「引越し中・・・」

  • 2013/10/30(水) 07:30:26

よくわからないんだけども
多分出来てると思うんだけども
「FC2」っていうところにブログ引っ越し中準備中実行中

タイトル
「悩めるスロッター供
http://hanabusa0606.blog.fc2.com/

知ったこっちゃね〜

99%以上の人がそう思うと思うけど
世の中これで中々広いので
恐らく片手で数えるくらいには
多分いるであろう希少な読者様の期待に応えるべく
こうしてお知らせ記事を書いてみました

これからは新規一転新天地で心を入れ替えて
またあの頃のように記事をバリバリ更新していくつもりなので
もう少し今後ともお付き合いいただければ幸いです


ウソつきました ごめんなさい・・・


まぁ 相変わらずボチボチ書いていきますので
相変わらずボチボチお付き合いいただけたら幸いです

「煙の行方・・・」

  • 2013/10/29(火) 07:30:44

「ただ今のお時間 禁煙席だけのご利用なのですが・・・」

最近そういう事を言う店が増えてきたような気がする

っていうかコチトラ
ただ今のお時間だけじゃなく
24時間ソレでも全然構わないんだがな


気が付けば禁煙始めて丸2年以上が経っている

むしろここまで来るともはや
「禁煙」じゃなく
普通にタバコ吸いません ゆうレベルの人でいいんじゃないかと思う

いまだにPCのデスクトップ上に残された「禁煙カウンター」には
すでにゆうに26万円以上の金額が表示されている
(どこに行きやがった・・・) 

今となってはほぼ
喫煙衝動に駆られる事はないし
むしろタバコ吸ってる人見ると
みんな肺ガンになって死んじゃえばいいのに・・・ とすら思う

っていうか
「タバコ吸ってる」
ただそれだけで
「あぁ こいつバカなんだ・・・」と
他人を完全に見下してるフシすらある

「金出して高い税金払って燃やして煙にしてる」
でも花火ほどの感動も美しさも芸術もない

しかも
「金だして身体に悪い事して寿命を縮めてる」
「金だして悪害というリスクを買って身体に与えている」
「金出して親兄弟より早く死ぬ可能性を高めている」
「金出して我が子を父なし児にする可能性を高めている」
「金出して我はいいかも知れんけど 周囲に迷惑かけてる」
「なんでそれに気がつかない・・・ 気が付かないんや」
などなど

アホや

いやそれはそれでいい
個人の自由だし
勝手にやってくれればいい

勝手に死んでくれればいい

勝手に人より税金多く払えばいい

何より
オレも20年以上やってたしな・・・

がしかし・・・



最近は本当に街でタバコを吸える場所が減りましたね
「激減」ってこういう事を言うのでしょうね

それはつまり
街中から「灰皿」が消えたって事なんでしょうね
灰皿が

それはつまり
灰皿がないんだから=そこでタバコ吸ったらダメって事なんですよ

ダメだからわざわざ撤去したんですよ
でしょ

にも関わらず・・・

な〜んか最近
「携帯灰皿」持ってるから僕
タバコぽい捨てしないから僕
偉いでしょ
ちゃんと考えてるでしょ
そこいらのバカたれと一緒じゃないでしょ
だから僕 ここで吸うよ
みたいな奴いるけど

そもそも
「ポイ捨て」だけの問題じゃね〜ってわかってね〜奴多いよな・・・

「自分の出したゴミを持ち帰る」とか
そんなのは喫煙者だけの常識じゃなく
世間一般では大概当たり前の行為なんだけども
な〜んで奴らはサモ僕偉い  みたいな顔してんのかわかんね

っていうか
問題はそこじゃなく
トイレ以外で排尿や排便をする行為はとても恥ずかしいのと一緒で

灰皿ない場所でタバコ吸うのは
とても恥ずかしい行為 
もしくはいけない行為 
つまりはダメって事
どうして気が付かないんだろ

むしろ携帯灰皿持ってりゃ〜 どこでもタバコ吸える
とか思ってる厚かましさ

ソレってどうなん

っていうか
「気を使ってるからいいでしょ」
みたいな解釈する人
喫煙に関わらずだけど
世の中に結構いっぱいいるけど
ぶちゃけオメ〜常識的に考えて
気を使ってても世の中
そら〜やっぱダメなもんはダメだかんな

気を使おうと 気を使わなかろうと
そら〜やっぱダメなもんはダメ

っつ〜か中にはオメ〜
その心理利用して
「気を使ってるフリだけしてる奴」
結構いっぱいいっからな

もう1回言う
気を使おうと 使うまいと
基本的にダメなもんはダメ

携帯灰皿持ってても
それはポイ捨てしないっつ〜だけで
そこでタバコ吸ったらダメ
ダメはダメ
それ当たり前

っていうかオメ〜ら
コンビニの入り口横のゴミ箱に
「生活ゴミの廃棄はお断りします」とか
「当店でのお買い物以外のゴミ捨てはおやめください」とか
そういうの書いてあるの見た事ね?

でさ
おめ〜らが使ってるその携帯灰皿の中の吸い殻
それオメ〜らどこに捨ててる?
ちゃんと家持って帰って捨ててる?
捨ててね〜よな
そこいらで灰皿見つけたら 
オッ こら〜しめたもの ゆうレベルで
自分の吸い殻そこに捨ててるわな

灰皿だから ここは当然吸い殻捨てていい場所なんでしょ ってなもんだな

チゲ〜から

その考え方間違ってっから

ゴミ箱だからっつ〜理由で
高速道路のゴミ箱や コンビニのゴミ箱 はてはスーパーの前のゴミ箱に
自分トコのゴミ捨ててんのと一緒だから

それともアレか
ゴミ箱だからっつ〜理由で
公園とか キャンプ場とか 富士山とかにあるゴミ箱にも
自分トコが出したゴミ
捨ててもいいか

っていうかさ
ゴミ箱っつ〜理由だけで
オメ〜らってさ
どんだけゴミ箱からゴミが溢れてても
もはや投入無理 周囲にこぼれてます 堤防決壊 ゆう状態でも
平気で捨てて行くよな

そう夏祭り会場とか
花火会場とか

あと〜
土日挟んだ自販機横のゴミ箱とか

もうさ
モラルっていう一般的な言葉よりもさ
もはや人としての脳ミソの量? 造り?
躾?
人格?
疑うわ

どうせオレじゃない誰かがやる くらいにしか思ってね〜もんな

っていうかさ
自分ちってそんなになってる?
自分の部屋のゴミ箱がそうなってたらどうする?
クソの溢れたトイレでもクソする?
出来る?
平気?
全然平気?

