「許すまじ所業・・・」

  • 2011/02/28(月) 07:39:45

 食における「美味しさ」を感じるのは
何も口の中の舌だけではない
それは目で盛付や色や質感を楽しみ
鼻で香りを楽しみ
歯ごたえ 舌触り 食感それら全てをひっくるめて初めて
「美味しい」そう言うのだとオレは思っているのだが・・・

 スロットも古い機種になると
バックライトが切れたままで
色目が美しくないとか
スピーカーが壊れてるのか
配線に問題あるのか知らないけども
音が出てこないとか
コインがよくつまるとか
たまにそういう台に座っちゃうと
なんか少しガッカリする・・・
「興ざめ」とか
「萎える」とか
なんかこの台いいわっ・・・
そう思ってしまう
なんかそれだけで
スロットの面白さや楽しさが半減するような気がしてしまう・・・

 昨年の暮れに新規開店した
和田アキコが「ナナ祭りっ! ハッ!」とか言ってる
結構大手のチェーン店
都内の仕事の帰りに
まぁ いい機会なので覗いてみた

さすが最新の店舗
小洒落てる

 オッっつんで
スペハナ兇たくさんあるっつんで
喜び勇んで打ち始めてみたならば・・・ だ・・・
これが人との会話だったら

アアァ〜ンッ??

思わずそう聞き返したくなるレベルでしか
台の音が聞こえない
もしくわ

アアァ〜ンッ??

脅してるヤクザレベル・・・

 コインを入れる音
ストップボタンを押す音
リプレイの音
子役払い出しの音
全てがほとんど聞き取れない
一気に興ざめだ・・・

 ってか
まだ開店したばっかりだし
そもそもスペハナ兇禄个燭个辰りだし
もう少しちゃんと台を可愛がって大事に扱おうよ
早速壊れたままってどういう事・・・

他の台に移るオレ

が しかし・・・

アアァ〜ンッ??

耳の悪い年寄りが人と会話してるレベル

お前もか
お前も壊れてるのか・・・

いや
これは少しおかしい
さすがに新しい店で
出たばかりの台で
2台とも壊れてるとかはさすがに有り得ない
キョロキョロ見回したオレの目に
1枚のポスター(?)が目に止まる



静音化への取り組み・・・
ヘッ?
取り組みの一つとして遊戯台の音量を下げております・・・
ヘッ 何? 何々?
これわざと音聞こえなくしてる感じ
ヘッ?
なんで・・・

ここはニュージーランドの被災地か?

 最近の被災地における救助における考え方としては
助けを求める声が聞こえないと困るから
「清音化への取り組み」っつ〜のがとても大事らしい・・・

ここホール
ホールで清音化って
なんで??

 確かに確かに
たまに耳栓してる人いる
うるさい時もある
やかましくて
逆の意味で打ってる台の音 全然聞こえない時もある
とはいえそれは
ホールに流れる音楽がうるせ〜 とか
店員の無駄なマイクパフォーマンスがうるせ〜とかであって
1台1台の音量下げるとか
全くナンセンス
むしろ何考えてるのかわからない

一気に
このホールに興ざめ・・・

が しかし

これだけで充分もうすでに
かなりやる気をなくしたオレに
更に追い討ちをかける事件が起きる

 そんな萎えた気分のオレの横のスペハナ兇
ピカピカッピッカッ〜とハイビスカスが点いた瞬間








キュイ キュイキュイキュイ〜


ン!!







大音量で
キュイキュイいいだすじゃないか・・・

マジか・・・

アッ そう言われてみたら
よくよく耳を澄ましてみたならば
あっちでキュイキュイ
こっちでキュイキュイ聞こえてくる
いや
オレ
これ
南国とか楽シーサーでも置いてあるのかと思った

ヘッ
ジャグラーの島から

いやいやいやいやいやいやいやいや
聞いた事ある
ペカッと同時にキュイキュイいう店があるって聞いた事ある





清音化への取り組みしてる店で
それつけちゃうんだ・・・

有り得ない
全く有り得ない
ってか
この店作った人
絶対かなりの大バカだ
久しぶりにレベルMAX進呈しちゃう

っつ〜か
まぁ 100歩譲ってジャグラーならま〜だ許そう
まぁまぁ ゆうても所詮はジャグラーだから
まぁ キュイキュイいわしちゃうのも
まぁまぁ許そう
ジャグラーなら大目に見る
なんとなく
でもな
ハイビスカス キュイキュイ言わしたらダメ
それはダメ
絶対やっちゃダメ

ってかさ
この店な〜〜〜〜んにもわかってない
ハイビスカス キュイキュイいわしちゃうとか
本当もうスロットの「ス」の字もわかってない
いや
それ以前の問題
むしろ「フ」レベル
この店本当 な〜〜〜〜〜〜〜んにもわかってない

むしろ
風情も情緒も粋もイナセも通も
品も格もワビもサビも心意気も
もうね
「人として」レベル
スロット以前の問題
もうこの店
ホールとしてなってない

遊戯中の音聞こえなくして

キュイキュイ大音量でいわしちゃうとかも大バカなら
ハイビスカスでキュイキュイいわすとか
本当もう最低
見てらんない
目を覆いたくなるレベル
むしろ呼び出して説教したいレベル
いや
口もききたくないレベル
むしろ
ホールとして
スロットとか扱ってほしくないレベル

もう何しろ
言い難いくらい
筆舌しがたいくらい
いや もっと
最大級 ギガント級 元気玉フルボリューム MAXハイテンションクラス
もう何から何まで全部が全て











ダメッ!!











有り得ない
本当有り得ない
全くもってして
全てが何から何まで有り得ない

むしろ有り得ないレベル通り越してるレベルで有り得ない

ハイビスカス キュイキュイいわすとか
もうね
本当ね
まさにね










orz










こんな感じ・・・

 どんなに打てる台がなくても
基本そのまま帰る事が出来ないオレは
最低でも1Kくらいは置いて帰る
でもね
このホールだけはね
残ったコインかき集めて
22枚でタバコに換えたわ

 なんかね
興ざめとか萎えるを通り越して
なんか怒り心頭
真面目にイライラしちゃってさ
いや
本気で怒り出したくなってきて

それは多分
スロットをコケにされた感じもあれば
客というよりも
スロット「ファン」そのものを舐められた感じもあり
ましてや愛してやまないハイビスカスを
無残にも足蹴にされた感じ
強姦されたような貶された感
見下した感

適当に設定入れておけば
客なんか来るっしょ

そんな店側の声が聞こえた気がして
しかも

そうそう
オレ
スロットとか全然わかんね〜から

そんな卑劣な
ただただ売上と利益を追求してる
商業主義まっしぐらの
スロットの事な〜〜〜〜んにもわかってね〜ドアホ〜が
経営してる感じがして

真面目にこの店だけでは打ったらアカン・・・
スロッターとしてアカン・・・
オレの美意識や プライドとしてアカン・・・

むしろ潰れて欲しい・・・
真面目にそんな事を考えながら
ホールを後にするのだった

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

ジャグラーファンや沖スロファン
本気で台そのものを愛してやまない人
スロットは勝ち負けだけじゃないよ
そういう人には
オレのこの気持ち
痛いくらいわかると思う・・・

何度もしつこいくらい言うけど
ハイビスカスをキュイキュイいわしたら
それはダメだよ
それはダメ・・・

いや
それでいい
これこそが演出における最高の盛りである
そう思ってる人も結構いるだろうから
まぁまぁ 客も入ってるんだろうけども
オレには無理
生理的にも美意識的にもスロッターファン
沖スロファン的にも
何から何まで全てがもう嫌悪

むしろ
ハイビスカスにキュイキュイつけちゃう当たり
ホールとしてもうそのセンスをオレは
絶対受け入れられないし許しがたい
いや
ホールとしてってよりもそう
もう人としてだ・・・

「枕草子・・・冬」

  • 2011/02/26(土) 07:46:29

「冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。」

冬は早朝が良い。雪が降っている朝は言うまでもないが、霜がとても白い朝も、またそうでない日も、とても寒い朝に急いで(炭の)火などをおこして、そんな炭火を持って運び回るのも大変よろしい。でも
昼になって寒さが緩んでくると、火桶の火が白い灰になってあまりよろしくないね。
みたいな感じ・・・ かな・・・


