのもんだと思う



っていうか
相変わらずいきなり何を言っているのでしょうね

いやまぁ
相変わらずいきなりだけども

「後世に残した名曲100選」のお時間です

仕事中の車のラジオから
とても懐かしい歌が流れてきて
何気なく口さんでいたら
ふっと 涙がこぼれそうになった

あの頃10年後なんてとても想像なんてできなかったのに
気が付けば30年近くが経っていたよ・・・

オレは今まで頑張ってこれたかな・・・

そしてこれからもっと頑張れるかな・・・ 
いや
頑張らなくちゃな・・・

おそらくこれから何年経って
いつの時代に聞いても変わらず素敵な1曲だと思います




あの頃よりも
歳をとって始めて歌詩の意味の深さ重さを知り
あの頃よりも余計に好きになる とかね

やっぱ名曲は何年経っても色あせない
むしろ「名曲」の定義はそういう物なんだと思います

「一期一会・・・」

  • 2013/04/05(金) 07:32:28

頭では理解していても
それを実践するのはとても難しい

何故だか私の人生そ〜んな事だらけなんですけども
私が愚か者だからでしょうかね?
人一倍バカだからでしょうかね?
それともみんなも実は そんなもんだったりするんでしょうかね?

どうして人間っつ〜のはこう
頭で考えてる事と
心で感じた事と
身体がとる行動がここまでバラバラの生き物なんでしょうね

完全に生き物としてっつ〜か
創造物としてっつ〜か
限りなくコレ 失敗作だと思うのははたして私だけでしょうかね・・・



若い頃っていうのは
いろいろな事を勘違いしている事も多く
まぁ 私もいろいろな事を勘違いしておりまして
なんつ〜か
「こわいもんなし」
みたいなね
そんな時期ありますよね

「人生攻めにゃ〜」みたいな感じ

とはいえ今思えばこの「攻める」自体を間違って解釈していたと思うんですけども

必ずしもこの「攻める」姿勢でいれば
必ずしもこれ人として強いわけじゃないんですけども
何故だか人っつ〜のはこう往々にして
自分の事を強いと勘違いするフシがありますよね



強いと思ってる人はこれまた往々にして
結構傍若無人と言いますか
他人を顧みないと言いますか
我儘放題といいますか

他人を傷つける事に興味ないですよね

っていうか
基本自分さえよければ全ていいし
その為なら何しても許されると思ってるとこありますし

こういう事をキチンと教えて
人として大事な何かを気づかせてあげるのは
はたして親がするべき「躾」の領域なのか
はたして学校がする「教育」の領域なのか
それとも世間や社会がする大人の務めなのか
はなはだ疑問ですけども

それでもそういう「大事な事」
わからないまま大人になっちゃってる人 
世の中に結構大勢いますよね
誰の責任なんでしょうね

まさか「歳とればいつかは気が付くでしょ」とか
そういう無責任な事は言わないでくださいよ
人であるならば

っていうか
歳とってても全然わかってないで
平気で部下を傷つけたり
当たり前のように異性を傷つけたり
当然のように親兄弟 肉親を傷つけたり
感情の赴くままに行動し 発言し ふるまってる人いますよね

必ずしも「時間」が人を育てるわけではないようです
いえ
育つのに時間は必ず必要ですけども
時間があれば必ず育つわけではないって話しです

つまりは
世の中には相当な数の人間が
「時間を無駄にしてる」って話しです

気が付くか 気が付かないか
ただそれだけの話しなんですけども
気が付かない人はコレ
下手したら一生気が付かなまま終わる事もありますしね・・・

いや
時間さえ過ぎれば人間なんざぁ〜大概は育ちますけども
別段身体のデカサや乳のデカサだけをとって
ここでは「育つ」って言ってるわけじゃないですしね

いえ
そら〜育たないよりは育った方がいいと思いますよ
特に乳は・・・

さてと
そろそろ本題に入ります
(エッ〜)

昨年の11月に書いた
「後世に残したい名曲100選」でも似たようなテーマを取り上げましたけども

っていうか そうです
シリーズ「後世に残したい名曲100選」の時間です
えぇ 実はまだ続いております
忘れてたわけじゃありません

いえ
みなさんにはどうでもいいシリーズだと思いますけども・・・

あの時は確か
「自分だけが一番大事だと思ってる人は大人じゃない」
みたいな事を書いたと思うんですけども

人ってさ
大事な人がどれくらい周りにいるのか
それって結構人生を幸福に生きるっつ〜か
有意義に生きるっつ〜か
充実した時間をどれくらい どうやって過ごすかっつ〜
何気に結構大事なテーマだと思うんですけども
皆様はいかがお考えですか・・・


皆様の人生にはどれくらいそんな人がいるのか・・・

アッ 実は全く興味ないですけども はい・・・

でね
本当に大事なのはここからで
そんな大事に思っている人達に対して
あなたは日々どんな姿勢で臨んでおりますかっつ〜ね
まぁ そんなお話しなんですよ

父や母に対して
嫁に対して
子供に対して
祖父や祖母

友人 知人に対して
旧友や恩師に対して
異性 彼氏彼女に対して
同僚 上司や部下に対して



みなさんさ
昨日や今日や今までがそうであるからって
「明日も当たり前のようにまたやってくる」とか
「明日も普通に必ずまた会える」とか
そ〜んなふうに思ってるフシがありますよね・・・

万が一にも「これが永久の別れになるかも・・・」な〜んて夢にも思ってませんよね・・・

えぇ 私もです

でも世の中にはいくらでも不幸な事故は存在してて

学校の通学路の列に車が飛び込んだり
街中で無差別殺人に合ったり
電車が脱線したり
バスが壁に激突したり

ある朝いつも通りに普通に「いってきます」って言って出掛けただけなのに
二度と会えなくなるとかね
世の中にはそういう諸行無常がいくらでもある事を
我々は少しでも頭の片隅に入れておくべきなんですよ
違いますか

それは「死別」という形での別れではありませんけども
それでもたまに思い浮かべ
もう少し良い形で別れる事は出来なかったかな・・・
どうしてもう少し優しくしてあげられなかったんだろ・・・
そう思う日もありますし

