「WAOooooooow・・・」

  • 2013/10/18(金) 07:30:58

例えるなら・・・
そこは無理やろ〜 ゆう隣の人との隙間に(推定27cm)
無理矢理ケツぶりぶり入れてきて
みんな大迷惑してるのに 意地と根性で無理矢理座るおばさん(推定59歳 157cm 69kg)
みたいな話しなのだと思う

でもなんとかかんとか どうにかこうにはその隙間にケツは収まるし
って事は案外
世の中そうそう見た眼以上に「無理」なんて事ないのかもしれない

限界はいつでも自分の中に存在する
思い込みやくだらない常識のカベをぶち壊せば
まだまだ出来る事 叶う事 世の中にもみんなにも
当然オレにだってたくさんたくさん存在する
もしかしたらそんなお話しなのかもしれない

人生はいつだって 限界に挑戦するからこそ意味がある
な〜んて言った人がいたような いなかったような




まだ夏の扉が閉め切られていない 
ようやくそっと秋が入り口に姿を見せ始めた頃のお話し

朝一番起き抜けに 朝一番の排尿をしにトイレに入るよくある光景

その日の朝は若干いつもと趣が違った
なんとも我が男性器の先っぽから出てきた尿は
「これでもかっ!」ゆうくらいの勢いで
それはそれは見事なくらい綺麗に朱に染まった真っ赤な尿が排出される

ふむ
尿すら赤ワインに変えるとか
ふむ
いよいよオレも石をパンに 水をワインに変えられる力を得る事に成功したか
ふむ
今なら下手したら海すら2つに割れるかもよ

っていうか
多分これ赤ワインじゃないけどな・・・

いやいやいやいや
この先っぽから「膿」を出した事なら数回あるけども
まさかここまで真っ赤な尿を出した事は初めて
さすがに少し焦るオレ

が 痛みはない
昨日も一昨日も今朝も どこにも一向に 微塵の痛みもない
ふむ
ぶつけた記憶も飲みすぎた記憶も殴られた記憶もない
ふむ

もしかしたらだけども
もしかしたらコレ
スゲ〜やばい状態か
逆にテンデどこもなんて事ない状態のどっちかだと思う

いや 当然どっちかしかないわけなんだけども・・・

っていうか
世の中はとても便利になった
「血尿」
このたった2文字を打ちこむだけで
アッつ〜間にそこには溢れ出んばかりの情報の山

まぁ 当然いろいろな奴がいろいろな事を書いている
が まぁ 簡単に要約すると
何しろ「病院行ってキチンと検査しろ」
つまりはそういう事らしい

ふむ

言われなくてもそうするわっ!

幸いな事に 今日は午後から比較的手が空いている
早速近所の結構大きい総合病院に予約をし行ってみる

尿検査 血液検査を行うが
簡単に言えば 詳しい検査には数週間かかるけども
確かに間違いなく尿に血液は混じっている
との事

悪性なのかなんなのか
原因は結果が出るまではわからないけども
どうしますか?
カメラ入れて直に見れば まぁまぁ簡単にスグにわかりますけども
な〜んてな事を若干頭頂部の薄い 目の前の先生が
若干半笑いで言っている

あぁ〜すいません
そこまでの時間はないんですよ

てっきり下半身裸になって
下手したら腹の脇当たりに穴あけて
そこから細いカメラでもぶっこんで覗いて見る
そ〜んなプチ日帰り手術っぽい事をイメージするオレ

が先生
いやいや 1時間で全部終わりますよ との事

ふむ
このまま原因不明の血尿を引っ張るのはイヤだ
っていうか怖い
(ネット情報の全てが善意で書いてあるわけではない)
したらばまぁ
良いにしろ悪いにしろ 何しろ原因だけでもわかれば落ちつくし
1時間で済むならOK牧場(?)

したらまぁ わかりました お願いしますと
 
っていうか最近の医療の進化は目を見張るものがある
一つには医療技術の進化
日夜不眠不休で行われる開発
むしろその最先端の技術を常に学び取り入れ研究していないような医者は
もはや時代についていけず
この頭頂部の薄い若干薄ら笑いの先生は・・・
多分信用に値すると思われる

もう一つには医療機器の進化
日夜不眠不休で行われる開発
性能は格段に上がり でも日々最軽量小型化されていくマシーンの数々
さすが MADE IN JAPAN
お・も・て・な・し の精神
この街一番の総合病院ならば 銭もたっぷり持ってるはずや
したら最新の医療機器も腐るほど持ってるはずやで

さらに新薬の研究開発
日夜不眠不休で行わ(以下同文)

そしたらと 隣の部屋に案内されるオレ

まぁ ある程度の覚悟はしているとはいえ
そこはやはり
「はい じゃ〜ズボン脱いでそこに腰掛けてください」
な〜んて事を
ソコソコ若い看護師の嬢ちゃんに言われると
さすがに若干気恥かしい