春、夏、秋に続く枕草子の冬です
興味がある方は

「枕草子・・・春」(3月21日)


「枕草子・・・夏」(7月10日)


「枕草子・・・秋」(10月16日)
 あたりを・・・

っていうか
正直この「冬」書くの
ぶっちゃけ忘れてました・・・
タイミング的には12月頃の予定だったのに・・・
いやまぁ いいか
どうせ覚えてる人いないしね
とはいえ
冬も終わりそうな2月の後半に書くとか
オレ的にはかなり不覚・・・


 昨年入社したり入学した新入社員に新入生諸君
あと少ししたら君達も「先輩」だね
はたして「先輩」と呼ばれるだけの何かは身についたかな
いや
今までは一番の下っ端で
追いつけ追い越せで頑張ってきて
少しくらいの失敗は
「先輩」達に笑われるだけで済んだ立場だったけど
今からは
君達が追い越される番なんだよ
これからの失敗は
「後輩」達にも笑われてしまう立場

 この1年は恐らく
今まで過ごしてきた10年や20年に匹敵するくらい
経験になり勉強になり
人としての成長をしなければいけない年だったんだけど
その自覚なく
なんとなくボッ〜と過ごしてしまった人達は
存分に後輩に抜かれ
笑われ
これからも無駄な人生を送るといいと思うよ

入った時のスタートラインは一緒でも
1年経たずにその差を感じる
いや
君達以上に「先輩」や「上司」は気がついてるはず
つまりはまぁ
そんな冬がもうすぐ終わる

とはいえ
1年でついた差なんかたかがしれている
君には来年も再来年もある
今年ボッ〜っとしちゃった人は
来年頑張ればいい
ただそれだけのお話しだ・・・

 春に初々しくホールデビューした若者も
今ではその姿もすっかりイタについた頃だと思う
とはいえ
今年1年でそこそこ勝ててしまった人は
実はそれこそ運のある不運な人で
本当なら
スロットなんか最初に大負けして二度と打たない
そう思った人の方が
「人生的」には勝ちなのかもしれない

勝ち負けっつ〜のは何も
ギャンブル的な「金銭」だけではない

 目先の金の動きだけじゃなく
期待値を積み上げる事が最終的には大事で
それが勝つ事につながると言う考え方がある
まぁ 正しいんだけども
えてしてこういう思考の人は
そういう立ち回りをしていない人を小バカにしているふしがあるんだけども・・・
所詮はゆうても
「スロットだけ」のお話しであって
本当に最終的に勝つ事を目標にしている人
本当の意味で期待値を積み上げてる人
そういう人は
元から「スロット」なんざぁ〜やりゃ〜しない
これこそが正論だ

 どう考えて どう立ち回るか
そんなのは個人の自由だし
好きにすればいい
やるも自由 やめるも自由
趣味の一つに加えるて遊びとして向き合うもよければ
真面目にこれで食う!くらいに向き合ってもよろし
ただ
スロットだけじゃなく
合わせて人生の期待値も
日々積み上げる努力をしてほしいと思います・・・

 たまにさ
クソのような価値感と素行で
クソのような人生しか送れないような
人生設定マイナスで
将来設定マイナスの
どう考えても人生トータルの割が93%くらいの
期待値マイナスの奴がさ
スロットだけは真面目に
「期待値」を積み上げる事の重要性を説いてたりするから
たまに笑っちゃうんだよね・・・
まぁ そういうバカにだけはなってほしくないかな・・・ ってね
思います

我々はスロッターである前に
一人の人間だからね
それ忘れちゃうと
ただのロクデナシの人間になっちゃうからね・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

一応これで
このシリーズは完結になります

来年度からは
新シリーズ「ザ・徒然草」がスタートしますので
是非お楽しみに

ってか
誰も楽しみになんかしてね〜よってか・・・

ってか
「ザ・徒然草」とか始まんね〜から・・・

「数値に関するあれこれ・・・」

  • 2011/02/25(金) 07:34:29

 たまに聞く「天文学的数値」って
どのくらいの数字の事を言うのかね・・・

 光は1秒間に地球を7周するくらい早いらしくて

地球の円周はおおよそ4万kmだから
4万km×7周=約28万km
これが光が1秒間に進む距離で

1光年っつ〜のは
そんなエライ速度の光が1年間で進む距離だから・・・
60秒(1分)×60分(1時間)×24時間(1日)×365日(1年)=
31,536,000(3千153万6千秒)
っつ〜と・・・
×28万km=8830080000000kmくらい・・・
ってか
8兆8千300億kmとか言われても
全然ピンとこね〜や・・・

ってか
ヤマトが向かったイスカンダル星雲って
確か地球から・・・
148,000光年・・・ とか・・・
往復296,000光年とか・・・
×8830080000000kmとか・・・

ゴメン・・・
言ってみたオレが悪かった・・・
ここは素直に謝る・・・

つまりはまぁ 
これが天文学的数字って奴だな
何しろまぁ 桁違いって感じ・・・

ではではこれはどうだろう・・・

 

ジャグラーで
1228回転はまる確率・・・
とはいえ
はまる前で3613回転で11−12
所詮は↓ぅ譽戰襪離献礇哀蕁爾
世間にゴロゴロしてるあるあるだ
むしろ
こんなジャグラー1228回転も追う方がどうにかしてる
オレはそう思う・・・

ってかよ
したらさ
こんなにREG引けるなよって思うよな

むしろさ
せめてさ
(造砲BIG引けよって思うよな

まぁ ジャグラーのあるあるだ・・・

ではこれはどうだろう・・・



3430回転の時に
BIG12回 286分の1
REG14回 245分の1
合算132分の1
まぁ 打ってた訳じゃないからわからないけど
まぁ 推定イらいはあるのかな・・・
いやいもな・・・
な〜〜んて思ってたジャグラーが
いきなり1000回転はまる確率は・・・

いやまぁ こんなのも結構そこいらにゴロンゴロンしてる
まぁ まぁ ジャグラーのあるあるだな・・・
たいしたこたぁ〜ね〜ちゃ〜ね〜わな・・・

でもよ
その前の履歴見るとさ
2828回転の時に
BIG11 REG12なんだよな
REGは235分の1だし
合算は123だし
普通騙されるよな

まぁね
だからこそブドウとかさ 重複とかさ
そういうの大事なんだけども
したらよ
そういうのない沖スロとかはどうすりゃ〜いいのかね・・・



3112回転
BIG17回 183分の1
REG9回  346分の1
合算120分の1のジャグラーが
そっからいきなり950回転はまる確率は・・・

これだから
どんだけBIG引けてて
合算良くてもさ
ジャグラーは信用しちゃ〜ダメなんだよ・・・

ってか
これ追ってたらかなり涙目だよね・・・
でさ
ジャグラーのあるあるで
恐らく次はこれ
かなりの高い確率で
REGだぜ・・・
コワッ・・・

ってかよ
牙向いた時のノーマルAタイプは
よっぽどそこいらの吸い込み激しいそっち系より怖いよ・・・
しかもさ
天井「救済」機能とかね〜んだぜ
よっぽどジャグラーとか沖スロに
そういう「救済」処置つけてほしいよ・・・

ってか
天井狙いの期待値狙いする人を救済する暇あるなら
本当に必要な
ジャグ好き、沖スロ好きを救済しろっつ〜のな
本当に助けなくちゃいけない人は誰なのか
真面目によく考えろっつ〜の
お前は民主党か・・・



これはまた かなり来てるな〜

4126回転
BIG19回 217分の1
REG12回 344分の1
合算133分の1
とはいえ
このジャグラーの怖さはここじゃない
その前の履歴
531BIGだ・・・
つまりはコイツ
3595回転
BIG18回 199分の1
REG12回 299分の1
合算120分の1
だったわけだ・・・

ここからダブルコンボをくらう確率は・・・
いや
鬼のようなダブルコンボをくらって
涙目になりながら(血の涙)
二度とジャグラーなんぞ打つもんかいっ!コラッ〜!
と思う確立は・・・