いや
チビ達なんぞは下手したら
感情の赴くままに叱り飛ばし
夜寝た後に後悔するとか

あぁ〜 あの物言いは嫁さん傷付けたなとか
そんな日が結構あったりして
自分自身の不甲斐なさを結構反省する日もあったりしますかね・・・
この歳になって情けないですね

いや
逆に言えば「他人には」絶対そんな事しませんから
むしろ家族であるという事に甘えているのかもしれませんけども・・・

「一期一会」

とても素晴らしい価値観だと思うんですけども
いつもいつも他人様に対して
さすがにそこまでの感情を込めて
日々向き合えるかって言われたら難しいところもあるかと思うんですけども

それでもですね
なんつ〜かこう
他人様に対してですね
後悔しないように相対していければな・・・
いきたいな・・・
いかなければな・・・
そんな事を思います

何しろ万が一があって
大事な人に二度と会えないような事が起きたとして・・・

そしたらさ
どんなに後悔しても後悔しきれないし
それは拭い切れないほどの懺悔の念にかられるだろうし

いや
本質としてはそういう事じゃなく

「いつの日かとても大事な人がいなくなる日が来る」って事をだな

それをだな 我々は理解しておかなければならないって事だな・・・

大事な人がいなくなる・・・
とても辛いな・・・

でもさ
それがわかっていればさ
今という時間がどれだけ大切で
どれだけかけがえのない時間で
今を一緒にいられる事に対して
心から感謝して感謝して感謝して
そうしていろいろな物に接していけば
今の全てがとてもとても愛おしい物になると思うんだ

今生きていられる自分と
今生きてくれている相手と
そのすべてに感謝

まぁ そういう歌なのだと思う

いや
正直途中から何言ってるのかわからなくなってきたけども
まぁ ただ黙って1回この歌を聴いてみてくれ
本当に良い歌だからよ・・・

いや
悲しい歌だからよ・・・




聴いたらさ
今日は家で待ってくれている大事な誰かの為にさ
花でも買って帰ろうかな〜って
そう思えてくるだろ・・・

そう思う気持ちが人には大事だと思うし
それを気づかせてくれる歌だからさ・・・

オレは基本バカだからさ
そういう「感謝の気持ち」ですらスグに忘れちまうからさ
たまにこの歌を聴くんだよ

ってね・・・

「大人の資格・・・」

  • 2012/11/02(金) 07:29:54

超久しぶりなんですけども
「後世に残したい名曲100選」の時間です

あぁ〜 言われてみりゃ〜そんなシリーズあったあった・・・


そもそも毎年成人式になると言うとるんですが
人は20歳になったからっつって
大人になるわけではないんですよ

16歳でも大人は大人だし
35歳でもガキはガキですよ
でしょ

したら「大人」とは
どういう分類?
経験?
考え?
価値観?
をしたらなれるのか・・・
中々難しい
いや
面白いテーマですよね

わたし的な答えで言わせてもらえれば
ある経験に基づいた上で
ある一定の価値観を築けた人

大人としての資格を得られるんじゃないのかな
などと思っているんだけれども
したらそれは「どんな価値観」を築けたら大人ですか?
と問われても
明確に答えは出せそうにありません

スイマセン・・・

それでも    ですよ・・・

最低でもいくつかの資格が必要であり
その資格を得た部分から
人は徐々に大人になっていくんじゃないのかな

そう
あくまでも人の成長なんぞは「徐々に」であり
今日の明日でいきなり「大人」になっちまう成人式とか
まったくありえないでしょ

何20歳からって・・・

人は心も身体も精神も価値観も立場もなんもかんも
それは徐々に大人として成長していくものであり
いや
「人」として成長していくものであり
それにはやはり
沢山の経験が必要であり
それを受けて沢山の事を学び 考え 感じ
ある一定の基準以上が
自分の中で育った部分から
人は大人になっていく
私はそうだと思うんです
私は・・・



例えば
車や金や地位や名誉など
そういった物欲しか大事な物がない人は
きっと恐らく大人ではないと思います

つまりは「自分」や「他人」や「親」や「子供」や「友人」など
人間を大事に思えない人は
きっと恐らく「人として」
未成熟な者だと思います。

そして人の痛みを知り
悲しみを知り
喜びを知り
優しさを知り
満足を知り
そして「感謝」と言う物を知らない人はやっぱり子供だと思うんです

これがいわゆる経験に基づいた上で築ける価値観であり
つまりは「大事な人がいて その人への感謝を知る者」

必ず大人としての資格の一つであると
私は間違いないと思っているんですが
皆様はいかがお考えでしょうか・・・

逆に
大事な人が自分しかいなくて
人への感謝を知らない者は大人でしょうか
つまりはそういうお話しです

いえ
当然これは
「大人の資格」としての一つにしかすぎませんけどね・・・

つまりはまぁ
今日お届けしたい「後世に残したい名曲100選」は
つまりはまぁ そんな素敵な歌なんです

昔どこかで聞いた事がある人も多いと思うんですけども
こうしてまた改めて聞いてみると
あぁ〜やっぱいい歌は
いつ聞いても
何年経っても褪せる事なく名曲だわ・・・ と
思ってもらえると思います

それでは超久しぶりですけども
「後世に残したい名曲100選」の1曲です
とりあえず黙ってこの歌を聴いてみて
その詩の素晴らしさ 優しさ 慈しみを感じてみてくれ




簡単な事を難しく言う奴はただのバカであり
難しい事を難しく言う奴はただの凡人であり
つまりは
恥ずかしく (表現の)難しい事をここまで単純に
かつ真っ直ぐストレートに表現するとか
なんかもう人として尊敬する
オレには出来ない
いや
出来る出来ない以前に
そもそもそういう感性
オレは全く持ってないし
仮にあと20年生きて学んだとしても
身につく事は絶対ありえない才能だと思う・・・

