「どうでもいい話し・・・」

  • 2009/02/06(金) 07:40:18

しゃぼん玉の歌

「しゃぼん玉とんだ
 屋根までとんだ
 屋根までとんで
 こわれて消えた

 しゃぼん玉きえた
 飛ばずに消えた
 うまれてすぐに
 こわれて消えた

 風風(かぜかぜ)吹くな
 しゃぼん玉とばそ」

この歌を作詞した「野口雨情」という人
実は娘を幼くして亡くしたらしい・・・
2歳の娘を亡くしたらしい・・・
そしてこの歌を作詞したらしい・・・

 はかなく無常にも壊れるしゃぼん玉に
娘の命を重ねたのであろう

 今、生きている人は
何をするべきなんだろう??
どのように
この今ある生を全うするべきなんだろう??
生きるって何なんだろう??
死って何なんだろう??
生きてる意味を誰か教えてほしい・・・

 なんか最近オレの中の
「文学のスイッチ」が入ったままだな
「哲学のスイッチ」が入ったままだな

 いや
文学青年でも哲学少年でもないけど
むしろ
写真や動画よりも
文字の方が勃起する
文学性年ではあるけど・・・

 いや
仕事中に意味もなく勃起して
呼ばれた、ヒッ〜
ヤバイヤバイ・・・
哲学でも考えて
静めたりしたりする事はあるけど

 いや
オレ??
うん
スッゲ〜元気
ビックリしちゃうほど元気
「がんばれ元気」
いや
ボクシングしたりはしないけど・・・
いや
K−1とかダイナマイトとかには出ないけど
あっ
もう引退したか・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
    ↑
開き直ってます・・・
今後一切スロの事書きません!!

ウソです・・・