自分さえよければ?

自分さえよければ痛くもかゆくもない?

知ったこっちゃない?

まぁ そうなんだろうな
だからこそ他人がいようと
子供がいようと
妊婦がいようと
赤ちゃんがいようと
煙の行方なんざぁ〜お構いなしなんだろうな

どんだけ周囲に迷惑かけても
我さえよければ


まぁな
オレも2年前まではそうだったんだけどもな・・・

ってね・・・


今頃は我が家の犬のクソでも当たり前のように持って帰る時代なのに
喫煙者 他のアホどもは
何を考えてそこいらにブリブリブリブリ ゴミや煙を巻き散らかしてるのか・・・

吐いた煙を全てもう1回 自分で吸え!
もしくは袋に入れて全て持ち帰れ!
煙は見えなくなる じゃなく
煙も犬のクソも吸い殻もゴミも
同じなんだよ 同じ
人に迷惑かける って早く気が付け!




な〜んちゃって・・・

「ウキ ソワ ワク・・・」

  • 2013/10/23(水) 07:30:12

今年の12月で車検をむかえる愛車のデミオ(マツダ)は11万km
当然まだまだ走れる距離である

今度の車検時にはタイミングベルト変えろだの
タイヤ変えろだの
バッテリー変えろだの いろいろ言われるのが目に見えている

加えて来春には消費税が8%になり
更に更に少しボケ〜としてたら10%になる

ふむ
車でも買い替えるかな・・・

ふと そんな事を思うが
実は最終的に決めるのはオレではない

我が家の財務大臣が首を縦に振るか振らないか
つまりはそういうお話しだ

どこの家でもそうであるように
当然我が家の財務大臣もとても厳しく
強敵であり 
かなり手ごわい相手と言わざるえない

いや
そこまで車とか興味ないし
運転好きでもないし
ただ通勤に使うだけの足レベルの話しだし
なので別に今のデミオでも構わないっちゃ〜構わない

だけど
要は12月に車検を通すのが
我が家の家計を中長期的に考えた時に
はたして賢いか賢くないか

家計の支出と効率 使い方を考えた時に
有りか無しか
損か得か

そういう話しなのだと思う

いや
人生のあらゆる局面において
物事の是非の全てが賢い賢くない
損か得かだけで決まるわけではない

中にはバカな選択をする時もあるし
あえて損を選ぶ必要もあると思う



今回はそういう人生の「徳」について語っている場合ではない
むしろ完全に「金の使い方」「家計のやりくり」レベルの
損か得か バカか賢いか 無駄っ金か生きた金か
それだけのお話しなので
それだけで考えて良いと思う

ふむ

いや
もう一つとても大事な事が

買うとしたらいくらが許容範囲の金額か
まさか700万も800万もあるわけないし
100万ごときで中古を買うのもイヤだ
軽もイヤだ

っていうか
そんな金あんのか・・・

っていうか
我が家の財力に余力はあるのか
はたまた購入後にも少しは残るのか

まさかたかが車ごときに
我が家の財政の余力の全てをなくす気もないし
住宅ローンもまだ少し残っている

当然100万円の物を
1回1回は楽に払えるからっつんで
気が付けば総額125万円も払うとかアホ臭い
ローンとかは更々眼中にない
(住宅ローン除く)

まぁ いいや
ダメならダメでデミオ乗ってればいいだけだし
とはいえ
ここで車検を通すのだとしたら
まぁ 2年と言わず4年は乗らないと無駄っ金になっちまうから
まぁ それならそれでコツコツ金貯めておくのも有りっちゃ〜有である

が やはり出来れば乗りたくはない

いや
正直新しい車が欲しい

本音で言えば新しい車に乗りたい

私は新しい車に乗りたいのだよ 明智君

さて

どういう作戦が最も効果的か・・・

我が家にはチビ達3人いるし
これからの彼ら彼女らの未来を見据えて
地球環境に優しいハイブリッドが我ら大人の使命じゃないかな

な〜んて切り口は・・・

通用するわけない

そんな未来の地球環境規模の心配する暇あるなら
チビ達3人の為に目先の預貯金心配しろ
そう言われるのがオチ

そもそも
コンプライアンスとかは一流企業に任せておけばよいのであって
中小企業がそういう事口にしてはいけない
つまりは
当然我が家 「KING OF 庶民」が
生意気にエコなんぞを口にしたら
それこそヘソが茶を沸かしてしまう

ふむ
たまには車屋さんの前で
4歳児レベルに床に寝そべって
思い切り泣き叫びながら全身 身体中でダダでもこねてみるか

いかに欲しいかをアピールしてみるか

通用するわけない

我が家のチビ達3人みんながみんなそれをやって
過去に1度でも買ってもらえたためしがない
しかもオレ
もう45歳だし・・・

特別ここまで贅沢した覚えもないし
ゴルフをやるわけでも
外に飲みにいくわけでもない
特別趣味らしい趣味もなければ
タバコもやめた
な〜んつって
情に訴えてみるのはどうだろうか

腹の足しにもクソの足しにもならない情とか
うちの嫁に通用するわけがない

どうしてこう女って
あれくらいの歳になると
悲しいくらいに「現実」しか目に入らなくなるんだろ・・・

僕なんぞはこの歳でもまだ
「夢」とか「希望」とか見えるのにな・・・

宝くじでも当たらないかな
(↑夢とか希望)

さて
困ったもんだ・・・

などと思っていたとある日の昼下がり
嫁さんが突然

「今年さ デミオ車検じゃね」  「だね・・・」
「どうする? 車検通す? それとも買う?」

「青天の霹靂(せいてんのへきれき)」
 意味:予想もしなかったような事件や変動が、突然起きること。

とはまさにこの事を言うのだろう

咄嗟にコイツ 
大丈夫か・・・ 熱でもあんのか・・・

そう思ったのは言うまでもない

が 今現在
11月の上旬に納車らしい車を
ウキウキ ソワソワ ワクワクと待ち焦がれているオレなのであった




ただ一言
「車買ったで」
それを伝えたかっただけのお話しである

やったねっ!!