好きな人に好きです と
そう伝える事のなんて難しい事か・・・

いや

やはりたま〜にいるんだよな
好きな人に好きって伝えるのなんて
全然難しい事じゃないじゃん って平気で言える人

オレにはとても眩しいわ・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

新シリーズ
「大人の資格」
今日からスタートです

世の中にはいくつの大人になる為の資格があり
君は 私は
今いくつの「大人の資格」を持っているのか

また暇な時にでも考察して記事にでもしてみます

忘れなければ・・・



っていうか
新しいシリーズ作ってる場合じゃなく
「学問のススメ」っつ〜シリーズもあるんだよな・・・

あるんだよ
そういうシリーズが・・・
一応・・・
まだ2回しか書いてないけど・・・

「出発の季節・・・」

  • 2012/03/20(火) 07:39:41

春を旅経ちの季節 とか
お別れの季節 卒業の季節 などと言いますが
なんつ〜かこう そういう言い回しって
なんかこう「悲しい」とか
「寂しい」とか
「涙」を連想させるイメージがあるからイヤだ・・・

なのでオレはな
もう少しこう明るい感じ
希望を胸に秘め 未来へ進んでいく感じ
どんな出会いと冒険が待ってるんだろ

「オスッ オラ 悟空 
 なんか胸がワクワクするだっ」

みたいな感じを込めて
「出発の季節」こそが相応しいのではないか などと
ヒッソリ コッソリ思っているのですが
そんな事はまぁ
どうでもいいですね・・・

我が家でも幼稚園に通っていた次女が小学校へ
保育園へ通っていた坊主が幼稚園へ行く事になります

えぇ
やはりこうしてみんながいろいろと
様々な方向へ出発して行くのだと思います

ある人はそれを成長などと呼んだりいたしますが
何もその成長は
人にだけあてはめて使う言葉ではなく
おそらく我が家もまた
家族が家族として成長していく時期なのだと思います・・・

ってか
やっぱなんか寂しいですね・・・

ある日突然
「今日から一人で寝るね」と告げられる日が来て

やはりある日突然
「今日からお風呂は一人で入る」と告げられる日が来て

やはりある日突然
「紹介したい人がいるの」な〜んて言われるんでしょうね・・・

ってか
お前等・・・

もう少し今のままでいていいぞっ・・・

いや

人として
いや 親として
成長を受け入れないわけにはいきませんよね・・・
えぇ わかってます
わかってます・・・

我が子の成長は嬉しくもあり
寂しくもあるとか
この歳になって初めて理解できましたよ・・・

いえ
もしかしたら親の私が一番
成長出来てないのかもしれませんね・・・

あぁ〜
なんか泣けてきた・・・

あと何回
我が子とお花見ができ
一緒の布団で寝る事ができ
頭と身体を洗ってやり
洋服を買ってやれるのでしょうね

なんだかんだ言って
まだまだ先 とか思ってても
なんだかんだで「アッ」と言う間なんでしょうね・・・

あっ・・・
こんな家族の話しを書きたかったわけじゃないんですよ

ってか
そんなですね
成長していく家族と
この春に出発して行く人々にですね
まぁ そら〜これからの人生
どう考えても辛い方が多いわけで
悲しい事の方がが断然多いわけで
それでもまぁ 休んでも立ち止まってもいいからですね
まぁ また時期がきて
少し元気が出たらまた
また歩を進めていかないとね・・・ っつ〜ね
まぁ そんな人生を頑張って歩んで行く歌をですね
贈りたいと思いまして・・・

相変わらず久しぶりですが
「後生に残したい名曲100選」の1曲です

まぁまぁ この方の
数ある名曲の中からこんな歌を選んでみました

いつまでもさ
隣で手をつないでいてあげるわけにもいかないし
後ろで見守っていてあげる事も出来ないし
なのでさ
苦しくても自分で歯を食いしばって
頑張って前を向いてゆっくりでも
着実に歩いていってほしいな〜って思います

頑張れ〜我が子

頑張れ〜みんな

そんな願いを込めて贈ります



っつ〜か
君達が悲しみに立ち向かう時
いつまでも君達の隣にパパがいるわけにもいかず

いや
君達が人生を長きに渡りに一緒に歩んでいく人は
君達が自分で見つけて選んだパートナーであり
いつの日かもはや
親としての役目が終わる日が来る事も
私は覚悟しているわけで
そんな日がきたらキチンと受け止めて
キチンと受け入れる準備は出来ているんですよ
えぇ 出来ているんですよ

えぇ
親としての役目が終わる日・・・

永遠に来ないでほしいです・・・

ってわけにいきませんね・・・
えぇ いきませんね



一言いいですか・・・



親を舐めるなよっ!

君らのパパを舐めたらいかんぜよっ!

生んでくれたママに感謝せんかいっ!

ってかうるさいので
1日も早く出ていってください

結婚でもなんでもして
どこにでも好きなとこに行っちゃってください

さっさと早く大人にでもなんでもなっちゃってください

一人で大きくなったような
生意気な顔すればいいと思うよ

あぁ そう思うとも


短いスカートでもなんでもはいて
カラコンでも茶髪でもすればいいと思うよ

ヘソピーでも刺青でもすればいいと思うよ

親 ウザッ とか言えばいいと思うよ




ハンッ
所詮はただの精子のくせに・・・

ってか・・・
















でも・・・

パパ
少しだけ寂しん坊だから・・・

「過去の天才は今の時代でも通用するものなのか・・・」

  • 2012/02/20(月) 07:32:14

例えばイチローが
あと何年後かに全然打てなくなって終わりを迎える頃
「イチローも終わったな」などと人々は
蔑みあざ笑うのだろうか・・・

例えばあれだけ活躍し
日本サッカー界に貢献した中村俊輔氏の今の
日本国民の評価はどのようなものだろう・・・

いや
彼らは別に
ただ選手としてのピークが終わった時に
その終わりを世間がどう評価するのか に過ぎないか

とはいえよ
この国の軽薄な国民達は
何故か過去にどんだけ素晴らしい功績 実績があったとしても
何故か終わる時のピークを過ぎた姿が全て みたいな感じで
その人の全てを語ろうとするところあっからな

清原とか野茂とかさ・・・

例えばかつて一世を風靡し
時代の寵児などと呼ばれたほりえもんは・・・

いや
この人は結局
今はただの「犯罪者」としての評価
いわく「騙された」とか
いわく「口だけだった」とか
いわく「結局損した」とか
そんな風に言う人の方が圧倒的に多いか・・・