これだからいつでも
どんな時でも
何回転だろうと
ジャグラーは信用したらダメだし
怖いっつ〜のな・・・

ってか
お前は鬼かっ・・・

打ってた人
ご愁傷様
チ〜〜ンッ・・・

ってか
世の中で本当に怖いのは
鬼よりピエロなんだよ・・・
いや
ハイビスカス・・・



エェェェ〜
BIGだけ16回とか・・・
これはこれでまたスゲ〜な オイッ・・・
これはかなり天文学的じゃね・・・
普通出来ね〜よ 出来ね〜
普通はね・・・

ってか
これってある意味
イスカンダル行くよりも難しいだろ・・・



ってか
ストレートっすか・・・
ストレートで連れていかれますか
4桁
,任盥膸撮隠牽以の1以下くらいなのに
行きますか
行っちゃいますか
1047
ある意味スゲ〜スタートダッシュですね
逆の意味で・・・

ってか
ジャグラー恐るべしだな・・・

ってか
これってある意味
イスカンダル行って帰ってくるよりも難しいだろ・・・

ってかジャグラーで
朝一4桁ストレトートって
これもある意味天文学チック・・・
ってか
むしろ天文学の方が簡単っぽい感じ・・・

最後ですが・・・



きてるな〜コレ・・・
ってか
きまくりやがってるわ コイツ・・・
ってか
団鬼六でもここまで酷く虐めないって・・・

っつ〜か
こんな目にあわされるくらいなら
ま〜だデスラーと戦ってた方が ま〜だオレ気が楽かも・・・

,任癸械娃以の1以下のBIGが320分の1って・・・

Δ任癸横僑以の1のREG 160分の1って・・・

ってか
むしろこれは
ジャグラーが悪いってよりも
むしろこれさ・・・
打ってた人が悪いんじゃね・・・
いや
どこが?って言われても困るんだけど・・・

レベル的には
神の領域レベルの引きを持つ男じゃね
逆の意味で・・・

とはいえ
ジャグラーではこんな事
日常茶飯事レベルで起こるから
なのでまぁ
まぁ 確立を計算して
どれだけありえない事かを説いた所で
何の意味もないよね・・・

算数的確率論では
0.03%以下の確率だとしても
体感的には8%くらいでは起こってるんじゃね・・・ みたいな感じだし
つまりはよ
数値とか確率とか期待値とか
計算で出た数字と実数が全然違うとか
そんなの今更いくらでもある あるあるで
数字になんてさ
考えたところでたいして意味なんてないよね・・・

むしろさ
往復296,000光年をだよ
たかが333日で行って帰ってきちゃうヤマトってスゴイよね

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

まぁね
世の中にはたまにさ
雷にうたれて死んじゃうとか
そんなスゲ〜低い確率の出来事にブチ当たる人いるし
逆に
そんな目に合っても死ななかったとか
さらに奇跡起こせるような人いるし
ってか 案外よ
奇跡起きる確率ってよ
実は何気にそんなに低くねんじゃね・・・ ってね
まぁ 最近はそんな事を考えたりもするんだけども
まぁ 当然ね
間違ってもオレには絶対 一生 一度も 決して
起こせはしないんだけどもね・・・

っつ〜か
算数的には計算して出る答えは必ず一つなんだけども
つまりはみんな本来平等な数値なはずなんだけども
奇跡を起きる可能性を計算した場合
個々の持つ運とか力量とか体質とか善行とか前世とか思想とか信仰心とかによっては
何気に「個体差」があるように思う・・・
ってか
奇跡を起こせる計算式自体
この世には存在しないんだけども
でももしもあったとしたならば
だよ・・・
おそらく山田君は3.8%で
おそらくオレは0.0018%くらいのような気がする
そんな気がする・・・

「音速を超えた人・・・」

  • 2011/02/24(木) 07:30:41

 右側にはもうおばあちゃんと呼べそうな老人がいて
それはそれは静かにジャグラーのレバーを叩いていた
恐らくはもう
孫が7人はいるのではないか
そんな小柄な可愛らしいお婆ちゃんである

 今までの人生がそうであったように
苦しくても決して弱音を吐くことなく
一歩一歩ゆっくりと
でも着実に
ここまで歩んできたであろうその人生を投影するかのように
それはそれはゆっくりと
でも着実に
その一打一打を楽しんでいるようにも見える

 オレもこんな風に歳をとれたらいいな
そんな風格すら漂わせている

 恐らくは今までの人生がそうであったように
これからの人生もこのお婆ちゃんは
一歩一歩をゆっくりと
でも着実に 確実に歩を進めていくのだろうな
そんな微笑ましい事を考えていた

が・・・ 
突然事件は起こる

 ハッピーやクラシクック
あまつさえマイジャグラーなどは
中々隣のゴーゴーランプがペカッても
早々には気がつかない
でもSPのあの紫に光る色目は
自分の台に集中していても
その目の片隅に捉えてしまう物である

 あっ 隣の婆ちゃんの台ペカッった
と思った瞬間
オレの身体はビクッッッッ!となる

何? 何?
何が起きたの?

 それはつまり
火に触れたら瞬間的に人は手をよけるように
転びそうになったら
考えるよりも早く手を差し出すように
突然隣の人が殴りかかる素振りをしたら
ビクッ!っと身体を硬直させてかまえるように
オレの身体がいきなり守りの体制をとったわけだ・・・

何? 何が起きたの??

 隣のお婆ちゃん
スゲ〜勢いでいきなり左手を振り上げ
頭上にある店員を呼ぶコールボタンを押していた・・・
あまりの速さに
殴られるかとオレの身体は瞬間的に反応したらしい・・・
正直ビックリした・・・
いや
マジ ビビッタ・・・

今の今まで
カメのようにそれはそれは本当にゆっくりと動いていたお婆ちゃんが
ま、まさかね
多分音速を超ていたと思う・・・
マッハ
もうマッハ・・・
ヘタしたらマッハ越えてたかもよ・・・

 人の動きは全て
脳みそからの電気信号で管理されていると聞いた事がある
恐らくはこのお婆ちゃん
あのゴーゴーランプのペカッと
脳内の電気信号が
回線的に左手とつながっていると思われる
でないと
あの動きには納得できない
ある意味人の反射を越えていたと思う・・・

ってか最近は
心ない若者や犯罪者が
ご老人を騙す手口が多いけども
まさかの真逆現象
その遅い動きがフェイクで
実はマッハで動けるとか
さすがのオレも騙された
いや
逆の意味で妙に感心しちゃった
素直に
この婆ちゃんスゲ〜とか思っちゃった
いろんな意味で・・・

ってか
それだけの動きが出来て
それだけの速さでゴーゴーランプのペカッに反応できたら 君・・・
物の30分で目押しくらいマスター出来るから・・・
いや
ビタ押しですら習得簡単だから・・・

君の動体視力
そしてそれに反応できる身体の俊敏性
それがあれば
結構スポーツの世界でもいいとこまでいけると思う・・・

 世の中まだまだ驚かされる人はたくさんいるな
ま、まさかね・・・
このお婆ちゃんがね・・・
このお婆ちゃんに驚かされるとはね・・・
人生って奥が深いわ・・・
そんな事をしみじみと感じた出来事であった

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

実はこの日は
逆の左側にも驚くべきおばちゃんがいて
実は両手に花状態で打っていた
いや
両手に枯れた花状態で打っていた

こっちのおばちゃんは
まぁまぁゆうてもそこまで
記事にするほどの驚きやインパクトはなかったので
まぁ 記事にする事は控えようと思う

いや
それはそれで中々微笑ましい人ではあったのだけどね

ってか
ジャグラーの島
やはりいろんな意味で恐るべしだな・・・

「角度を少し変えてみたならば・・・」

  • 2011/02/23(水) 07:34:19

 大人になると様々な物が見えなくなっていくし
考えなくなっていく
おそらくは
世間と言う名の常識が
世の中を見えなくし考えなくさせている
オレはそう思うよ

 我が子のチビ達はまだまだ人として未熟だから
とても素直に物事を見、考える事が出来る
でもだからこそその発言や行動は
時に人として とても愚かではあるし
時に人として とても素直な立派な物である