「WAOooooooow・・・」

  • 2013/10/18(金) 07:30:58

例えるなら・・・
そこは無理やろ〜 ゆう隣の人との隙間に(推定27cm)
無理矢理ケツぶりぶり入れてきて
みんな大迷惑してるのに 意地と根性で無理矢理座るおばさん(推定59歳 157cm 69kg)
みたいな話しなのだと思う

でもなんとかかんとか どうにかこうにはその隙間にケツは収まるし
って事は案外
世の中そうそう見た眼以上に「無理」なんて事ないのかもしれない

限界はいつでも自分の中に存在する
思い込みやくだらない常識のカベをぶち壊せば
まだまだ出来る事 叶う事 世の中にもみんなにも
当然オレにだってたくさんたくさん存在する
もしかしたらそんなお話しなのかもしれない

人生はいつだって 限界に挑戦するからこそ意味がある
な〜んて言った人がいたような いなかったような




まだ夏の扉が閉め切られていない 
ようやくそっと秋が入り口に姿を見せ始めた頃のお話し

朝一番起き抜けに 朝一番の排尿をしにトイレに入るよくある光景

その日の朝は若干いつもと趣が違った
なんとも我が男性器の先っぽから出てきた尿は
「これでもかっ!」ゆうくらいの勢いで
それはそれは見事なくらい綺麗に朱に染まった真っ赤な尿が排出される

ふむ
尿すら赤ワインに変えるとか
ふむ
いよいよオレも石をパンに 水をワインに変えられる力を得る事に成功したか
ふむ
今なら下手したら海すら2つに割れるかもよ

っていうか
多分これ赤ワインじゃないけどな・・・

いやいやいやいや
この先っぽから「膿」を出した事なら数回あるけども
まさかここまで真っ赤な尿を出した事は初めて
さすがに少し焦るオレ

が 痛みはない
昨日も一昨日も今朝も どこにも一向に 微塵の痛みもない
ふむ
ぶつけた記憶も飲みすぎた記憶も殴られた記憶もない
ふむ

もしかしたらだけども
もしかしたらコレ
スゲ〜やばい状態か
逆にテンデどこもなんて事ない状態のどっちかだと思う

いや 当然どっちかしかないわけなんだけども・・・

っていうか
世の中はとても便利になった
「血尿」
このたった2文字を打ちこむだけで
アッつ〜間にそこには溢れ出んばかりの情報の山

まぁ 当然いろいろな奴がいろいろな事を書いている
が まぁ 簡単に要約すると
何しろ「病院行ってキチンと検査しろ」
つまりはそういう事らしい

ふむ

言われなくてもそうするわっ!

幸いな事に 今日は午後から比較的手が空いている
早速近所の結構大きい総合病院に予約をし行ってみる

尿検査 血液検査を行うが
簡単に言えば 詳しい検査には数週間かかるけども
確かに間違いなく尿に血液は混じっている
との事

悪性なのかなんなのか
原因は結果が出るまではわからないけども
どうしますか?
カメラ入れて直に見れば まぁまぁ簡単にスグにわかりますけども
な〜んてな事を若干頭頂部の薄い 目の前の先生が
若干半笑いで言っている

あぁ〜すいません
そこまでの時間はないんですよ

てっきり下半身裸になって
下手したら腹の脇当たりに穴あけて
そこから細いカメラでもぶっこんで覗いて見る
そ〜んなプチ日帰り手術っぽい事をイメージするオレ

が先生
いやいや 1時間で全部終わりますよ との事

ふむ
このまま原因不明の血尿を引っ張るのはイヤだ
っていうか怖い
(ネット情報の全てが善意で書いてあるわけではない)
したらばまぁ
良いにしろ悪いにしろ 何しろ原因だけでもわかれば落ちつくし
1時間で済むならOK牧場(?)

したらまぁ わかりました お願いしますと
 
っていうか最近の医療の進化は目を見張るものがある
一つには医療技術の進化
日夜不眠不休で行われる開発
むしろその最先端の技術を常に学び取り入れ研究していないような医者は
もはや時代についていけず
この頭頂部の薄い若干薄ら笑いの先生は・・・
多分信用に値すると思われる

もう一つには医療機器の進化
日夜不眠不休で行われる開発
性能は格段に上がり でも日々最軽量小型化されていくマシーンの数々
さすが MADE IN JAPAN
お・も・て・な・し の精神
この街一番の総合病院ならば 銭もたっぷり持ってるはずや
したら最新の医療機器も腐るほど持ってるはずやで

さらに新薬の研究開発
日夜不眠不休で行わ(以下同文)

そしたらと 隣の部屋に案内されるオレ

まぁ ある程度の覚悟はしているとはいえ
そこはやはり
「はい じゃ〜ズボン脱いでそこに腰掛けてください」
な〜んて事を
ソコソコ若い看護師の嬢ちゃんに言われると
さすがに若干気恥かしい

そこは45歳のむさいオッサン
むしろ恥ずかしがってる方が気持ち悪いし引かれる
そこは風俗嬢の嬢ちゃん並にスパッと
下半身を露出するオレ

のちに看護師は
「あれほど見事な脱ぎっぷりを披露する人は少ないと・・・」

がしかし

そこに腰掛けてくださいの椅子がなんともかんとも

簡単に言ってしまえば
45度の分娩台 みたいな感じであろうか・・・

完全に下半身を露出した状態で
足をパカッ 思い切り開脚した状態で
チンチンプラプラさせた状態で
上向き45度
足元には何かワサワサ準備にいそしむ看護師達が3〜4人
角度によってはケツの穴まで丸見え

っていうか
もしかして今オレ
い・き・は・じ 晒してないか
ふとそんな事を思う


はい消毒しますね〜 とか言われて
生チンを見ず知らずの女性に触られるとか
何年ぶりや

ともすれば 感じてしまいがちになる下半身を鎮めるオレ

でだ
粘膜麻酔なるものをされ 
その下半身露出の ポコチンプラプラの アナル丸出しのまま
更に10分の放置プレイ

っていうか
上位の上級変態プレイヤーなら泣いて喜ぶプレイやで
とはいえ
まだまだ下位の粗末な変態野郎のオレは
ただただひたすら頭の中で
ただただ精神集中 現実逃避の為だけに
ただただ一心不乱に般若心境を唱えていたよ