そろそろ本題に入ろうか

今どんなに下らない人生を歩み
才能は枯渇し
実力がなくなり
なんなら罪を犯し
つまりは時代においてけぼりにされたとしても
それは「今の姿」にすぎないだけで
だからと言ってその人が
過去に残した功績や実績や歌や曲の全てまでが
今と同様にダメなものになるわけではない

にも関わらず
何故にみんなそんなに上から目線なのかよくわかない・・・

ただの素人の一般人レベルが・・・

いや
確かにね
確かに過ちを犯したかもしれない
とはいえ
その過ちがその人の全てではないし
だからといって過去に評価された全ての物までが
ダメな物になるわけではないし
ってか
過ちは誰でも犯すしね・・・

いや
本音を言えば
そら〜今の姿(?)
今の楽曲(?)
今の才能(?)
力(?)を評価する気には更々なれない

だからと言って

「ってか 何がよかったのか 
 今では全然ちっともよくわからないわ」

と言う気には全くなれないし
それを「今だから」とか
「あぁいう事があったから」とか言う理由で
言ったらいけないとオレは思う

いや

別に言ってもいいけど
そういう事言ってる人は
オレ的には恥ずかしいくらい「軽薄」で「尻軽」だな〜と思う

なのであれだけ重宝され
エイヤエイヤ そこまでか・・・ レベルで持ち上げてたくせに
黒い交際を理由にイザ事務所を解雇されたりしたら
コロッと手の平返したように悪く言う
言われるようになってしまう業界なんぞは
なんとも軽薄で尻軽で太鼓持ちで
なんとも身勝手なご都合主義が全てだったりするのでしょうね
などと思ってしまう

昨日までの友人を
今日は悪く言うのとか本当やめようや・・・

大好きで結婚したはずなのに
離婚する時は罵りあいとかさ
本当マジやめようよ・・・

昨日までエイエイ ヤイヤイ持ち上げてたのに
ミスして降格になった元上司
途端に文句言うとかさ
人としてのプライド疑うわ

ってか
醜いよ醜い
心の中が・・・
人として・・・

さてと
そろそろ本題に入ろうか・・・

いや もう少し引っ張るか・・・

例えば過去に犯罪を犯した人々も
何故か不思議と「大麻」や「覚醒剤」などの
薬方面だとなんでだか許されちゃうところがあったりするから不思議でしょうがない・・・

むしろ閃き方の「芸術家」っぽく捉えちゃったりするフシあるから叶わない

実際は同じ犯罪者なんだけどな・・・

とはいえ別に
犯罪者だろうと犯罪者じゃなかろうと
オレは尾崎某もマッキー某も大好きだけどな・・・

つまりはよ
本来はそういう事と実力的な物は
全く別物として評価するべきだと思うんだけどな

あと
さっさと死んじゃっておくと
もはや「伝説」の仲間入りになるところもある

とはいえ
こればっかりはな・・・

とはいえ
ほりえもんだってな
タイミングよくとっとと死んでおけば
今では絶対伝説の仲間入りしてたはずだしな

まぁ 死に方にもよるけどな・・・

まぁ 普通にまだ生きてるしな・・・

いや
当然それを望んでいるわけではないんだけども
結局は当時の絶頂時にでも
万が一逝ってれば
まぁ 間違いなくレジェンドだったしな・・・

さてと
そろそろ頃合か・・・

久しぶりすぎて我ながら驚いてるんですけども
超久しぶりですが
「後世に残した名曲100選」のお時間です・・・

えぇ 別に打ち切りになったわけではありません・・・

忘れてただけ・・・

とりあえず
だ・・・

当時本当〜〜〜によく聞いてたし
大好きだったし
むしろスゲ〜と
超格好いいと
いい歌すぎると

もう今風に言えば「神」と
本当にそんな感じの人だし
グループだったんですよ

なのでさ
本当ね
「今だから」とか
「あぁいう事があったから」とかいうだけで
本当この頃のこの人の楽曲にまで文句垂れるのとか
本気で止めて欲しいわ〜〜って

ってか当時
今どんだけ悪く言ってる奴等も絶対
いやほぼ必ずや
なんかかんかでは絶対1回は
1曲は
「オッ スゲ〜いい歌」って評価
絶対してっから
絶対だ
間違いない

今のAAAの楽曲とか
あれ奴
全然本気出してね〜から
ってか多分片手間
多分そんな感じだから・・・

いや・・・

きっともう枯れてしまったのでしょうね・・・

寂しいな・・・

それでは前置きかなり長くなりましたけども
そろそろ1曲
どうぞ・・・

数ある名曲の中から
こんな歌をチョイスしてみました



とはいえ
せっかくなのでもう1曲

やはり私の大好きな1曲です



どうやら
ようやく復活してくれるらしいと耳にしたものですから
つい嬉しくて・・・

「sing a song ・・・」

  • 2011/12/22(木) 07:34:12

普段なら120% 完全無欠に猛ダッシュでスルーなんだがな・・・

今年はアレだよ
「後世に残したい名曲100選」とかさ
面倒なシリーズ(気紛れで)書いたりしちゃってるし
なのでさ
まぁ スルーするわけにもいくまいよ
2011年のこの国の音楽シーン
2011年のランキングも出た事だしな・・・

ってか
ランキングが出たから書くんだけどな・・・

っていうか
この国の音楽 大丈夫か?

いや
それを支えてる若者の感性 大丈夫か?

ってかあれか
オレが思ってる以上に最近の若者
センスないのか?

