「どうでもいい話し・・・」

  • 2010/10/14(木) 07:35:03

時間にしたらたかが30秒のドラマなんだけどね・・・

 オレの前のRX−7はどうやら走り屋らしく
止まっているにも関わらず
その太いマフラーからはボフボフと
とても派手な音を出している
何故走り屋だってわかるのかって言えば
後ろに羽(リアウィング)ついてるし
よくよく見ると車内にロールバーあるし
タイヤも太いし
そりゃどっからどう見ても頭文字Dに出てきそうな車だろ・・・

 そんなRX−7の前の車はホンダの軽のライフ
こいつが信号が青に変わったのに発車しようとしやがらね〜

 車を運転する人なら月一で目撃するか経験するかしないか・・・
つまりは年間12回は経験するか目撃するかしないか・・・
つまりは10年で120回経験するかしないか・・・
いや 
回数などはどうでもいいのだが・・・

 つまりはジジィかババァがボッケ〜っとしてるか
お嬢が携帯でもいじってるか
若造が地図でも確認してるか
CDでも変えようとしているのか
まぁ その程度の事だと思う

 オレが後ろの車なら
軽く「ピッ」とクラクションを鳴らして
「信号変わったぞ 早く行け・・・」
くらいの軽い「警告」及び「注意」で済ますのだが
っつ〜か 普通はそうするわな
にも関わらず
このRX−7の(多分)若者は
よっぽど下痢気味でお腹が痛かったのか
はたまたデートに遅刻しそうなのか
特売品の玉子が売り切れちゃうのか
父が危篤なのかはわからないけども



「ボッケ〜 さっさと行かんかいっ! ゴラッ〜!」




のごとく
こういう人がみんなそうなのかどうかをオレは知らないけども
やはり「いじってる」クラクションで




パァパァパァァァ〜ンン
ンンンンン




それはクラクションと呼べる代物には程遠く
半径200mには響きわたるようなホーンをド派手に
かつ
相手を威嚇するかのごとく

かなりお怒りな感じで
しかも
相手を小馬鹿にするような感じで鳴らしたわけだ

まぁ 街でたまに見かける光景だわな・・・

がしかし・・・
一瞬の間をあけた後
その軽のライフから
どっからどう見ても「ヤ」の字の人が出てきたから大変だ
(多分下っ端のチンピラ風情・・・ でも 半袖から覗く二の腕には
 お前はキンさんかっ!って突っ込みをいれたくなるくらいの刺青が見え隠れしている)

あらららららっ
RX−7やっちゃった・・・

 とも思ったけども
すぐ後ろのオレとしては
内心これはこれは
とても面白い展開になってきたぞっ っと
バラエティならここで1回CM
ドラマなら次週に続く
ワンピースなら
ルフィの目の前でエースが心臓つらぬかれた感じ
ドラゴンボールZなら
やっと悟空の目が覚めて
「待ってろよ クリリン 今助けに行くからな・・・」
そう言っていよいよ助けに行く感じ
戦国時代なら
「時満ちた いよいよ風が動くぞ・・・」
そんな風林火山な感じ
何しろオレとしてはかなりワクワクな展開が目の前で始まったわけだ

 ゆっくりと後ろの車に近づくヤの字
オレとしては
セブンの若者が実はただの軟弱な走り屋じゃなく
実はそれなりのチーム組んでる
走り屋なんだけども暴力もOK系
ワイルド系 
なにはともあれ系
ケンカ上等系
そんなアンちゃんで
木刀でも持って出て 応戦したら面白いのにな・・・
とかノンキに思っていたんだけども

 さすがヤの字
正しい事も暴力と威嚇と数で捻じ曲げてしまうそのやり口
さすがプロ
一時の間をあけて
助手席から今度は
チンピラ風情のヤの字とうってかわって
レベル本部長クラス
つまりは見るからに「極道」が
それはそれは本当にゆっっっ〜くりと出て来たわけだ・・・

あららららっ
RX−7 アウトッ!
ゲームセットっ!
ノーサイドッ!
ダウトッ!