だって万が一にも勃起でもしようもんなら目もあてられないし
そもそもこんな姿でいる自分とか
現実から目をそむけたいからな

っていうか
なんでこう尻の穴って
たま〜にこう キュ〜 ってなるんだろ〜ね

知らんがな・・・

そこへようやく半笑いの先生登場

そしたらこのカメラを尿道にこう グッ〜と入れていきますから
何かあったらスグに言ってください・・・







えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ〜〜







せ せ せ 先生

無理
いやマジ無理


どう考えてもソレ
その穴には入らないでしょ


いやいや これがね
結構こう簡単にニュルって入るんですよ
との事


いやいやいやいや

それ どう考えても胃カメラと同じ太さでしょ

そうですね

いやいやいやいやいや

先生 もう少しこう 「最先端」 みたいな技術あるでしょ
っていうかソレ そこに入れるとか
冗談ですよね

っていうか
その油性マジックの太さのもんが
チンチンの穴に入るか ゆう話しですよ 先生

人差し指くらいありますよソレ

普通人差し指 チンチンの穴には入らんでしょ 常識的に

っていうか先生
見てこの穴
これしかないんですよ
(自分のチンチンつまみだすオレ)
この小さい穴にソレ
絶対無理ですって

鼻の穴でソレギリでしょ〜よ
いや
鼻の穴でも無理っぽいですよ

いやいやいやいや
せめて麺棒なら入れた事ありますし
麺棒が限界ですよ
うん
この穴には麺棒がギリですよ

どう考えてもソレ そこに入れるとか
ありえないですよ

気が付けば
久しぶりに「必死」なオレ

もはや「医療行為」をされる立場とか関係なくなっとる・・・

っていうか
それを一番最初にやってみよう と思ったのはどこの変態だろ

いやむしろそれを思いつくとか
もはや 処罰とか処刑クラスの 犯罪者クラスの「償い」レベルの行為じゃね

っていうかそれ
普通思いついてもやらんわ

裂けるわ 裂ける



はいはい そしたら行きますね〜

コラッ 
人話し聞いてるっ?

という訴えも虚しく

こうグググググッッッッ〜〜〜 ってこう


アッフッ! とか 
デゥフッ! とか 
ゲゥフッ! とか
グッヌヌヌヌッッ ! とか

何しろ久しぶりに「声にならない声」が口から洩れたわ

よくわかんないけど
女の人ってこんな感じかな とか思ったわ

っていうか
あの先っぽから尿道までの距離を
あの太さのカメラがズルンズルン入っていくとか
ある意味こう
新しい哲学や宗教が生まれるわ

もしくは宇宙が創造されるに等しい所業だわ

しかも
その映像
横のカメラでオレも見てるし・・・

あぁぁ〜 尿道って綺麗なピンクだな〜 とか
なるほど 膀胱の中ってあったかそうだな〜 とか
およよ やっぱシッコって黄色い黄色い とか

リアル「ミクロの決死圏」や〜 とかね・・・

思うかボケッ!



とそこに・・・

そこにはなんと キラリと光る小さな小さな綺麗な石が・・・

あぁ〜 これですね これ
見えますか?

これね
尿管結石です

石が出てきたんですね

あぁ〜 これじゃ〜傷ついて血も出ますね

えぇぇぇぇ〜
に に 尿管結石?

って死ぬほど痛いんじゃなかったでしたっけ?

ですね

はなぶささんの場合 この腎臓から膀胱までの穴が(見える)
少し大きいみたいですね
なもんで詰まらないで出てきたんでしょうね
よかったですね
これこの管に詰まったら(見える)
普通の人は激しい痛みを伴いますからね

との事

ふむ
お蔭様で
尿管結石の痛みは味あわなかったけども
尿道にこの太さのカメラ入れるっつ〜経験したから
行ってこいでトントンじゃないっすか
(この恰好でこの仕打ち中でも冗談を言えるオレ
 素敵・・・)

ハハハハハハハハ
ですね〜

ってコラッ

ですねじゃねっ〜 っつ〜の

「お引っ越し忘れ物・・・」

  • 2013/10/10(木) 07:30:42

昔々斉藤由貴さんという方がいましてね
そう 初代スケバン刑事のあの娘です
で 彼女のアルバムの中に「お引っ越し忘れ物」って名曲があったんです

ですよね・・・
みなさん知るわけないですよね・・・

えぇ 言ってみただけです・・・




最初に引っ越しなるものをしたのは15の夏

オザキがバイクを盗んで走っていた頃
私は県の公務員専門の団地に住んでいました

父が一軒家なるものを建て
めでたく引っ越しです

ようやく自分の部屋 なるものを手にいれた少年は
オナニー三昧だった記憶があります

そうですね
これが属に言う「実家」という奴で
今でもそれはそこに存在しています

が・・・
私がその家に住んだのはわずか3年と少し
地元の高校を卒業すると同時に
大学進学を機に広島に引っ越します

何故に広島? と言われると
話すと長くなるのでここでは割愛いたしますが
何しろ「牛」を勉強できる国立は少なかった
そして父は広島出身だった
爺様と婆様はまだ広島に住んでいた
まぁ そんなところです

生まれて初めての一人暮らしといいますか
親元を離れての生活といいますか
何しろここでもオナニー三昧だった記憶があります

が・・・
わずか7ヵ月 中途半端に涼しかったまさに今頃の時期にその一軒目のアパートをおいだされます
理由はよく覚えていません
何しろ大家さんに真顔で かつ静かなトーンで「出てってくれ」
そう言われたのは確かです

わかりました
これでも比較的聞きわけは良い方ですので


この頃にはもう
「相手がなんで怒っているのかわからない」少年だったみたいです
いいですいいです
大概の事はきっと僕が悪いのでしょう

何をしたのかわからないけども
何しろ僕が悪いみたいです
そういうこと 結構今でもよくあります・・・

とはいえ更に更に安い
窓が全部閉まらない
共同便所 フロなしの
確か家賃1万6千円のアパートに4回目の引っ越しです
とはいえやる事に変わりはありません
AV三昧 オナニー三昧です

ちなみに友達はあまり出来ないタイプの
ちょっぴり恥ずかし屋のシャイボーイなので
当然彼女なんてできるわけもなく
彼が童貞を捨てるのは
もう少し後のお話しになります

が・・・ そこから更に11ヵ月後
つまりは入学1年半後の学部に移る頃
当時はまだ広島の福山なる町に学部があった為
市内からまたまた引っ越しをする羽目になります

が・・・ そこから更に半年後
実は大学自体が全部 今度は西条 なる田舎に引っ越しする
とかいう時期にぶつかってしまっていたため
更に更に引っ越しです

「テ・ン・テ・ン・と」 
まさにこの頃の私ほどこの言葉が似合う若者もいなかったんじゃないかな
エッヘン

まぁ やる事は相変わらずのマイペースボーイ
オナニーですけどもね
エッヘン

この頃すでに僕は
その人生の中で8L出ると言われているうちの
4分の3の射精をしてしまったんじゃないかな・・・

今は少しだけ後悔しているかな
オナニーのしすぎに・・・

なんとか無事5年間の学生生活を経て(5年?)
大手の某流通業に就職した僕は
埼玉県のネギが産地の町にやってくる
23の春の出来事

あぁ 途中少しはしょったけども
この頃はさすがにもうチェリーじゃなかったぜ
っていうか
「これは自分で出すもんじゃないだな・・・」
ある時期そう気が付いた僕は
それまでのオナニー三昧を悔い改め
それを取り戻すように女体に芯まで浸っていく
という生活を
その後33までやるハメになる