いや
アイドルは基本オレも好きだ
でもそれはアイドルが好きなわけで
アイドルの歌う歌が好きなわけではない

っていうか
彼ら 彼女らの存在と
彼ら 彼女らの歌う歌と
基本普段「良い」と思って聴く歌や音楽は
オレの中ではマンガと小説くらい違う物だと区別している

いや
アイドルの歌も聴くし
嫌いなわけでもないし
認めていないわけでもない

ただそれは
日々垂れ流しで 
消費されるだけの存在にすぎないトイレの水か
飲料水のミネラルウォーターくらいに違う物だと区別しているだけにすぎない

どっちにも「良い部分」はあるし
どっちにも「悪い部分」はあるし

当然必要な場面はあるし
当然不必要な場面もあるし

それは 自分がどの位置に立って考えるのかで大きく違ってくるし
その立ち位置自体は
まぁ 各人が各々勝手に決めてればよい事だし
なのでまぁ
特別どっちも文句を言う気もなければ
言う資格もない

とはいえ・・・

いや

何が変かって言っても
「売れた歌=良い歌=スゴイ歌」みたいな捉え方
これいい加減やめてほしい

特にこの国の民に大きな影響を与えるマスコミ各社はやめてほしい

かつ
その「歌い手さん=スゴイ」 みたいな騒ぎ方もやめてほしい

スゴイのはそれを作り 売り出した事務所であって
別にアイドルがスゴイわけではない

いや

そもそもオレが言いたいのはこんな事ではなくて

脚光を浴びないし 売れないし 目立たないし 人気ないし
そういう歌やアーティストの中にも
「売れただけ」の無能よりも
よっぽど「本物」はあると言う事を
世間はもっと知るべきだと思う

騒いでるからスゲ〜 とか
売れてるからスゲ〜 とか
テレビに出ずっぱりだからスゲ〜 とか
そういうのを
マスコミや世間が言ってるから じゃなく
自分で見聞し
自分の価値観で判断するべきだと思う

いや

そもそもが
そういう「本物」は
そもそもがウケナイし 売れないし 儲からないし 視聴率取れないし
なのでテレビでは取り上げないし
マスコミでも騒がない

つまりは
この国の芸能関係やマスコミ関係っつ〜のは
つまりはそういう体質なのである

都合の悪い事は見せないし
都合の良いように編集するし


そういう体質に乗せられて
金を搾取されると・・・

別にいいんだけどさ・・・

とはいえな
この国で今年売れた歌のトップ10があれじゃ〜よ
なんとも悲しくも感じてしまうわな

いや
売れたのはいいさ
まぁ 事務所がスゲ〜実力あんだろうし
それだけ力入れたんだろうし

とはいえよ
本気であの10曲は
「今年この国でそれだけの実力があった10曲なのか?」
と問われれば・・・

オレは異国に住む友人に
この10曲がこの国で今年一番売れた10曲ですと
胸はって答えるのは恥ずかしく出来ないかな と・・・

いやまぁな
そもそも「売れただけ」の10曲であって
カラオケで歌われた歌や
有線でかかたった歌
リクエストのあった歌や
ダウンロードされた歌は
必ずしもこの10曲じゃないんだけども・・・

つまりはよ
まぁ 何が
どんな歌が
どんな人が
この国で今年一番すごかった歌なのか・・・

な〜んて事はね
決める事は出来ないってお話しだよ

いや
各々が勝手に決めればいいってだけのお話しだよ
って思います

とはいえ・・・

せっかくなので
オレの中の今年1番の歌でも・・・

ちなみに「後世に残したい名曲100選」とは
全く違う基準で選んでおりますので・・・

ってかまぁ 
いろんな意味でこの歌スゲ〜と
現代風に言わせてもらえば「マジこの歌 神」と
まぁ そう思いました

まぁな
残念な事に
生涯で8回も聞けば充分な歌だけどな・・・



いや
13回くらいは・・・

「今年のトリに最も相応しい曲・・・」

  • 2011/12/07(水) 07:33:01

そういえばこの頃
晦日の歌番組の出演者の発表がありましたけども

なんつ〜かこう 一昔前はですね
視聴率60%とか70%とかで
国民の大半は見てる みたいな感じだったんですけども
まぁ いつまでもこの国の国民が
みんなして同じ方向向いて
みんなして同じ価値観とか
まぁ ありえない時代なので
まぁ 当然のように視聴率なんか落ち放題で
ここ最近はなんとか紅白離れを防ごうとか言っちゃって
ここ最近はなんともまぁ
ただの



媚びた





歌番組作ってらっしゃるこって

ケッ くだらね〜

ってか
あの歌番組の最後に歌う人は
「トリ」なんて言われたりしたりして
それなりにステイタスがあったりするらしいんですけども
あのトリっつ〜奴は
一体全体どこのどなたさんが決めてる事なんだろうね・・・

っていうか
今年の紅白に最も相応しいトリの1曲

元気が出るような応援ソングなのか
はたまた
一つになろう チックな感動的な歌なのか
いやいや
全体的なテーマはそれで行くけども
やっぱ「トリ」だけは
それとこれは別だから
なのでまぁ やっぱトリだけは
大物で「らしい」大御所に勤めてもらう方向か

まぁ オレ的には基本どこの誰が演っても興味ないんですけども・・・

う〜ん そうですね
今年のサプライズゲストはこの方 
なんつってですね
紳助当たりがですね
ヒョコッと出てきてですね
仁義亡き戦いっつ〜893のテーマでも歌ってくれたらですね
「紅白 やるなっ!」っつんで
心から見直すんですけども・・・

攻めすぎ・・・

190% ないですね・・・

ってか
もしもこのオレが ですね
真面目に今年の紅白のトリを決める事が出来たなら
決めてもよいのなら
まぁ 今年はこの歌しかね〜だろ・・・
まぁ そんな今年に相応しい1曲です


例えばファン とか 好き とか言う言葉があるけども
そんな安っぽい言葉だけでは語りつくせないくらい大好きで
なんつ〜かこう
もう「大好きを越えた存在」とか
「私の全て」みたいな表現を使ったり
今風な言い方をすれば「リスペクト」チックな感じなんでしょうか・・・
つまりはまぁ
「好き」よりも「大事」な存在ですかね

恋多き乙女のオレは
この世にそんな人達が20人くらいいるわけなんですけども
まぁ 歌部門における5人くらいいる人達の1人です

っていうか
おそらく大半の人は
今の若者の大半がそうであるように
実はテーマも何もないくせに
ただただ目立ちたいだけで
ただただ目立つ格好しちゃって
いわゆる一つの
「奇抜なファッション」や
「奇抜な発言」
中には「そういう感じっぽいキャラ」
なんかを演じたりしたりしてますが