 我が子との会話の中で
つい使ってしまった「ことわざ」
「どんぐりの背比べ」
それってどんな意味?と素直に聞いてきた我が娘
つまりはまぁ 
どんぐりなんざぁ〜アンタ
どれもこれも似たりよったりの背丈だから
比べてもたいした差じゃないよ みたいな説明をしたんだけども
したら我が娘
「エエェェッ〜」って驚いた顔・・・

パパ パパ
どんぐりだって細くて背の高い大きいのや
太ってて丸くて小さいのや
幼稚園にはいっぱいいっぱい落ちてて
比べたら全然違うよって・・・

だね
そうだよね
オレも見た事あるし
知ってたはず・・・


(どっかから(黙って)借りてきた・・・)

確かに確かに
どんぐりの背を比べた場合
意味的に「大差ない」って意味で使うのは極めて可笑しい
パパもそう思います・・・


 オレが昔からかなり愛読している本に
「ことわざ辞典」なる物がある
結構面白い事書いてあるし
結構ためになる事かいてあるから
結構暇な時とかに
結構読んでたんだけども・・・

 それを今度は
「そういう目で」読んでみたならば・・・
いやいや 驚くほどあるわあるわ
いやいや 出てくる出てくる
そんな適当なことざわの数々・・・

 
そしてオレは遂にこの世に出回ってない
新しい学説を発見する事に成功した
学者達よ
ざまぁ〜みろいっ!(何が?)
それはつまり
「この国のことわざを考えた人は とてつもなくセンスがない」っつ〜な
または
かなり適当に考えたっつ〜な

平仮名に関する考察・・・」(平成2年10月26日参照)

以来の素晴らしい発見だ・・・

 確かに「目クソ鼻クソ」はいい
まぁ「大差ない」って意味には適当な言葉だと思う
けど
「50歩100歩」
エェェ〜
倍違う50歩と100歩 大差ないって言っちゃう・・・
ってか
例えばゴルフの50ヤードと100ヤード
(1ヤードは約90cmでほぼ1歩の距離を表す)
これ一緒?
ほぼ一緒?
クラブ変えない?
大差ないからっつんで気楽にいっちゃう感じ?
45メートルと90メートル
「どんぐりの背比べ」じゃね っつんで打っちゃう感じ
マジで・・・

ってか
これスゲ〜大きな差じゃね

ってか これ言い出した人
かなり大雑把だろ・・・
ってか かなり雑な人だろ・・・
いや
ヘタしたら
君・・・ もしかしたらバカか? レベルの人間じゃね・・・

たまにさ
ベンツもBMWも一緒一緒
同じ高級車だからどっちでもいいよ ガハハハハッ 
みたいなバカ社長いるけど

ヴェイトンもグッチも同じ同じ
なんか娘が何かの財布買ってって言ってたけど
ゲハハハッ 一緒一緒
みたいなバカ親父いるけど
どう考えてもそっち系の人が使う「大差ない」だよね・・・

つまりはこれ
結構「大きな差」があるのに
それを感じないバカが使うことわざだよね・・・

これ
世間一般に「常識的なことわざ」として
流通させたらダメじゃね・・・


例えば
それまでは結構良い子だったんだけども
悪い仲間に誘われて なんとなく一緒に遊んでるうちに
その良い子だった子まで悪い感じになっちゃう時に使うことわざ

「朱に交われば赤くなる」

いやいやいやいや
朱と白はピンクだし
朱と青は紫だし
朱と黄色はオレンジとか茶だし
朱と混ぜて赤になるのは・・・   
赤くらいの物だが・・・

ってか君
そういう事言ってると
美術の先生に怒られるぞっ・・・

ってか君
何言ってるんだ・・・
レベルの話しなのだが・・・

ってかさ
そんな「ウソ」とか適当な事言ってる暇あるなら
もっとこう単純にさ
「バカといるとバカがうつる」くらいの言い回しでよくないか・・・



そんな悪の道に踏み込んでしまった友人を助け出そうとやってきた出来杉君

そんな出来杉君までもが悪の仲間になってしまうことわざ

「ミイラとりがミイラになる」

ってか
ミイラって・・・

古代エジプトじゃあるまいし
ミイラって言われてもね・・・

ましてや正確には
ミイラの周囲の装飾品や金銀財宝を盗りにきたのであって
ミイラは誰も盗りにこないよね・・・

ミイラって
ミイラとりって
センスの欠片もないよね・・・

でもさ
それなりにリスクを犯して
危険を冒して挑戦しないと
欲しい物は手に入らない みたいな感じのことわざに

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」みたいなのあるよね

したらさ
虎穴に入って虎に噛み殺された場合
これは何て言うのかね・・・

合わせて「間抜け」でいいんじゃないかと思うのは
はたしてオレだけかね・・・

他にもさ
超ウソクセ〜ことわざが
この国にはたくさんあるのだが
どうしてみんなこうシレ〜とね
こう賢人っぽく人を諭すように
偉そうに使うかね・・・

つまりはさ
誰もがね
今当たり前のようにある物 思考 価値感をだ
当たり前のように思い
当たり前のように使ってるだけの話しであって
実はそんな当たり前の物ですら
ウソやインチキはいくらでもあるって事をだ
誰も疑ってかかってないって事だよね
実は普通に
全然当たり前じゃねんじゃねって事
誰も気がついてないよね・・・

むしろそっちの方がさ
むしろスゲ〜危険じゃね・・・ っつ〜ね
つまりはそういう事が言いたかったわけである
何も「ことわざ」の揚げ足をとって
面白可笑しく解説したいわけではない

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

今ある仕事
今ある大事な人の笑顔
今ある自由に使えるお金
今ある自由な時間に思想
これ全て
実は全然当たり前の物ではなく
皆が少なからず何らかの努力をしたからこそ手に入れられているわけで
縁があり
運命があり
努力があり
つまりはよ
少〜し違う角度から見てみたならば だ・・・
今までと少〜し違う景色が見えてくるんじゃね・・・
ってね
実はまぁ そんな良い話しがしたかったのだよ
 
自分の中に今ある思考 価値感 答え
これははたして本物かね?
誰かの物じゃないのかね?
君は自分の言葉で話し
自分の物差しで世の中を計り
本当に自分の人生を送れているかね
本当に本物の自分でいられているかね

自分の思考と自分の思想で自分自信で導き出して答えを
君は君の中にいくつ持っているかね・・・
でさ
たまにはさ
それですら
もう一度違う角度から見直す事は必要じゃないかね・・・

まぁ そんなどうでもいいお話しだよ・・・

「どうでもいい話し・・・」

  • 2011/02/22(火) 07:35:07

 朝一から打てる時
当然誰しもが狙い台を1本に絞る
つまりは「本命台」
とはいえ
抽選で必ずしも良番号を引けるとは限らないので
当然「対抗台」も作っておく
あまつさえ「おさえ」なども考えておく
まぁ スロッターの常識であり基本とすら言える事柄である

 いや
何もこれはスロッターだけじゃなく
競輪、競馬、ボートにオートを含めて
全ての基本的な思考には当然
「本命」「対抗」「おさえ」
これらが存在する
当然すぎるくらい いたって普通の思考だ
だよな・・・

 話しは大きく変わるのだが・・・
冬用タイヤとかスタッドレスタイヤというのをご存知だろうか・・・
つまりはまぁ
冬季の雪対策や凍結対策として
まぁ 車が滑らないようにする滑り止め だわさ
まぁ 大概の人なら知ってるわな・・・
だろ・・・

 例えば
雨の日のフロアーは
出入り口とか滑りやすくなっちゃうから
結構良心的な店は
マットとか引いたりして
それなりに滑らないように対応してくれたりするわな
だろ・・・

 例えば
階段とかさ
年寄りとか靴下だけだと
まぁまぁ危険な感じしたりして
まぁ そんな危険を防ぐ為に
ヘリの部分にゴムとか張ったりして
まぁ 滑り止め対策してたりするわな
だろ・・・

つまりは
「滑り止め」っつ〜物や道具は
「滑らない為」に用意する物であって
「滑っても大丈夫な為」の物じゃ〜ないわけだ
そうだよな・・・

そろそろ賢明な読者諸君なら
オレが何を言いたいのか・・・
理解している人もチラホラいるかもしれないけど
まぁ 話しを続けるよ・・・

 ってかね
就職試験や資格資格 学校の受験などにおいての
正確な日本語としては
「合格」「不合格」
「受かった」「落ちた」
「桜咲く」「桜散る」
「大丈夫だった」「ダメだった」
などが正しいわけで
基本的にはあんまり
「滑った」と言う表現は使わないわな

ってか
滑るイメージとしてはやはり
「ツルンッ」とか「ツルツルルンッ」とかが強くて
氷やハゲ頭を滑る感じ
はたまたスキー スノボーのように
雪の上を気持ちよく「シャッーーー」と滑降してるイメージ
滑るってのはそんな感じじゃね
違うかね

でさ
今頃の季節よく聞くんだけどもね
受験生の皆さんね
「滑り止め」って何?