まぁ その時のお話しは
いつかまた機会があればね
ウフフ

まぁ うつり変わりの激しい 全国に160店舗もある会社の事
27で千葉県の我孫子市に引っ越し
手賀沼のほとりで鳥とともに暮らし

30で東京の府中に引っ越し
競馬場のお馬さととも暮らし

34で栃木県の宇都宮に引っ越し
眠眠の餃子とともに暮らし

あぁ そういえば途中少しはしょったけども
嫁をどっかでもらったぜ
っていうか
この頃はもう半ば SEXとかオナニーには飽きてたわ

の割にゃ〜 そういえば
途中どっかで娘も生まれたわ

がしかし・・・
いよいよハトのマークを退職
我35でニート
我35で嫁と生まれたばかりの娘を引き連れ
16〜7年振りに実家に転がり込むという・・・

まぁね
この頃には実は少し疲れていたし 娘も生まれたし

運良く私は関東近辺をウロウロできましたけども
紙切れ1枚で北は北海道から南は広島まで

それはそれは引っ越しのなんと面倒臭い事か

いえ
気持ちをリセットできるし
新たなスタートを心機一転きれる な〜んていうね
良い部分もありました

0から積み上げ積み上げ ようやく形になり いよいよこれからか〜
みたいな矢先に その積み上げた物全部壊されて
また新しい場所で0から積み上げる とかね

さすがに少し嫌気がさしていました

いえ
今更どうでもいいお話しですけども・・・

えっ〜と
ここまでその数11回
この頃になるとそろそろ引っ越しもプロ級の腕前です

もはや引っ越した先で荷物を全部開けません
もうダンボールにいれたまま
そのまま押入れにしまったりします

基本 物は増やさない
出さない 使わない そんな暮らしぶりが身体の隅々にまで沁み渡っています

が・・・
36 二人目の娘が生まれる頃
勢いも手伝ってか
夜の生活を親に聞こえる心配も手伝ってか
意を決し 
人生で一番高い 狭いながらも楽しい我が家 の購入に踏み切ります

えぇ 大丈夫です
それなりに大手だったらしく
たかだか12〜13年しか勤めてなかった割には
結構まとまった退職金もらいましたから

っていうか
さすがに実家でニートも
失業保険が切れるのと同時に働き出しましたし

えぇ 結構こうバカに見えますけども
実はこれ バカに見せてるだけで
ゆうてもそ〜んなにバカじゃありませんから
一応はこれでいろいろ考えてます ハイ

でだ
その時にこう思ったわけですよ
あぁ これで僕はもうよほどの事がなければ引っ越ししなくていいんだなと
あぁ 僕はもうここで死ぬまで暮らせるんだなと

終の棲家(ついのすみか)
なんて良い響きなんでしょう

きっと僕がそうであったように
きっとこの家が子供達の実家となり
みんなが出ていった後もそれはここにあり
旦那や嫁を連れて
子供(孫)を連れて
みんながここに帰ってくるんだな

そう思った時は僕
少しだけ泣きそうになったのを覚えています

この後は
もしかしたら定年後
いや
それの前になるかもしれないけども

もしかしたらもう1回だけ引っ越しをするかもわかりません

海の綺麗な温かい所で住むのが夢なので
なのでもう1回だけ引っ越しをするかもわかりませんけども
今はまだ考えてるだけのお話しです

ここまでの人生で12回の引っ越しをやりました
この家に来る時に思った
「これが最後の引っ越しか・・・ な・・・」
あれから9年経ちました



ま まさか・・・
ここにきて ブ ブログの引っ越しだと・・・

完全に想定外の出来事に
正直少し驚いています・・・

っていうかえぇ 長々と書き綴ってきましたが
ようはこれが言いたかっただけです
これだけの為に今日の記事はあると思ってください

「ま〜た引っ越しかよ 引っ越し 超面倒クセ〜」

えぇ 今私は心からそう思います
叫びです
心の叫びです

「引っ越し 超めんどくせ〜 やりたくね〜 ダリィ〜 ウゼェ〜」
「DTI ふざけるなよ〜 まじかよ なんだよ閉鎖って」

この気持ちが少しでも皆様に届けば・・・





まじDTIふざけんなよ・・・ ボケが・・・

「あきのね・・・」

  • 2013/10/03(木) 07:30:22

ほんの少し前はうるさいほどにミンミンやジィジィやツクツクホーシとセミが鳴いていたのに
今ではチンチロやリンリンといった具合に
秋の夜長を虫の音が大合唱をしている昨今
皆様いかがお過ごしですか

私は相も変わらずもボチボチと日々を暮らしておりますが
体感的には1〜2週 少〜しまたさぼっちまったな レベルの感じだったのに
気が付けば1ヵ月経ってたっつ〜ね

もしかしたら浦島の太郎さんも 陸に上がった時こんな感じだったのかもね
な〜んてな 

オメ〜の頭はどんだけボチボチなんだよ レベルの話し

とはいえまぁ 
今となっちゃこのブログの記事を待ち焦がれてる人がいるのかいないのか
いないのか いないのか・・・
本当にいないのか・・・(チラッ)




もう10年以上も前の話し
当時はまだハトのマークの結構大きめの某流通業で働いていた私

1階の食品売場のどこかからその音は聞こえてくるんだけども
それがどこなのかは明確にはわからない

っていうかそれほどその音を気にする人もいないし
店内の社員にはそれを取り除く事に時間を割くほど暇な人間もいない
が・・・

アッチの方から(鮮魚売場の方から)店長が首をかしげながらやってくる

「はなぶさ君よ」  「ハイ」
「これさ どっかで鈴虫鳴いてるよな」  「鳴いてますね」
「っていうかさ 飼ってもいない虫が室内で鳴いてるとかさ 気持ち悪くない」
「いや 別に気持ち悪くはないですけども イヤっちゃ〜イヤですよね」
「だろ ましてやここは食品売場だし 虫が店内のどっかにいるとかさ 客に思われたら信用に関わるだろ」
「う〜ん 鈴虫なんで「あら風流」くらいに思ってくれる人もいるかもですけども
 わかりました どうにかします」
「頼んだ なるべく早めに」

っつんで

急いで各売場のマネージャーを集結させて
各売場1名づつ人をださせて
まずは鳴き声の所在を探し出し
恐らく牛乳売場の下の令ケース当たりに潜んでいるであろう虫1匹をだ
みんなして取り囲んで店の外に逃がしたという事があるんだけども・・・