まぁ そういう感じのアーティスト 
みたいにね
まぁ 大概の人は思ってたりするんだろうな・・・

いや

おそらく本人自体は
本気で世間からどう思われてるとか 全く興味もなく
売れたい とか
金稼ぎたい とか
テレビに出たい とか
名をあげたい とか
そういう属っぽい事は本当どうでもよくて
本当心の底から
ただただ演やりたい事
面白い事
伝えたい事
そういう事を歌っていただけで
それが世間に受け入れられるとか
理解されたいとか
本当どうでもよくて
ってか
わかんなきゃ〜わかんないでも全然構わなくて
ってか
本気で好きな歌を好きなように歌っていただけで

なのでね
テレビとかラジオに相手されないとか
放送されないとか
いや
世間の大人達にも理解されないとか
でも そんな事 本当もうどうでもよくて
なんつ〜かな

まぁ いいや・・・

オレごときがいくら語ってもむしろ失礼だし
そもそも理解してほしい とも思ってないだろうから
だからもういいや・・・

うん
語るだけむしろ失礼だな
オレごときが・・・

それでもな
もう何十年も前にこういう歌を作り歌い
それこそマスコミから相手にされなくても全然平気で
それこそそんな事よりも大事な
自分の思想や価値観を歌う事を優先し

当然当時のオレごときでは
いや
世の中の大半の人間が
その中身もテーマも
それがどれだけ大事な事だったのか
当たり前のように全く理解する事ができず
やっぱりただただ目立ちたいだけね
な〜んて思ってただけなんだろうな・・・



今年

ああいう事が起こる

と・・・

天国からどんな思いで今のこの国を見下ろしているかね・・・

中には
「なっ オレの言った通りになったろ」
「ザマ〜みろ」
そう言ってると言う人もいるけども

絶対そんな事はなく
むしろこの惨状を嘆き悲しみ
それこそ一番に手をあげて復興ライブとかやって
応援ソングを大きな声で歌ってくれているとオレは思うかな

本当の意味で
「後世に残したい名曲100選」です
とりあえず黙って聞いて
この歌の持つ意味を
じっくりゆっくり噛み締めてみてくれ



っていうか
この絶対ブレないし
媚びないし
自分を貫いてるし
いや
そんな面倒な話しじゃなく
ただただ演りたい事をやりたいように
自分の好きなように 自分の好きな歌を歌っているだけ
ただそれだけのお話しですね

売れたい とか
金稼ぎたい とか
有名になりたい とか
そういうね
つまんない事には
一切興味なかったんだと思います

格好いいな・・・

本当マジ格好いいわ・・・

紅白みたいな媚びた歌番組の対極ですね


これだけでは寂しいので
もう1曲
とても大好きな歌です

ってか
先回はお父さんの歌だったので
今回はお母さんの歌です

ってか
亡き母への想いを綴った歌だと思って聞いてみると
これまたとても素晴らしい歌ですね



これからこの国に
こういう人が出てくる事は決してないでしょうね・・・

もうこの国には
「本物」は生まれてこないんですよ・・・
ギター1本とハーモニカ
それで僕は充分感動できるんですけども

時代はね
VOCALOIDとか言いましたっけ・・・
もはやバーチャルが主流なんですよ
本物も実態もなんもかんも
今のこの国にはありゃ〜しないし
必要もない時代なんですよ

中々面白い 
けど笑えないジョークみたいな時代ですね・・・

「本物と本質と表現と2・・・」

  • 2011/12/03(土) 07:39:31

どこまで話したんだっけ
表現の方法 当たりだっけ

まぁ いいや
気が向いたら適当に
少し前の記事でも読み返してみてよ・・・

「本物と本質と表現と・・・」(H23年11月25日)



「伝えたい事をどういう形で表現するのか」
もしくは
「自分の中の何かを どうやって形にするのか」

つまりはさ
属に言うアーティストの精神ってこれだと思うんだよね
音楽も文学も絵画も踊りも造形も
つまりはそういう事だと思うのね

ある人は
それがたまたま音楽であった
ある人は それがたまたま絵であった
ある人は それがたまたまダンスであった
やりたい事が
自分の好きな事が たまたまそれであった・・・
それがスタートだと思うのね
基本はね

でもさ
実は本当に大事な事っつ〜のはさ
その「伝えたい事」「内容」であって
あくまでも「手段」つ〜のは
二の次であるはず と思うんだよね

つまりは手段に拘るんじゃなく
「何を伝えたいのか」大事なのはこれじゃね〜の っていうお話しね

にも関わらず
最近の音楽ってさ
まぁ〜姿形にばっかり拘っちゃって
大事な中身が全くついていってないと思わない
もうブレブレよ ブレブレ

いや
聞いてる方もさ
何が一番大事かっつ〜と
もうさ
容姿 とか
見た目 とか
キャラ とかに重点がおかれちゃって
「音楽」そのものなんて
これっぽっちも大事だと思ってないし
望んでないよね
誰も

だからこの国の音楽シーンはさ
アイドルしか必要じゃなくなっちゃたんだよ・・・

だから
アイドルしか売れないし
アイドルしか売りこもうとしないし
アイドル以外の音楽なんて
注目もされなくなっちゃったんだよ

業界も我々も

いや
アイドル自体はオレも好きだし
アイドル自体がいけないわけでもないんだけども
今の日本ってさ
もうさ
歌や音楽=アイドルじゃん

ちげ〜じゃん
全然ちげ〜じゃん
容姿や見た目やキャラやグループなんつ〜のは
音楽を語るうえでは全くの二の次じゃん
でもさ
売れてるっつ〜だけで
音楽性までもが素晴らしい とかさ
そういう風潮だよね
今のこの国

いや
一昔前はさ
アイドルは歌なんか下手でよかったんだよ
所詮は見た目の「可愛らしさ」だけがが重要だったんだから
けどさ
いつの頃からか
歌も上手じゃなくちゃいけなくなって
これがまたさ
ただ歌が上手なだけなんだけど
その人の歌までが素晴らしい みたいに勘違いし始めちゃったんだよね
この国

「所詮は歌わされてるだけのくせに・・・」

言い過ぎか・・・?