「滑り止めに受かった」とか
「明日は滑り止めの学校だから気楽に受けるよ」とか
「やべっ 滑り止め落ちたから 本命マジ受からないと」とかの
この「滑り止め」って何??

 そもそも「本命の学校」に対しては
「対抗の学校」とか「おさえの学校」とかが正しくね・・・

 しかも
「滑り止め」っつ〜のは
滑らない為の物や道具を表現している日本語であって
滑っても大丈夫な物や道具じゃないよね・・・
っつ〜か
滑っても大丈夫な為の物っつったら
普通は防護服とかバンパーとか
はては救急箱とか
そういう感じだよね

ましてや学校
エッ 学校・・・ みたいな感じ・・・

 しかも
受験だぜ
滑る? 
エッ〜 不合格の事滑るとか言う
普通言う?

 つまりはよ
本命校に落ちた場合でも大丈夫の時の為に
対抗校 もしくはおさえで受けておく学校の事を
「滑り止め」って言うのはさ
なんか全てにおいて変じゃね・・・
ってか
意味的にも内容的にも言葉的にも
これもう全てがチンプンカンプンじゃね・・・

ってね
なんとなく前々から薄々思ってたんだけども
でもなんか
みんな普通に毎年使ってるし
なんかそれなりに結構強い意味で市民権えてるし
したら
それはそれでいいのかな〜
ってね・・・
 
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

車の滑り止めはチェーンとかタイヤのように
滑らないように努力する物をあらわし
でも
滑っても平気な為にバンパーがあり
シートベルトをするわけで
したらやっぱり
「滑っても平気な為に準備する学校」の事を
「滑り止め」のチェーンやスタッドレス みたいに言うのは変なわけで・・・

つまりはまぁ
それって 滑り止めじゃね〜よな・・・
違うかね・・・

ってか
そもそもそういう落ちても大丈夫 みたいな
本命落ちても平気だぜっ みたいな
元々はそういう考え方自体が間違ってると思わないかね
そもそもは
どっちか選べない
もしくは
どっちも行きたい
そういうレベルで2校 3校受けるならいざしらず
本命よりも少しレベルの低い学校を
「滑り止め」として受けておくとかさ
そっちの方がそもそもは大間違いだし
そういう考え方が市民権をえている方がおかしいと思わないかね
違うかね・・・

ってか
私立は
国立の合否の判定が出る前に入学金を納めないと合格取消 とかね
そもそもはそれが「意地汚い」わけだよ
ってか
そういう弱味につけ込んで金を集める手口を
世間ではオレオレ詐欺とか言うし
やってる事は
年寄り騙して「無駄な」リフォームするのと何も変わんないっつ〜のな
つまりは
「無駄になるかもしれない入学金を払わないと 合格取り消します」っつ〜
ある意味「恐喝」行為だっつ〜のな
やってる事は犯罪に近いよ 犯罪に・・・
ヤクザの手口と一緒・・・

とはいえ
それわかってても
私立の「滑り止め」を先に受けておくとかね
受験生も大変なら
その親も大変だわ

なのでまぁ
受験生諸君はラストスパート頑張って
せいぜいいい学校に受かって 
いい勤め先について
キチンと親孝行するように

春を笑顔で迎えられますように
受験生
ファイトッ!

「自然(ロギア)系に負ける・・・」

  • 2011/02/21(月) 07:32:16

 どれだけオレが計算し
相手の3手先 4手先を読み
考えて行動し 悩んで発言したところで
結局この手のロギア系に勝てやしないんだよな
悔しいけどさ
なんかスゲ〜敗北感を感じる・・・

久しぶりに
会社のガンプラマニアの山田君の話しです

 基本的にオレは 人に趣味を聞かれたら
「な〜んにも趣味らしい趣味ってないツマンナイ人間なんですよね ハハハッ」
こう答えるようにしている
っていうかそもそも
「趣味」の定義が今一よくわかっていない

1 仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。
2 どういうものに美しさやおもしろさを感じるかという、その人の感覚のあり方。好みの傾向。
3 物事のもっている味わい。おもむき。情趣。
                          (yahoo辞書より)
でもさ
あれほどみんな大好きなオナニーやエッチをだよ
「ボクの趣味はオナニーです」とか
「外でのセックスが大好きです」な〜んて答える奴いね〜じゃん
って事はだよ
何も趣味って奴はだ
「楽しみにしている事柄」じゃないし
むしろ
「本当の事を言う必要は全くない」
そういう事なんだよな・・・
などと思っている

 元々「趣味は?」な〜んて聞く間柄は
まぁ まだお互いの事をよく知らない探り合いの時期の質問であって
そんなお互いがお互いの事をよく知りもしないうちに
好んで自分の事を真正直に話す方が
人としてはどうかと思ったりするのだが
みなさんはいかがお考えだろうか・・・

 例えばオレの本当の意味での趣味
スロや映画や読書や音楽や陶芸や旅行やDIYやジョギングや子育てや庭いじりや酒
これらを言うのは実にたやすい事なんだけども
このうちのどれにも相手が触手を伸ばさなかった時
つまりは全く趣味の方向性が違う時
それは実にお互いが寒い思いをしなければならないし
お互いが実にいたたまれない空気を味あわなければならない事となる
当然また逆もしかり
いきなり相手に
オレの中で全くもってない引き出しを出された時
その対応にオレはとても困る事になる
例えば
「私の趣味は戦場写真の収集でね」
こんな事言われてもオレ
「なんでベレー帽なんすかね・・・」
そのレベルでしか受け答えできね〜し

 つまりはまぁ
オレは趣味のないつまんない人間なんですよ 的に
自らを相手よりも貶める事で
相手の趣味を聞いたらならば
そりゃ〜もう素っ晴らしい
何がなんでも素敵な趣味ですね

どこらへんが楽しいんですか チックに
勝手に相手に喋ってもらってた方が100倍は気が楽だし
150倍は相手の機嫌がよくなる
まぁ そういう風に考えている

ってか本音を言えば
この裏返し的な考え方には
もしも同じ趣味の持ち主だった場合
例えば映画について「オレも」話さなければならないし
音楽や旅行などについて「オレも」話さなければならいのは
とても「面倒臭い」
まぁ 簡単に言っちゃえば
それだけの事なんだけどね・・・
つまりは
必要以外の事を人と話すのはとても面倒臭しダリィ
実はそれが本音ではある

 
 仕事の関係で
山田君を同席させて先方の部長さんと会っていた(初対面)
普通はまぁ 仕事だけの話しで終わるのだが
いかんせん人懐っこい
話し好きの 人の良い部長さんらしく
中々面倒な事に
プライベートっつ〜かなんつ〜か
ブッチャケそれ どうでもよくね? チックな事
つまりは「趣味はなんなの?」的な会話が始まってしまった

勘弁してくれよ・・・

 まぁ いつも通り
「趣味のないつまんない人間なんですよね ハハハ」的な
受け答えをした後
イヤ〜〜な予感を感じる

世の中とは不思議な物で
そのイヤ〜〜な予感というのは
まぁ 大概的中したりしてしまう

「山田君は?」
「ボクはガンダムのプラモデル作るの好きですね」(意気揚々と・・・)

つまりは山田君は
よく言えば純粋だし天真爛漫だし
でも悪く言えばただのバカなんだよね
ってかよ
「ハタからどう自分が見られるか」
つまりはそういうの
全然気にしないタイプだし
むしろよく聞いてくれました チックにすら思っちゃうタイプの人間なんだよね
ってかさ
別にガンプラマニアはいいよ
普通に全然いい
でもさ
それを今この席で言うのはぶっちゃけどうなの?