とある朝の出勤時
少〜し喉の乾いたオレは
7&i傘下のコンビニでアイスコーヒーでも買おうと店内に入っていく
と・・・

店内どこぞかから鈴虫の鳴き声が聞こえてくる・・・

ふむ
間違っても「あら風流」と思う事はね〜なと思う
が・・・

お昼時
チト止まれ なるコンビニに昼食を買おうと店内に入っていく
と・・・

店内どこぞかから鈴虫の鳴き声が聞こえていくる・・・

ふむ
やはり気持ち悪くはないけども やはりイヤっちゃ〜イヤだな などと思う
が・・・

あっ  たしか今夜のビールがなかった などと思いつつ
帰りに牛乳のマークのコンビニに寄ってみたところ

やはりといえばやはり
何がやはり?と言われればそれまでそれまでっちゃ〜それまでなんだけども
やはりこのコンビニの中でも
どこかから鈴虫の鳴き声が聞こえてくる始末

ふむ
あれだな
これはもうおとなしく
「秋の演出で店内で鈴虫飼ってます」って思った方が納得できるのかもしれない

ふとそんな事を思った9月の夕暮れでありましたとさ・・・

これから一番嫌いな寒い時期がくると思うと
この秋の音はなんともさみしく感じてしまいからイヤだな・・・

とはいえ
真夏のミンミンやジィジィやツクツクホーシも
イラッとするほどうるさいから決して好きではないけどね

っつ〜か奴らは
はたしてどこから店の中に入ってくるのか
そろそろ日本の秋の七不思議に認定される日も近いかも

ってか
日本の秋の七不思議って何?

紅葉を見に行く事を「紅葉『狩り』」って言う とか?






そうそう
なんかこのDTIブログが閉鎖する とか連絡がきたんだけども
はたしてここに今まで書いた記事はどうなるんだろう
あとかたもなく消滅するのだろうか
はたまた更新はできないけども 形として残るは残るのだろうか

ふむ・・・
したらまぁ 面倒だけども
ボチボチ引っ越しの準備をしないといけないのかもしれない

4年もやってるからさすがに結構愛着あったんだけども
っていうか
引っ越し ってどこに引越せばいいのやら・・・
だよな・・・

「誰の為を想うのか・・・」

  • 2013/09/06(金) 07:30:55

昨日は少し
人は誰に(何に)優しい人であるべきか
ゆうテーマで考えてみたけども
今日も少し続きのお話しをしたと思います

小面倒な人はサクッと戻るボタンか×ボタン 
とっとと押しちゃいなさい


「風立ちぬ」ゆう映画を見て
あら〜「タバコ」のシーンが多すぎるべっ〜 
ゆうた田舎者がいたらしいけども

あれだな
こいつ等は誰から目線で
誰の為を思って言っているのだろうな
と思ったものである

同様に「はだしのゲン」論争な
あれは誰の為を思って言ってる論争なのか って
相変わらず半笑いでニュースを見ていたものである



「毎年終わらない夏休みの宿題は
 結局最後は親が手伝ってくれる」

という子供の話しを聞いたとある湯川学准教授はこう言っている

「それは手伝っているのではなく 邪魔しているだけだ」と

ふむ
中々に深いお言葉

そもそもが優しいとか親切 な〜んて価値観は
そもそもがこっち側からの勝手なオナニーでしかないと思うんだ

中には相手が感謝して 
有りがたいと思ってくれる事もあると思うけど
もう一方から見た場合
それはもしかしたら「助けた」じゃなく
「相手の為にならない」
邪魔をしてしまっただけなのかもしれないっつ〜お話しだね


もしかしたら教育に対する理論とか方法論のお話しになってしまうのかもしれないけども
最近はヤケにやれカッターナイフは危ないだの
のぼり棒は危険な遊戯だの言って取り除いて
本当子供達に優しい親が増えてるみたいだけども
はたして

「危険から遠ざける事が本当に良い事なのか」

それが子供達の為になるのか
つまりはそういうお話しなのだと思う

ドリフゆうテレビ番組は教育上よくない
クレヨンしんちゃんゆうアニメは子供に見せたくない
漫画読むのは時間の無駄
危険な遊びは一切ダメ
あれもダメ これもダメ
それもいけない これもいけない

あげくのはてにははだしのゲンは ってか・・・

はいはい 暇なこって

朝から晩まで子供の見る物 聞く物 食べる物
何から何まで一切合切あと追っかけて確認しろいっ て思う

思わない

本当に大事なのじは

「本当にその人の為になるのか」

が一番大事なはずなのに

優先順位は

「私はそれは危険だと思う」

になっているように思う


私がダメだと思った事は
当然子供達にはダメ
だって私の考え方は全て正しいもん ってか

君らが育てているのは人形か?
いや
人形のようになんでも言う事を聞かせたいだけなんじゃないのか

いや
本当に危険な事も世の中にはたくさなる
触れさせたくない物
見せたくないもの
そら〜世の中にはたくさんあると思う

けど

最近そのハードル低くなっとりゃ〜せんかい
って 正直思う

いわゆる過保護って奴だ
親バカじゃなくバカ親って奴だ

このタイプの人間は大概は
子供の為じゃなく 自分の為に動いている
そう相場は決まっている



「誰の為を思うのか」

子供の為なのか
自分の為なのか

子供の事を思うのならば
時に怒る事もあるし イヤな事もさせなくちゃ〜いけないし
危険な目に合うとわかってても旅たたせる事も必要になるし
教えない事もある

「親」ゆう字は
木の上に立って見守るという意味らしい
そう 見守るだ

子供の歩く先々に先回りにして
危ない物がないか 
危険な物がないかを確認し 取り除くのが親ではない

手取り足取り
あれせい これせい あれはダメ これはダメ 教えるのが親ではない

何があっても「見守る」
つまりは
子供達に自ら学ばせる
危ないも楽しいも下らないも怖いも
「決めるのは子供達」だ
いや
子供達が決めないと何も意味はない

オレはそう思うし
それをするのが親の役目だと思う

手を貸すのはのはとても簡単で
オレだってバカ親だからスグに助けてあげたくなる
けど
それは助けているのではなく
彼ら 彼女らのこれからの人生においては
ただ邪魔しているだけであるのなら