 いきなり殴りかかりはしないだろうけども
こうなるとオレとしては
黙って見ていられる程
そこいらの正義の欠片もない
バカな傍観者を決めこむわけにもいかず
かと言ってこの状況で
後ろからパァパッ〜などとクラクションを鳴らすほど
勇気のあるバカでもなく・・・

「何か用かっ! コラッ!」
「いえ 信号が変わったんで・・・」
「わかっとるわっ ボケッ!」
「はぁ すんません」
なる会話が交わされたかどうかは知らないけども

ここだっ!
そう思ったオレは車の扉をあけ
いかにも善良な市民を装い
トム・ハンクスも真っ青の
いや
トム・クルーズも逃げ出すほどの
いや
トム・ソーヤの冒険以上にハックルな
いや
トムとジェリーの追いかけっこ以上にスゲ〜レベルで
「スットボケ」とはまさにこの事かっつ〜くらいの演技をしつつ
ってか
下手したらアカデミー賞総ナメ チックな演技を披露しつつ

これ以上ない
「どうかしましたかっ?」を
決して近づく事はせず
扉の陰から声をかけてみたならば
チンピラ風遠山の金さんは
オレに一瞥をくれると
ゆっっ〜くりと車に戻っていった

まぁ ここいらが手打ちのタイミングとしては妥当だろ・・・

 っつ〜か
後々考えてみたんだけど
もしかしたらこの役目
本来は本部長の役目だったかも・・・
威嚇と脅しと止め役
プロは役割分担しっかりしてるからね・・・

「こいつ切れたらオレでも止められないからね・・・」とか
「かわりに自首するやつぁ〜いくらでもいるんだぜ・・・」とか
「こいつらの手前 オレも引けないんでね・・・」とか
だからお前から引いてくれよ チックな

言われてみれば
何故か手持ち無沙汰(?)チックな本部長が
「アレッ オレ何しに出て来たんだろ・・・」チックに
RX−7じゃなくオレを睨んでいたようないないような・・・
っつ〜か
もしかしてオレ
余計な事しちゃったんだろうか・・・

まぁ そんな事はどうでもよくて

それまで左にウィンカーを出していたRX−7は
ライフが左に曲がったもんだから
何故だか真っ直ぐと車を走らせて
何気にオレも真っ直ぐだったんだけども

『そこまでふかすかっ・・・』 

ってほどセブンのアクセルをふかして
ボフボフするマフラーから
派手な音をけたたましくたてて
オレの目の前から見る見るうちに消えて行ってしまったのでした
っつ〜か
意気地もなく派手に騒ぐあたり
そこいらのチンピラと替わらんな・・・
ってか
気合入ってるのは車だけか若造・・・
ってか
軽には態度デカイけど
ヤクザが乗ってるってわかった途端 シュンって・・・

君は気の弱い大型犬かっ・・・

車がイカツイだけに
より哀愁漂うな・・・

世の中って本当いろんな事起こるな・・・
まさに事実は小説より奇なりだよな・・・


 オレが後ろで「ピッ」レベルだったら
ヤの字もさすがに出てこなかったと思うし
かといってセブンも
前が黒塗りの怖い系レクサスとかベンツだったら
さすがにあそこまでは鳴らさなかっただろうし
いや
結局はボッケ〜としてたヤの字が悪いと思うんだけども
とはいえ世の中には「言い方」ってもんがあるし・・・

 言い方や注意の仕方が悪いと
世の中下手したら殴られるし殺されちゃう時だってあるし
下手な誤解受けたら上司に目つけられるし降格だってありえるし
同じ意味でも言い方 言い回しによっては
「はなぶささん いや〜ん」って可愛らしく言われるか
「はなぶささん それセクハラですからっ」って怒られるか
世の中って本当難しいよね・・・

 なのでまぁ
人生やっぱり油断する事なく生きて行こう 
そう思うオレなのであった・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

っつ〜か
今回のお話しで一番の大問題は
なんでヤの字が軽のライフに乗っているのか・・・
つまりはそれに尽きるのだが
ゆうてもまぁ
ヤの字だって軽に乗る事もあるよね・・・

あるか・・・?

ってか下手したら
後から本部長が金さんに
「お前が軽なんかに乗せるから舐められるんじゃ ボケッ!」とかね
怒られてるかもね・・・
だからこそチンピラは
後ろのセブン威嚇したのかもね・・・
ヤの字は舐められたら商売あがったりだもんね・・・

なのでまぁみんなも
軽だからって油断しない方が賢明かもよ・・・

そんな事があった秋の夕暮れでしたとさ・・・