とはいえだよ
そこいらのアイドルじゃあるまいし
そういう部分まで上司のオレは教育しないといけないの?
一介の営業マンにさ
「趣味は?」って聞かれたら
映画とか音楽とか
はたまた可愛い小物集めです
そう言いなさいとかさ
そこまでオレ面倒みないといけないの?

ってかさ
この場でガンプラとか言えちゃうとかさ
ある意味オナニーです それに匹敵するレベルでコイツ強え〜 とか思ったんだけども
まぁ 言っちまったもんはしょうがね〜

この部長さん 懐が深い
いや
男の子のお子さんでもいるのかもしれない

「いや〜 そうかね」と
「僕も昔はよく『模型』を作ったりしたもんだよ」と
そう言ってくれるじゃないか(内心ホッ)
がしかし・・・
空気とか全くよめない山田君
「えぇ〜 どんな『プラモ』作ってたんですか」と

いやいやいやいや
そこはせめて「模型」で返そうよ・・・
最低でも「プラモデル」くらいは言おうよ・・・
プラモって・・・
お前は友達と話してるのか・・・

とはいえさすが部長さん
意にも介さず
「そうだね〜 当時は戦車とか戦艦をよく作ってたよね」と
したら山田君
「アッ 僕も『ガンタンク』とか『ホワイトベース』は何回も作りましたよ」と・・・

いやいやいやいや
お前どんだけミラクルな返しだよ

ってかさ
戦車→ガンタンク
戦艦→ホワイトベース
即座にそういう事には頭が回るんだ
お前は天才か・・・
逆の意味で・・・

ってかさ
隣でこの会話聞く上司の身にもなれよ
「いたたまれない」
まさに今この言葉を体現中
頼むから死んでくれ
本気でオレそう思ったよ
にも関わらず・・・ だ・・・

「部長はどんな戦艦が好きだったんですか」と山田君
「そうだね・・・ やっぱり大和は別格だったかな」と
「アッ ヤマトなら最近 また人気出てきましたよ」と

いやいやいやいやいや
山田君の言ってるヤマトは
この前キムタクとか黒木メイサが乗ってた方だから
空飛んで宇宙まで行っちゃう奴だから
ワープとかしちゃって
波動砲とか撃っちゃう奴だから

日本だけじゃなく
地球とか救っちゃうから

ってかさ
どう考えても会話の流れから言ってさ
この部長さんの大和はさ
広島県の呉港から戦時中に出てった 
漢字の大和だから
キムタクとか乗ってね〜から
古代君とかいね〜し
松本零士原作とかじゃね〜から

ってかさ
本当ね
これ隣で聞いてたオレの気持ちわかる?
オレコイツの上司
この大バカ者の上司
「アッチャ〜」
この言葉を今まさに体現中

ってかね
この時オレが何を考えていたか
大きくは2つ
どうやって会話の流れを戻し いかにして早くこの場をおさめて帰るか
もしくは一刻も早く部長の趣味に話題を切り替えるか
もう一つは
コイツこの後どうしてくれようか
つまりはスゲ〜速度で頭の中回転させて
会話の流れを5手先までよんで
いかに話しの腰を折るか
まぁ そんな事を考えていたんだけども
ここで一つのミラクルが起こる

「そうかね 大和はやっぱり今でも人気あるのかね」と
「当然ですよ部長 僕は作った事ないんですけどね」と
「そうかね そうかね いや〜
 また昔を思い出して 童心にかえってそういうの作るのも悪くないかもね」と
「そうですよ 部長 集中出来るっていうかなんていうか
 仕事の事とか完全に忘れちゃいますからね」と

あまりのミラクルさに
まばゆいくらいの眩しさすら感じるオレ
軸は同じでも次元の違う話しが何故か咬み合った事に深く感謝するオレ・・・
ってか山田君
プラモごときで仕事の事完全に忘れたらダメ・・・
それある意味「現実逃避」とも言うし
そんな現実逃避を人にすすめたらダメ・・・

腰を上げる絶好のタイミング到来
今を逃したらまずい 
即座に行動に出たオレに
本日いろんな意味で
最も有り得ない 逆の意味で死にたくなる瞬間が到来する

「はなぶさ君もね 山田君を見習って何か趣味の一つでも作ったらどうかね」と部長
「そうですよ はなぶささん 本当はなぶささんは「つまんない人間」なんですから」と山田君・・・
「ハハハッ」
苦笑いとか乾いた笑い
今まさにオレ体現中・・・
実行中・・・

殺意を覚えるとはまさにこの事であろうか・・・
むしろどうやって殺してやろうか
真剣にそんな事を考えるオレ

ってかさ
ここでまさかオレに話し振り替えされるとか
しかも
けなされる系にふってくるとか
しかも
まさか山田君までがそれに乗るとか

大和撃沈
民主党崩壊
日本沈没

はなぶさ氏 冷静に奈落の底に落ちていく感覚を味わう

ってかね
まさかね
5手先をよんでたオレがね
6手先でオレが山田君にコケにされるとかね
本当読みきれなかったわ・・・

ってかね
なんかよくわからないけど
部長さん機嫌いいからいいんだけどさ
その全体的な流れをだよ
まさかこの山田君が演出するとかね
なんだろうこの敗北感
なんだろうこの哀れな気持ち
オレ可愛そ過ぎる・・・

ってかさ
計算する人間には絶対ミラクルは起こせないよね

ってかね
そういえば昔まっちゃんが言ってた
どんだけレベルの高い笑いをオレが計算しても
天然には絶対勝てないって

ってかさ
したらよ
結局のところだよ
オレは山田君には絶対勝てないって事なの・・・

ってか
ある意味コイツ
悪魔の実 ロギア(天然)系食べたとか・・・
実は実力者でツエ〜とか・・・
そういやコイツ
僕泳げないんですよね とかいつか言ってた気がする・・・

帰りの車中で黙りこくるオレに
「いや〜プラモ好きの人でよかったですね」と山田君
いや プラモ好きとか誰も一言も言ってね〜から

「まぁ 結構盛り上がったから話し的には大丈夫でしょ」と山田君
戦艦「やまと」違いだけどね・・・

「なんですか〜 さっきはあぁ言いましたけど
 別に僕 はなぶささんの事つまんない人間なんて 
 これっぽっちも思ってないですから 元気出してくださいよ」と山田君
ウソ〜ン
もしかしてオレ
山田君になぐさめられたかもしれない感じ・・・
エエェェェ〜 マジで・・・

なんかさ
もうね
殺意を覚えるとかよりも
なんかもうどうでもいいや・・・
ってか
なんかスゲ〜疲れた・・・
ってか
考えるだけ無駄
コイツには絶対通用しない

ってか
とても悲しいか悔しいかわからないんだけども
世の中にはそういうタイプの人間が結構いるんだけども
オレもね
どうしてそっち方面の人間じゃなかったのかな〜ってね
たまに考えるんだけども
したらさ
こうさ
もう少しさ
なんつ〜かね
生きるの楽だったかな〜 とかね
生きるの楽しいだろうな〜 とかね
思うんだけどさ
全然違う方向に生まれて
全く違う方面に突き抜けちゃったんだもん
今更もうどうしようもないよね・・・

認めたくはないけども
オレには絶対勝てないタイプの人間がこの世には存在する・・・

往々にして
そういう人間はかなりの確率で大バカである・・・

大バカに負ける
大バカに勝てない
どんだけ努力して計算しても
何も考えてない
何も努力してない奴を越える事が出来ない・・・

なんだろうこの敗北感と徒労感は・・・

人生って何なんだろう・・・

どれだけ思考して
どれだけシュミレーションして
どれだけ準備しても
何も考えてない奴に負けるって
絶対これ不公平だよね・・・

今度生まれてくる時には
オレもそっち側の人間で生まれてきたいな
そんな事を真面目に思った
夕日のとても綺麗な夕刻の出来事であった・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

「今度部長さんに ヤマトのプラモ持ってっていいっすか」
少し意地悪な事を考えたオレは
「いいんじゃない 喜ぶと思うよ」と
「経費で落ちますか」と山田君
別にオレが印鑑押すから平気っちゃ〜平気なんだけども・・・