とはいえよ
振り付けも含めて
別にオメ〜じゃなくてもいいし
「可愛い人形」で充分だし

ってか
売れてる理由自体が「それだけ」の話しだし

でも
本当の「歌」や「音楽」のありようとしては
あくまでも素晴らしいのは歌や音楽であって
アイドルじゃないし

ましてや「売れる」為に
オマケつけて
そのオマケ欲しさに一人に何十枚も買わせるとか
もうさ
「歌や音楽」じゃないよね
扱ってるのが

「銭」
「金」
「儲かれば何でも有り」
「その為なら手段を選ばず」
まぁ 最低乳首は出さないけどね・・・ 
レベルのお話しかね・・・

いや
それはそれで全然いいんだわ

とはいえ
それならそれで
そういう世界だけで語ればいいものを
奴等さ
自分らのさ
「音楽」とか「歌」までもが素晴らしい みたいな顔しやがるじゃん
でさ
世間の人間がまた
これまた明らかに「そうだ」とか思ってるじゃん

つまりはそれがおかしいと
私は言いたいわけなんですよ・・・


AKBは素晴らしいと思いますよ
それこそ世間のそこいらの大人達よりもよっぽど努力して頑張ってるし
かつ
才能のある人達集まってるし
また それを切磋琢磨させるシステムも素晴らしいと思うし
なので別に
AKBの歌が売れるのもわかるし
人気があるのも理解出来るんですよ

ただ私が言いたいのは
彼女達の歌う歌が
彼女達と同じくらい素晴らしいですか?と言う事なんですよ
いや
音楽として
「音楽」そのものとして
本当の意味で
当然と言えるような評価なんですか?

いえ
「売れた枚数=音楽的評価」なんですか

いえ
作り手が悪いとか言う気もありません
むしろスゲ〜才能の方だと思うし
美空ひばりさんに提供した歌なんて
本当もう名曲中の名曲だと思いますし
大好きな歌の1曲です

でも
本当に
出す歌出す歌これ全て
真面目に音楽的な価値として
あそこまで高い評価をされるだけの歌ですか?

ほいじゃ〜そもそも
歌とか音楽の価値って何ですか?

いや
歌とか音楽の価値は何で決まるんですか?
売れた枚数ですか?
歌ってる人の人気ですか?

ってか
もしかしてまた持ち時間オーバーな感じですか・・・

えっ
発表は一人10分・・・
そうですか・・・

あいすみません・・・


という事で
な〜んか無駄に話し長くなっちゃいましたけど
まぁ あれですよ
あくまでも
私の個人的な見解なので
なのでまぁ あんまり気にしないでください・・・

という事で
「後世に残したい名曲100選」です

本当格好いい音で
本当格好いい人が
最近の軟弱で格好だけの音楽シーンではめっきり見られなくなった
本当に「硬派」な感じで歌っております

こういうの聞いた後に
本当最近の音楽とか聴く気が全く起きないのは
はたして私だけなのでありましょうかね・・・

っていうか
最近のあれ
あれって本当に「音楽」なんですかね・・・

あっ 言いすぎですね・・・



お父さんの靴の歌

ってか
テーマがもうすごいよね

でも本当この頃の音や音楽は格好いいと思う

格好いいっつ〜のは
何も見た目や外観の作りじゃ〜ないんだけども
それわかんない人
本当最近多いからヤになっちゃうよ・・・

「本物と本質と表現と・・・」

  • 2011/11/25(金) 07:34:23

「少し静かな曲が続いたから この辺で
 賑やかなの少し演やろうかな」
な〜んてね
MCをね
チャックなら言ってるよね きっと・・・

ってかチャックって誰だよ・・・

確かにオレは綺麗で 美しくて 優しくて
そんな癒し系音楽が好きだけども
実はオレ
それとおんなじくらい
実はうるさい奴好きだし
おんなじくらいクラシックとかも好きだったりする

っつ〜事で
行ってみようか

の その前に・・・

極めて遺憾ではあるんだけども
基本的にこの国の皆様は
「ロック」と「ロックンロール」を同じ物として扱ってたりするけども
実は極めて違う物なので
その辺勘違いしてる人は気をつけるように・・・

とはいえよ
そもそもそういうのを同義として発信してるのがさ
もうさ
大衆に大々的に影響を与えるマスコミとかだったりするから性質が悪いよね

奴等が音楽で区別出来るのはさ
せいぜいがロックとポッポスとクラシックと
演歌とアイドルと動揺の6つくらいでさ
わかりもしない奴がさ
「う〜ん やっぱボジョレーは最高だよね」
レベルに語るのと一緒でさ
オレにはとんだ大間抜けにしか見えね〜やね

っつ〜かね

奴等にとって一番大事な事は
「売れるか売れないか」だけであり
視聴率が取れるか取れないかだけであり
そもそもが音楽のジャンルなんてさ
どうでもいいとしか思ってないんだよね

恐らくだけども
「音楽」そのものを
どんだけ本気で大事に 大切に思ってるかだけならよ
恐らくはその辺の素人さんの方が
よっぽど「音楽」そのものを大切に扱ってると思うかな・・・
オレも含めて

奴等にとって一番大事なのは
何しろ
売れて 視聴率取れる「歌い手」さんだけだからね・・・

でだ
この商業主義第一の
お金儲け第一主義の考え方が
そもそもこの国に「本物」がなくなった原因だとオレは思っているんだよね

っつ〜のもさ
そもそも「本物」を作るのは時間かかるし手間かかるし
効率よくないし
の割りにゃ〜儲け少ないし
そら〜ちゃっちゃっと手軽に適当なもん作って
の割りにゃ〜儲かる方がいいもんな
誰でもな

とはいえこれって
何も「音楽」だけの話しじゃなく
あらゆる所でもう
この国から「本物」は減ってるわな・・・

いや
のわりにゃ〜「ブランド」っつ〜だけで
その価値もわかりりゃ〜しね〜のに食いつく奴もいるからな
まぁ やっぱどっちもどっちだな

本物っつ〜だけで
その価値もわからね〜で群がる輩に
儲かるし効率良いっつ〜理由で
適当なもんをバンバン売り出す輩

この勝負
う〜ん・・・ 
ドロ〜!