歯をくいしばって 手を貸さない
見守る

それこそが親が親でありつづける事なのではないのかな
な〜んて思います

怖い思いをさせない
危険な目に合わせないのが親の役目じゃなく
怖い思いをして泣いて帰ってきたら抱きしめてやる
それが「本当の優しいの選択」だと思います

「良かれと思って邪魔をする」
最近の優しいは
そんな事ばかりだな・・・
な〜んて思ったので
少し親として記事にしてみました

「優しいの意味を考える・・・」

  • 2013/09/05(木) 07:30:32

っていうか
最近この星のエコな考え方はほ〜んとみんな地球に優しいですよね
「森林」とか「海」とか「地球温暖化」とか
「環境」とか「未来の子供達」とか「CO2」とか
ほ〜んとみんな優しくて
その考え方に全くついていけないオレなんて
時に半笑 
なんなら薄ら笑
酷い時はヨダレ垂れ流ししてしまう時がございます

けども・・・

はたして今って
ゆうてもそ〜んなに「人」には優しい時代じゃないよね

気持ちギスギス ギスギスしてて
隣に住んでる人の顔もわからなくて
年金はカットされて 生活保護は減額されて
年々自殺者は増えて
本当生き難い世の中だよね

非正規労働者が増えて
ロクすぽ子供も産めなくて
所詮は人も使い捨ての時代で
にも関わらず
マイ箸 マイボトル 買い物袋持って出歩いて

使い捨ての派遣労働者が
使い捨てじゃないマイ箸を持ち歩く時代って
どんな笑い話しだよってたまに思う時がある

はたして今って
生きてる人と環境って 
はたしてどっちが大事なの?

いや
正確には「どっちも大事」が正解なんだけども
はたして今って
人と地球って
「言ってる事」と「やってる事」と「思想的な物」と「価値観」と
はたしてみんな 本気で本当に「同じ」って思ってるのだろうか?

昔はさ
それこそ隣近所助け合いの精神で
米とか醤油の貸し借りも当たり前で
なんなら見ず知らずの他人にも優しくて
時代は厳しかったけども
人にはとても優しかったと思うんだ

でもゴミの分別なんざぁ〜誰もやってるわけなくて
排水なんぞ垂れ流しが当たり前で
地球とか環境なんぞ考えてるほど暇じゃなくて

でさ
はたして今と昔って
どっちが「地球」と「人」に優しいのかって思った

はたしてどっちが正しいあるべき姿なのかって思った

っていうか
いつから人は「環境に優しく」とか言い出したのだろうか
一体全体誰が言い出したのだろうか

今日もあっちこっちで人がコロッコロッ死んでいく中で
炎天下の中 70歳すぎの爺様 婆様が必死に交通整理をしている中で
世帯収入が300万にも満たない家庭がゴロゴロしている中で

はたして我々人間が
本当に本気で取り組むべき事とは何なのか
そろそろ半笑 薄ら笑いをやめて
そろそろ本気で考えなくちゃいけない時なのかもな〜
な〜んて事を

相変わらず半分笑いながら考えてみた

とはいえ
なんだかんだオレみたいな下等生物なんぞは
なんだかんだ言ったところで
「自分に」一番優しい下らない生き物なんだけどもね

なもんでさ
環境とか地球に優しくとか言ってる懐のデカイ輩を見ると
やはり薄ら笑いが自然と出てきてしまいます

そういふものに わたしはなりたひ

なりたくない・・・

間違っても(倒置法) 

「10YL・・・」

  • 2013/08/31(土) 07:30:45

特別弱っていた覚えはないんだけども
おそらく少し疲れていたのだろう
なので少し心の隙をつかれた
理由としてはその程度のもんなんだけども

気が付いた時には時すでに遅し
何故だかオレ 少しだけ涙目になっていた
我ながら少し驚いた・・・



父の運転する車には いつも母が助手席に座り
後部座席には兄姉と3人並んで座り いつも出掛けていた
あれから何年経ったんだろう

今では当たり前のように運転席にオレが座り
隣には嫁 後ろのシートにはこれまた当たり前のように3人のチビ達が座っている

あの記憶はたかが17〜18歳までの記憶で
あれからもう30年近くが経ったのに
思い出はとても鮮明にオレの心の中にある

10年以上前
オレの結婚式の時
何十年ぶりかで兄姉と3人だけで並んで撮った写真がある
「多分兄姉3人だけで撮る最後の写真だな」
そんな事を言った記憶があるけども
今のところ
あれ以来3人だけで撮った写真はない

そうだな
お互い嫁がいて 子供がいて 義父がいて 義母がいて
多分もうあの頃のように
当たり前のように家族5人だけで写真を撮る事はないのかもしれない

多分それは悪い事じゃないんだけども
最近少しボケてきた父を見ると
やはり少しだけさみしくなる

父も母もあんなに大きいと思ってたのに
もう何年も前にいろいろな物を抜いていたなんてな

あれからどれくらの時が経ったのかね

そしてこれからオレは
オレの子供達に抜かれていくんだろうね

10年は決して短い時ではないけども
気が付けばもう 
10年以上の時が優に過ぎているよ

きっとこれからも
もっともっとたくさんの時間が過ぎていくのだろうね

気が付けば10年が経ち 20年が経ち 30年が経ち
そして今からの10年を 20年を 30年を 生きていく

懐かしい思い出と共に
未来の夢や希望に思いを馳せて

誰もがそうであるように
ただ私に出来る事は
今まで以上にこれからの時間を一生懸命 大切に生きていく
そしてその時が来たら死ねばいい

突き詰めればただそれだけのもんだと思う



っていうか
相変わらずいきなり何を言っているのでしょうね

いやまぁ
相変わらずいきなりだけども

「後世に残した名曲100選」のお時間です

仕事中の車のラジオから
とても懐かしい歌が流れてきて
何気なく口さんでいたら
ふっと 涙がこぼれそうになった

あの頃10年後なんてとても想像なんてできなかったのに
気が付けば30年近くが経っていたよ・・・

オレは今まで頑張ってこれたかな・・・

そしてこれからもっと頑張れるかな・・・ 
いや
頑張らなくちゃな・・・

おそらくこれから何年経って
いつの時代に聞いても変わらず素敵な1曲だと思います




あの頃よりも
歳をとって始めて歌詩の意味の深さ重さを知り
あの頃よりも余計に好きになる とかね

やっぱ名曲は何年経っても色あせない
むしろ「名曲」の定義はそういう物なんだと思います

「世界大会開幕・・・」

  • 2013/08/29(木) 07:30:41

だから〜 まずオレの存在がありえないっていうか
おかしいっていうか
許せないっていうか

っていうか「大石」まではまぁ いいのよ
でも問題はその後
「内蔵助」(クラノスケ)の「内」の部分よ
これさ
必要かな〜っていうか
これさ
読める方がおかしくね みたいな感じ あるじゃん
っていうかさ
「倉之助」これが日本を代表する「クラノスケ」であって
だいた「ノ」の部分がないのもおかしな話しなのよ
って思わない