宇宙戦艦ヤマトのプラモを前に
驚く部長の顔をとても見てみたい気もするけども
とてもじゃないけど
さすがにその場には同席したくね〜なと
したら結局は見れないし 何も面白くね〜なと
ってか
まだ仕事が決まってない以上
まだ部長さんの心象を悪くするのは得策じゃね〜なと
つまりはよ
やっぱりいろいろな事を即座に「計算」しちゃうオレがいて
「やっぱダメだわ」と言うオレに
「どうしてっすか」と言う山田君
でもしばらくはそんな山田君と
全然口をきかないオレなのであった・・・

「絵合わせ・・・」

  • 2011/02/19(土) 07:36:49

 麻雀なるゲーム(?)がある
どんなゲームなのかを一言で説明するのはとても難しい
何故なら
単純にルールだけを知っていれば楽しめる
そんな底の浅いゲームではないからだ・・・

 やるだけなら誰でも出来る
単純に絵を合わせればいいだけだからな
とはいえ
そのレベルで言えば
「そのドラえもん ポンッ!」とか言って
ドンジャラでもやっていればよろし
もっと言ってしまえば
ババ抜きでもやっていればよろし
オレはそう思うわけだ

 そこには心理戦有り
技術戦有り
力技有り
相手の手を読む
河(ホー)から手配を読む
ツモを読む
点棒を読む
大局的に勝敗の流れを読む
自分の状態を把握する
相手の状態を推測する
我慢比べに根競べ
楽を選ばない
つまりはただ 絵を合わせてりゃ〜いいってもんじゃないんだよ

そこまでいけてようやく
本当の意味で麻雀を楽しむ事が出来る
麻雀というゲームを理解出来る
そこそこ打てるレベルじゃね・・・ 
そう言えるんじゃないかと思うんだけど・・・

 ゲームをより深く楽しむ為には
そのゲームをより深く探求し
より深く理解し
より深く追求するべきだ
オレはそう思っているわけだな
つまりは
「やるからには真剣に」
本気で楽しみたいならば
本気で向き合うべきだ
まぁ そう言いたいわけだ

 とはいえ
ゲームの楽しみ方などは人それぞれなので
まぁ その人がどんな楽しみ方をしていても
ましてや自分の金で行っている以上
文句を言うつもりはない
全く更々ない

が・・・

 スロットのAタイプなどは単純すぎる
つまらん
そういう輩も多いかと思うけども
これで結構そんな単純なAタイプ
沖スロやジャグラーをそこそこ打てている人っつ〜のは
極めて少なかったりもする

 朝一130回転で何も引けなければお仕舞い
何か引けても飲まれたららお仕舞い
少し連荘しても
やっぱ130超えたらお仕舞い
合算がいいから少しだけ打ってみるけども
1Kで光らないからお仕舞い
なんとなく隣が気になるからコイン入れて1回2回レバー叩いてみる
あっちの台にフラフラ
こっちの台にフラフラ
おっ 連荘したラッキー
でもやっぱヤメ
とかね
見てると
まるで素人の麻雀 絵合わせと一緒だ
ってか
やってるレベルはまさにドンジャラ
ってか
それはスロットじゃないよ スロットじゃ・・・
そういう人が結構いる

もう少しこうさ
スロットとしての奥行きっつ〜かね
深さっつ〜かね
嗜みっつ〜か
なんつ〜か
こうスロットとしての雅な部分?
噛み締める部分?
味わい的な部分?
そういうのさ
君達もう少し理解しようよ
ってかね
もっと変態チックに言ってしまえばね
もう少しこうさ
台と語らうっつ〜か
会話するっつ〜か
ワビサビを楽しむっつ〜かなんつ〜か
何しろだ
もう少しこうさ
お互いが懐を深くして
ゆったりパイプをふかすようにだな
風光明媚を楽しめるようになろうよってね・・・

まぁね
すごく大きなお世話なんだけども
そういう人スゲ〜多いからさ
特にジャグの島とか沖スロの島には
そんな人が結構いるからさ
もう少しこうね
「打てるレベルになろうよ・・・」みたいなね
「君がしてるのはそれ 
 とても『スロット』のレベルじゃないよ・・・」みたいなね
まぁ そんな事を思ってみたりしたわけである

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

いやまぁね
ほいじゃ〜オレが充分打てるレベルなのかって言われればね
まだまだレベルペーペーなんだけどさ
それでもまぁ少しはね
本当わずかながらではあるけども
ようやく少しはジャグラーを打てるようにはなってきたかな〜ってね
まぁ そんな事を思ってはいるんだけども
それでもまぁ レベル的には黄帯(柔道5級)くらいのもんである

ってか
スロット打つのにワビサビとかいらね〜から・・・
趣も風光明媚もいらなければ
語らいも味わいもいらね〜から・・・
まぁ そういう意見も多数あるかと思うけども
つまりはスロットを
「遊戯」と捉えるて「趣味」や「楽しみ」と捉えるか
「ギャンブル」とか「金を稼ぐ道具」って捉えて
「メシのタネ」と捉えるか
つまりはまぁ
価値感の違いだな・・・

「楽しく」だけを追求したら当然金が続かないわけだし
でも
「金」だけを追求したら
それはとてもつまらない物に成下がってしまう

それはなんかとてつもなく寂しい感じがしてしまう
でもさ
それは価値感や思想の違いであって
「スロットの向き合い方」の違いの話しであって
この「レベルの違い」の話しとは根本が違う話しだから
なのでまぁ
「絵合わせ」と一緒にしているわけではないし
むしろ
「打てる」「打てていない」の話しをしたら
金だけを追求している人の方がよっぽど
よっぽどしっかり打てている
オレはそう思っている

むしろそういうレベルで話しをするならば
よっぽどオレは打ててないない
そう自分から言っちゃうよね・・・

「infinity・・・」

  • 2011/02/18(金) 07:31:39

 死という概念が何を表すのか
つまりはそれ次第なんだけども
まぁ 単純に肉体的な個の活動が停止するのは間違いないわけだな
でも
その志や思想 想いは受け継がれて行き
肉体は滅んでも魂は生き続ける
つまりはまぁ
「君の意思は受け継がれるから 死する事を恐れなくてよい」
まぁ こんな感じが
ごくごく一般的な様々な宗教様が説いてる事なわけで
まぁ あれだ
「死という恐怖から逃れる為の詭弁にすぎないわけだ」

 今は昔と違って
今ある苦しみ 悲しみなどは
これ全てまやかしであり
実はこれ全て無であり
ゆうてもそんなに気にする事ね〜で みたいな
そういう色即是空 的な事言われても
まぁ 通用しないっつ〜か
お前 何言ってるの? チックな部分の方が大きなわけで
ましてやアンタ
諸行無常などと言われて
この世はこれ全て
生きてる間は修行であるから
この世の全ての無常を受け入れようや
みたいな事言われても
そりゃアンタ無理じゃね
みたいな価値感の方が多いわけだな

 とはいえ
それこそ今のこの国では
どこぞかの国みたいにクーデターとか起きるほど
爆発的な不満をみんなが抱えているわけじゃないし
ましてや昔のこの国みたいに
幕府のせいで日々の生活
食う物にも困るほど貧窮して
人がコロコロ死んで行く
そんな一揆が起こるほどの苦しみを
世の大半の人が感じる事もないわけだ
ってか
今現在そういう生活してる人がいるとすれば
その大半は「自分の責任」なわけだ

 輪廻転生という思想があるんだけども
つまりはまぁ 生まれ変わり 死に変わり
今ある自分は誰かの生まれ変わりであり
また今ある自分も誰かに生まれ変わる
まぁ そんな感じなんだけども
死ねば肉体は消えてなくなるけども
その魂は他に移って 
まぁ いわゆるさっきの
魂は生き続ける みたいな思想と同じになっちゃうわけだ

 ってかね
簡単に言っちゃえばさ
「死」っつ〜事をだよ
なんだかみんな恐れすぎ・・・

 死んだ事ないからよくわかんね〜し
そこまで具体的に説明する事もできね〜けども
ゆうてもさ
みんな1回は絶対するもんじゃね
別にオレだけがする特別な事なわけじゃね〜し
したらよ
それは怖がるもんではなく
むしろこうなんつ〜かな
「解放」的な意味合いで捉える事はできね〜もんかな
ってオレは思うのね