そこは45歳のむさいオッサン
むしろ恥ずかしがってる方が気持ち悪いし引かれる
そこは風俗嬢の嬢ちゃん並にスパッと
下半身を露出するオレ

のちに看護師は
「あれほど見事な脱ぎっぷりを披露する人は少ないと・・・」

がしかし

そこに腰掛けてくださいの椅子がなんともかんとも

簡単に言ってしまえば
45度の分娩台 みたいな感じであろうか・・・

完全に下半身を露出した状態で
足をパカッ 思い切り開脚した状態で
チンチンプラプラさせた状態で
上向き45度
足元には何かワサワサ準備にいそしむ看護師達が3〜4人
角度によってはケツの穴まで丸見え

っていうか
もしかして今オレ
い・き・は・じ 晒してないか
ふとそんな事を思う


はい消毒しますね〜 とか言われて
生チンを見ず知らずの女性に触られるとか
何年ぶりや

ともすれば 感じてしまいがちになる下半身を鎮めるオレ

でだ
粘膜麻酔なるものをされ 
その下半身露出の ポコチンプラプラの アナル丸出しのまま
更に10分の放置プレイ

っていうか
上位の上級変態プレイヤーなら泣いて喜ぶプレイやで
とはいえ
まだまだ下位の粗末な変態野郎のオレは
ただただひたすら頭の中で
ただただ精神集中 現実逃避の為だけに
ただただ一心不乱に般若心境を唱えていたよ

だって万が一にも勃起でもしようもんなら目もあてられないし
そもそもこんな姿でいる自分とか
現実から目をそむけたいからな

っていうか
なんでこう尻の穴って
たま〜にこう キュ〜 ってなるんだろ〜ね

知らんがな・・・

そこへようやく半笑いの先生登場

そしたらこのカメラを尿道にこう グッ〜と入れていきますから
何かあったらスグに言ってください・・・







えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ〜〜







せ せ せ 先生

無理
いやマジ無理


どう考えてもソレ
その穴には入らないでしょ


いやいや これがね
結構こう簡単にニュルって入るんですよ
との事


いやいやいやいや

それ どう考えても胃カメラと同じ太さでしょ

そうですね

いやいやいやいやいや

先生 もう少しこう 「最先端」 みたいな技術あるでしょ
っていうかソレ そこに入れるとか
冗談ですよね

っていうか
その油性マジックの太さのもんが
チンチンの穴に入るか ゆう話しですよ 先生

人差し指くらいありますよソレ

普通人差し指 チンチンの穴には入らんでしょ 常識的に

っていうか先生
見てこの穴
これしかないんですよ
(自分のチンチンつまみだすオレ)
この小さい穴にソレ
絶対無理ですって

鼻の穴でソレギリでしょ〜よ
いや
鼻の穴でも無理っぽいですよ

いやいやいやいや
せめて麺棒なら入れた事ありますし
麺棒が限界ですよ
うん
この穴には麺棒がギリですよ

どう考えてもソレ そこに入れるとか
ありえないですよ

気が付けば
久しぶりに「必死」なオレ

もはや「医療行為」をされる立場とか関係なくなっとる・・・

っていうか
それを一番最初にやってみよう と思ったのはどこの変態だろ

いやむしろそれを思いつくとか
もはや 処罰とか処刑クラスの 犯罪者クラスの「償い」レベルの行為じゃね

っていうかそれ
普通思いついてもやらんわ

裂けるわ 裂ける



はいはい そしたら行きますね〜

コラッ 
人話し聞いてるっ?

という訴えも虚しく

こうグググググッッッッ〜〜〜 ってこう


アッフッ! とか 
デゥフッ! とか 
ゲゥフッ! とか
グッヌヌヌヌッッ ! とか

何しろ久しぶりに「声にならない声」が口から洩れたわ

よくわかんないけど
女の人ってこんな感じかな とか思ったわ

っていうか
あの先っぽから尿道までの距離を
あの太さのカメラがズルンズルン入っていくとか
ある意味こう
新しい哲学や宗教が生まれるわ

もしくは宇宙が創造されるに等しい所業だわ

しかも
その映像
横のカメラでオレも見てるし・・・

あぁぁ〜 尿道って綺麗なピンクだな〜 とか
なるほど 膀胱の中ってあったかそうだな〜 とか
およよ やっぱシッコって黄色い黄色い とか

リアル「ミクロの決死圏」や〜 とかね・・・

思うかボケッ!



とそこに・・・

そこにはなんと キラリと光る小さな小さな綺麗な石が・・・

あぁ〜 これですね これ
見えますか?

これね
尿管結石です

石が出てきたんですね

あぁ〜 これじゃ〜傷ついて血も出ますね

えぇぇぇぇ〜
に に 尿管結石?

って死ぬほど痛いんじゃなかったでしたっけ?

ですね

はなぶささんの場合 この腎臓から膀胱までの穴が(見える)
少し大きいみたいですね
なもんで詰まらないで出てきたんでしょうね
よかったですね
これこの管に詰まったら(見える)
普通の人は激しい痛みを伴いますからね

との事

ふむ
お蔭様で
尿管結石の痛みは味あわなかったけども
尿道にこの太さのカメラ入れるっつ〜経験したから
行ってこいでトントンじゃないっすか
(この恰好でこの仕打ち中でも冗談を言えるオレ
 素敵・・・)

ハハハハハハハハ
ですね〜

ってコラッ

ですねじゃねっ〜 っつ〜の

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する