とはいえな
ぶっちゃけオレも
ゆうてもそ〜んなに音楽のジャンルを細かく分ける気もないし
所詮は「便宜上」住み分けしてるだけの事だし
本音どうでもいいんだよね・・・
ロックだろうとロックンロールだろうとポッポスだろうとシャソンだろうと
そんな事はこの際 本当どうでもいいんだよね

一応は様々な事に「定義」みたいなもんはあるんらしいんだけども
ぶっちゃけ んなこたぁ〜どうだっていいじゃない
ようは良いか悪いか
美味しいか不味いか
面白いかつまんないか
大事なのって 所詮はそれだけのお話しであって
「定義」とか「決まり」とかさ
そういうのはさ
何より見栄えを大事にしてる人達に任せておくよ

大事なのは中身だってわかんない人達に・・・

とはいえだ

人が何かを表現しようとした時に
何を用いて どのような方法でそれを表現しますかっつ〜ね
つまりはその自己表現の方法に
ダンスや絵や彫刻や文章や演劇や音楽があって
自分はどれを選びますか
自分には何が向いてますか
何ならより正直に
一番自分らしく自分を表現できますか っつ〜ね
そういう事だと思うんですよ

でだ
音楽を選んだ人は
その音楽っつ〜分類の中で
どのジャンルを選ぶのか・・・
ヒップホップかレゲエかロックか民謡か演歌か
つまりはそういうお話しだと思うんだよね

つまりはさ
全ての芸術っつ〜のはね
見る人や聞く人の為じゃなく
本来は自分の表現の方法の一つにあるべきだっつ〜ね
私はそう思っているんですね

でだ
その表現が大衆に「芸能」っつ〜事で受け入れられて
初めてプロっつ〜
今度は客を喜ばせる方向へ向かうっつ〜

ってか
話し長いよね・・・
もう少し書きたい事あんだけども

持ち時間10分って言われて
とっくに過ぎてる演者みたいな感じになってるので
ここいらで今日はやめますけども
まぁ 近い将来
続きを書きたいと思います

っつ〜事で
とりあえず今回お届けする
「後世に残したい名曲100選」はこれだ



ってかね
この頃のこういう人達は本当格好いいと思う

いや
見栄えだけの話しじゃなく
音もさ
本当もうスゲ〜格好いいのよ

ってかさ
草食系とか言われて喜んでる
最近の若者にはさ
この格好良さ
わかんね〜だろうな

だってさ
最近の若者
自分何より大事で大好きで
自分の時間とか趣味を最優先するくせに
割りにゃ〜よ
「自分の何をどう表現したいのか」
いや
表現するべき自分すらわかってない人多いからな・・・

もう少しこう
自分と向き合った方がいいと思う
いろんな意味で・・・

優しいっつ〜のは
人に合わせる とか
我を張らない とか
空気壊さないっつ〜事とは違うんだけどね・・・

まぁ いいや・・・

っつ〜事で
オマケの1曲



いや〜
本当格好いいわ・・・

「メッセージを添えて・・・」

  • 2011/11/23(水) 07:37:41

この内容は書こうかどうか迷ったんだけども
まぁ どうせ大衆に何の影響もないだろうし
個人的な想いや気持ち 価値観を綴っているだけにすぎないので
まぁ 書かせてもらおうかな・・・

この歳になれば一つや二つ
鋭利な刃物で激しくえぐられたような傷を持っている
その鋭利な傷は
恐らく誰もが持つ可能性を秘め
誰もがそれを乗り越えていかなかればならない類の傷だと思う

時間というのはとても優しくて
その激しい痛みもいつかは癒える

いつの日か痛みを感じなくなる日が来たとしても
その傷痕までが
人の心から消えるわけではない

遺された人はやはり
生きている以上笑顔で過ごした方がいいと思うし
それをまた逝った人は望んでいると思う

「頑張れ」とか「負けるな」とか
そういう無責任な応援をするのはとても簡単な事で
でも大概の場合
深く傷付いた心にその言葉が響く事はない

それでも「歌」の持つ力を信じて
沢山のアーティストが復興ライブを行い
支援を行い
力強く励まそうとする行為にはとても意味があり
実際元気をもらい
勇気をもらい
励まされ 
前を向けた人は一杯いたと思う

不思議に思うんだけども
オレは人の「泣く」と言う行為には
様々な意味があり
様々な効果があり
おそらく涙を流す事によって人は
悲しみとか 辛いとか 苦しいとか 悔しいとか 
そういう毒素を外に出しているのだと思う

泣くと少し楽になる

恐らく泣くと言う行為にはそういう作用があり
恐らく弱き人間の為に
神が与えてくれた唯一の救いなのだと思う

とはいえ不思議な物で
どんなに悲しくても泣けない時は泣けないように出来てるし
とはいえ
泣きたくないのに泣いてしまう時もあるし
ほとほと人間っつ〜のは まぁ
本当なんでここまで不出来に出来てるかね・・・
などと とても恨めしくなる時もある

悲しい事は思い出さないように目をつぶる
見ないフリをする
それも一つの手段だとは思うけど
出来る事なら目をそらさない方がいいと思う
向き合って乗り越えた方がいいと思う

この歌だけを聞かせるつもりは更々ない
でも
たくさんの「頑張れ」を贈る歌の中にそっと
本当にそっとでいいからこの1曲を入れておきたいと思う
10曲の中の1曲でも
20曲の中の1曲でもいいから
この歌を聴いて思い出し
そして亡き人をしのんでほしいと思う

思い出す事はとても辛く悲しい事だけども
逃げ出し 誤魔化すより
オレはよほどいいと思う

したらさ
少しでも早く元気になれると思うんだ
オレはね

あくまでもオレの
個人的な考えです

それでは後世に残したい名曲100選の中の1曲です



この国はもう1曲 沢田知可子さんの歌う名曲があるのですが
何しろまぁ「夢伝説」が好きなので・・・

傷口をえぐるような行為・・・
そう取る人もいるかもしれませんが
あくまでもオレの中では応援ソングです

頑張ってほしいという想い
それを応援する形
つまりはまぁ 
表現の仕方なんて人それぞれっつ〜お話しですね・・・

大事な人を亡くしたこの世の全ての人が
1日も早く笑顔になれますように