何からの?
つきつめればそれにぶち当たるんだけども
でもこれこそが真理であるんだけども
つまりは「全て」
人を苦しめている全ての根源的な「欲」であり
その欲から生まれる「争い」であり
その争いから生まれる「悲しみ」であり
その悲しみから生まれる「苦しみ」であり

逆説的に言えば
それと同じくらい存在する
全ての喜びや楽しみもなくなっちゃうわけなんだけども
でもね
オレ的に言わせてもらえば
色即是空であったりする
その苦しみは「無」である教えはさ
むしろ
その喜びすらも「無」である
なのでそれから解放される事こそに
真の幸福が生まれる 的な
そっちの方がピンと来ると思うんだよね・・・

 悲しい辛い事はイヤだけども
喜び楽しい事に執着する
だからこそ死ぬのはいやだ みたいになっちゃって
死に対するそういう恐怖から逃れる術 的な
いろんな教えが生まれるんだけども
その教えですらオレ的にはよ
ウサンクセ〜 っつ〜のがオレの本音なんだよね・・・
 
 ってかね
「死」って言うのは「終わり」じゃなく
でもそれは
「魂」は受け継がれる的な物でもなく
死ぬ事は怖い事でもなく
当然嬉しい事でもないんだけども
なんつ〜かね
それ考えて恐れてる暇あるんなら
「今の人生」
「今という時間」
いつか終わりが来る全てからの解放までの時
それこそが永遠なんじゃね

その永遠と思える思想こそ
実は無限の幸福を産むんじゃね っつ〜ね
こうなんつ〜かさ
そういう思想
そういう
「今を必死に生きて で 死ねばいんじゃね」みたいな
そういうところまでこう
スコ〜〜ンっと突き抜けられないもんかね・・・
って思うのね

 子供がまだ小さいし嫁もいる
なのでまだ死ぬわけにはいかない
当然そう思っている
なので未練もたくさんある
でも だからと言って特別
死ぬのが怖いとは思っていない
もし今そういう目に合う事があったならば
怖いよりもむしろ
「申し訳ない」そう思う気持ちの方が格段に強いと思う
それでも
人であり 父であり 旦那であり 子であるオレは
心の奥底のもっと奥の方
誰にも見せないし 
もしかしたら自分でも気がついていない
もしくは 気がつかないフリをしている部分
「あぁ〜 これで全てのうっとうしい事から解放されるわ」
そういう安堵の気持ちすら生まれてしまうかもしれない
そんな事すら思う

「今」は時間軸で語れば今だけであり
そして全ての今は過去の物となるけども
オレが考える今は
とてつもなく永遠に近い物であり
そしてそれは確実に未来へとつながっている
今に永遠の時を見出し
今を一生懸命生きているオレは
それほど「終わる」とか
「なくなる」という概念の
「死」という物は怖くない
むしろ ようやく解放されるのか・・・ みたいに思うかもしれない・・・

 とはいえ
ほいじゃ〜「死にたがり」なのかと言われれば
それはまた全く違う思想になり
特別そういうタイプの人でもない
ってか
全てに絶望するほど愚か者でもない


相変わらず何言ってるのかわからないと言う人が大勢いると思うけども
つまりはまぁ
わかる人だけがわかってくれればいいし
最近のオレはどうもこう また
また違う方向に達観できたらしく
全てのあらゆる事柄が
これまた全くどうでもいいお話しだな・・・
そう思えるようになり
つまりはまぁ 本当どうでもいい話しなんだよ・・・


本来ならこの記事は「eternal・・・」の方が内容的にはふさわしいと思った御仁もいるかもしれない
(ってか いないと思うけど)
でもオレの想いとしては
40億の人類をはじめ
過去も そしてこれから生まれる未来の人類も含めて
その無限の永遠である「今」に対して 「infinity・・・」 こうしたのは
これまた同様に 全くどうでもいいお話しでありますな・・・

「minority・・・」

  • 2011/02/17(木) 07:30:56

天国と地獄の事を考えていた

世の中の全ての悲しみが
このまま一生終わる事なく継続したら
それはとても死にたくなると思う
つまりは終わらない苦しみ
昇華されない悲しみ
連続する辛い事
まぁ 地獄の想像は容易にする事ができる・・・

とはいえ
天国のイメージが全く出来ない
羽の生えた天使が音楽を奏で
気温26度くらいの世界で
餓えもなく
争いもなく
不幸も悲しみも苦しみもなく
みんなが永遠に楽しく笑顔で暮らしてる感じ・・・
であろうか・・・

人の欲には際限がなく
突き詰めればそれが世の中の不幸や悲しみの全てを生み出しているという思想があった時
天国とはその全ての欲が叶うのであろうか・・・
そんな事を思ったりしてしまう

美味しい物を毎日たらふく食べて
美味なる酒を朝から飲み
にも関わらず体系は崩れないしメタボにもならない とか・・・
世界中の全ての女性と生でエッチできて
中で出せる
にも関わらずエイズとかないし 子供の心配もない とか・・・
前は海水浴場でマリンスポーツを堪能でき(気温30度 極めて湿度良好 かつヌーディストビーチ)
後ろは雪山でボードやスキーが楽しめて(気温9度 極めて天気良好 かつ毎日パウダースノー)
横にはハイキングに最適な極めて絶景の観光名所が立ち並び
しかも毎日日替わりでその観光名所は変更する事ができ
逆の横にはスカイダイビングの施設を併設してて
その奥 歩いて3分の所には競馬 競輪 ボートにパチンコ
麻雀施設やカジノまで併設し
そして全ての客が必ず勝てる とか・・・

でもさ
そんな暮らしですら
5年もすれば飽きると思うのだが・・・
いや10年くらいは楽しめるかな・・・
つまりはよ
それに飽きたらどうすればいい?

全ての者に不平不満がなく
永遠に幸福で笑顔で暮らせる場所・・・
想像出来ない・・・

人の欲には際限がない
つまりはその際限ない欲求を満たしてこその天国と仮定した場合
全てがスケール違いで青天井だし
その青天井ですら
永遠という期間においては飽きがくる
まぁ 絶対そうだよな・・・

って事はよ
今現在我々が喜びや楽しみ
嬉しいを感じていられるのは
つきつめればそれに反する悲しみや苦しみがあるからこそだ・・・
そういう答えが出る事になる・・・

もっと言ってしまえば
終わらない永遠の幸福が続く天国とは
そこには少なからずイヤな事も存在しなければ
幸福を噛み締める事もできない
そういう事になってしまう

つまりはよ
天国とか楽園なんてどこにも存在しないし
青天井で願いが叶う
しかも永遠に笑顔で幸福に暮らせる
そんな思想は全くマトハズレもはなはだしい
そういう答えが出てしまうし
逆の理屈で当然地獄もない
そういう事になってしまう

いや
逆説的に捉えれば
生きている今現在の生活の中で
各々が天国と感じられる場所を創造し
各々が考える地獄と言う場所にはいかないようにする
あの世に天国も地獄もないのならば
現世で作り出すしかない
そういう理屈が生まれてしまう

つまりはよ
天国と地獄っつ〜思想はよ
つきつめれば
まぁ 今の人生を一生懸命生きろよっつ〜
まぁ 頑張れよっつ〜
まぁ そういう事なんだろうな・・・
ってね
思ったりしたわけだ
違うかね・・・

全ての欲が青天井で叶う天国
永遠に笑顔で暮らせて
イヤな事が何一つない世界
争いも悲しみもなく
そこでは全ての者が静かに日々を楽しく過ごす場所
つまりはよ
そういう場所をだ
この世界に頑張って創り出せっつ〜ね
まぁ そういう思想なんじゃないかな・・・
違うかな・・・

ってか
わかる人だけわかってくれればいい話しなんだけどね・・・

まぁね 本当どうでもいい話しなんだけどね・・・

つまりはまぁ
「どうやって生きるのか?」
オレはそれを全ての民に問いたいわけだよ・・・
いや
オレはそれを探している
まぁ それが言いたいだけの話しだよ・・・