いや
それを言ったらさ
オレについてる「K」もだいぶ変だぜ
「knife」これでさ
ナイフだぜナイフ
そうあの ナイフとフォークのナイフ

っていうかさ
「存在空気」として扱われるこっちの身にもなれって話しじゃね

窓際族だってここまで無視はされないし
そこいらのイジメだってここまで無視はするまいよ ってか

だよな〜
オレもそう思うよ

いや
こっちは仮にも「騎士」なんつって
結構恰好いい系の「knight」ナイトとか呼ばれちゃってるわけ
ナイトだよ ナイト
でもさ
「オレ いる〜?」みたいな感じ マジ っぱっね〜

っていうか誰か
オレの存在意義を教えてくれ って感じだよね

わかるわ〜 わかる
本当わかる

っていうか私達なんて
読み方に関係なく 全く発音してもらえないルールなのよ

もうね
レベル的には「何が何でも完全に無視」なのよ
っていうか
「目に入らない」とか「透明」レベル
もうほんとね
「見えてない」
そんくらい酷い仕打ちなわけよ

っていうか
それこそ例え「名前が変わっても」ってレベルよ

えっ どういう事?

っていうか
私達フランス語って
頭の「H」は絶対無視されるわけ
酷くない

例えば
「HANABI」(花火)は「アナビ」だし
「HEBI」(蛇)は「えび」だし
「HANA NO ANA」(鼻の穴)なんか「あなのあな」よ
っていうか
「HANAKO SAN」(華子さん)なんか「アナコさん」呼ばわりよ
何これって感じじゃない

なもんだから
この前あの有名なルパンに出てくる「峯不二子」が
「私はウジコじゃない〜」って
そりゃそうよね

でもさ
無視されるのも頭きちゃうけど
私達みたいに「適当に読まれるのも」
頭きちゃうっちゃ〜プンスカプンプンよ

えっ 何 何?

私「ISLAND」って言うんだけども
まぁ 大概の人は最初間違えるわね
えぇ 大概間違える

でも私 正式には「アイランド」が正解なわけ
そう「あい」よ「あい」「島」の「アイランド」
そうあのチャゲと優子が歌ってた「ふたりの愛ランド」のあいらんど
「いず」じゃなくて

っていうか
どうなってんのコレ
じゃない・・・

仮にも私「S」だし みたいな感じ

読まないわ〜 マジそれそうは読まないわ〜 みたいな感じ
わかる

これって無視されるのとどっちがいいのかしら

聞いて 聞いて 
私もさ
基本的にはみんなちゃんと読んでくれるのよ
でもね
たま〜に変な使われ方されちゃうと
本当もう てんで
「はぁ〜? なんでそうなるの?」みたいな読まれ方されちゃうの
もうたまんない〜

はいはい みんな 並んで並んで
「百足」私は「ひゃく」の「あし」
このひゃくあしで「ムカデ」よムカデ 読まないわ〜

「麦酒」私はムギのサケで「ビール」よビール」 もはやカタカナよカタカナ
何この無理矢理感
っていうか もう無理矢理以外の何物でもないわ〜

っていうかさ
電池の「池」の部分 これかなり無理がない
っていかそもそも読む?「池」で「ち」って
「地」でよくない「地」で

いや「電気を貯めるとか溜める」っていう意味で「池」らしいけども・・・

したら「電溜」でデンチでよかったんじゃない

そうよね
わたしだって絶対足100本もないし

そうよそうよ
「ホップ」はどこにいったっていうのよ
だいたい麦だけがビールの主役じゃないって言いたいわ

っていうか私って
どこまでが「む」でどこからが「かで」だと思う?
私 自分の事なのに 実はいまだにわからないものね

っていうかさ ねぇねぇ
私って何だと思う

何なに〜

英語で「OO」
「オーオー」よ「オーオー」

えっ〜 それはもうオーオーとしか読まないんじゃない

でしょ

でもね
この後に長いって意味の「LONG」をつけると

つけると

「烏龍茶」だって
ウケル・・・

えっ〜 読まないわ
「OOLONG TEA」これで烏龍茶って 絶対読まないわ

でしょ

でもでも私なんかまだいいのよ
だってお茶をちゃんと「TEA」って発音してくれるから
ま〜だOK みたいなところ
多少なりともあるんだけども

問題なのは「飲茶」よ「やむちゃ」

え〜 なんでなんで

「DIM SUM」

「TEA」すらついてね〜し
下手したらあんた
「YUM CHA」よ「YUM CHA」

えっ〜 そこはやっぱ「TEA」なんじゃね

でしょ

なんで私 烏龍茶は「OOLONG TEA」で
飲茶は「DIM SUM」なのか はたまた「YUM CHA」なのか
これこそまさに中国4000年の歴史の謎だわさ

ちょっとちょっと
その程度で4000年の謎とか言われると
私の立場ないんだけど・・・

えっ〜 誰々??


「再従兄弟」って言うんだけど・・・

えっ〜 何々 やっぱり中国系の人?

ちがうちがう
これでも私 れっきとした日本人なんだけども
私って
こんなに漢字4つも使わせてもらってるのに
なんともまぁ驚かないでね

「はとこ」 って言うんだって・・・

えぇぇぇぇぇ〜〜

それでひらがな3文字なん

そうよ 驚きでしょ

しかも私のすごいところは
たまに
「再従姉妹」とも書くし
「再従姉弟」とも「再従兄妹」とも書くし
でもどう書いても「はとこ」って読むのよ

スゲ〜

はとこすごすぎる・・・

でしょ でもでもなんならもっとすごい事教えましょうか

もっとすごい事なんてあるの

実はね
これ全部まとめて
「再従兄弟姉妹」
漢字6文字よ6文字
これだけ使って実は
「はとこ」って読む時もあるのよ・・・

いや
これだけ使っても「はとこ」としか読まないのよ

はとこスゲ〜

はとこすごすぎる〜

もはやどれが「は」でどれが「と」でどれが「こ」なのか
もはや全く見当もつかね〜

しかも漢字の読みもメチャクチャ通り越して
もはやハチャメチャ無理矢理感たっぷり・・・

っていうか
画数多すぎな割には「はとこ」って
はとこだけって
ウケルわ〜

っていう事で
私が今年の世界大会優勝でいいしら・・・

(一同)
意義なし 意義なし 

賛成 賛成


こうして今年の4年振りの世界大会は
盛大な盛り上がりの中 無事に閉幕するのであった


それでは皆様また4年後
次回はブラジル大会でお会いしましょう・・・



って 何の大会だよ・・・